50代でも稼げるイメクラのバイトとは

風俗のバイトについて

男性なら自分が遊ぶ側なので風俗の種類についてなんとなくは想像がつくことでしょう。
しかし、女性の場合ソープやヘルス、ピンサロの違いについてピンとこない人が多いと思います。

ざっくりとですがソープは挿入行為がメインのところ、ヘルス(ヘルスには店舗型ヘルス、ホテヘルもしくはデリヘルという派遣型のヘルスがあります)は個室でイチャイチャしたり挿入以外のエッチをしたりする場所です。
主にフィニッシュは手や口ということが多いですが、素股やアナルセックスなんて言う行為をする女性もいます。
そしてピンサロは男性がソファに腰を掛け風俗嬢が口でサービスをするというのがメインになっています。
だだっ広い部屋をパーテーションで仕切っているという店がほとんどです。

その他性感マッサージやオナクラなどと言ったものが風俗のジャンルですが主に上記に挙げた三つだと思ってもらっていいと思います。
そしてこの中で一番バイトとして募集をしているのがヘルス(店舗型ではなくデリバリー型)です。

50代でイメクラ嬢になって稼ぐことはできるか

お金 財布若い女性で本業だけではお金が稼げず副業で風俗をしようかなと考える子は少なからずいます。

しかし、歳を重ねるにつれ風俗で稼ぐことはできないと思うのが一般的です。
そのため30代ならまだしも、40代、50代の女性が風俗嬢として働こうという発想はなかなか生まれないことでしょう。
特にそれまで風俗の世界で働いたことが無いという女性の場合、「若くもないのに自分が風俗嬢となって稼ぐことなんてできっこない!」と考えてしまうのではないでしょうか。
ところがそんなことはありません。

若い子ほどではないですが40代、50代、60代でも稼ぐことはできます!
そしてお勧めはやはり上記に挙げたデリヘルです。
デリヘルはコンセプトを決めているお店が多く、ターゲットを絞って客を獲得しようとする傾向が強いからです。
例えば熟女専門店、ぽっちゃり専門店、人妻専門店、JK風専門店などが挙げられます。

そして最近人気を集めているのがイメクラです。
イメクラはイメージクラブの略でデリヘルの一種です。
簡単に言ってしまえばなりきりプレイだと思ってください。
メイド服を着てメイドになりきる、スクール水着を着てお兄ちゃんに犯される妹になりきるといった感じです。

イメクラが出たての頃は若い風俗嬢しかできないとされていたサービスでした。
しかし今では熟女にも活躍の場が与えられています。
例えば熟女が制服を着てセクハラをされるというのははっきり言ってミスマッチです。
しかしそのミスマッチに興奮する男性は非常に多いです。

また、50代の女性に甘えまくって近親相姦プレイを楽しみたいという男性も少なくありません。
こういったことから熟女でもイメクラで十分働くことが出来るのです!

50代熟女に需要はあるか

5050代で風俗嬢になる際の需要についてですが、はっきり言ってめちゃくちゃあります。

女性が思っているほどストライクゾーンの広い男性はいるのです。
そのため「若くなくてもいい」とか自分の母親くらいの年齢の女性とエッチしたいという男性もいます。
また風俗を利用する男性は70代、80代くらいの人もいます。
そういう人は50代の女性を若いと思うのです。

さらにある程度話もできるので重宝されます。
「風俗嬢に興味はあるけど相手されないだろうし」と風俗のバイトの面接を受けない人は多々いることでしょう。
しかしそんなことは考えず「やってみたい」「稼ぎたい」と思うのであれば面接を受けてみてください。
自分が思っているより風俗嬢になるハードルは低く、あっさり採用されるなんて言うことばかりだと思いますよ!

東京の人妻・熟女デリヘル店について

風俗嬢に興味がある女性に一度やってみてほしいことは東京の人妻・熟女デリヘル店がどれほどあるか、何歳くらいの人が働いているかということです。
東京だとエリアが大きすぎるので鶯谷とか五反田とか風俗激戦区を2,3か所だけでもいいです。
ちょっと見てみてください。

はっきり言って多すぎて驚くと思います。
しかも面接者は99%採用します!なんて謳っているお店すらあるほどです。
ソープではここまでは書きませんがデリヘルの場合あながち嘘ではありません。
東京のデリヘル店は人妻・熟女専門店を含め慢性的な人手不足に陥っています。

というのも風俗嬢の働き方が変わってきているからです。
以前は専業的に風俗嬢として働いているという女性がそこそこいましたが、今は兼業でやっている女性ばかりです。
そのため「週1しか入れない」「1日最大4時間しか入れない」という女性ばかりです。
そうなるとお店はより多くの女性を雇う必要があります。

しかしあまり女性は面接に来ません。
どこも四苦八苦しているのです。
なので面接に来た人を落とすということは避けたいのです。
(風俗業界は横のつながりが強い為、自分の店にそぐわないと思ったとしても他の店に声をかけてその店で採用してくれるということもあります)

ちなみに店舗型ヘルスやソープ店は風俗嬢に自室が与えられることが多いです。
部屋数が限られているため人をボンボン増やすということは不可能です。
そのため空きがある時しか採用しておらず、デリヘルに比べ敷居が高いと言えるでしょう。

50代熟女のイメクラの給料は?

お金さて、50代で風俗嬢になろうと思った方の一番の悩みは「この年で風俗嬢として働けるのか」ということでしょうが、その問題をクリアした際に訪れるのが、「ところで給料ってどれくらいもらえるの?」

ということでしょう。
これに関しては一般的には若い子に比べて安いところが多いです。

しかし普通のパートやデスクワークでは絶対に稼げないほどの金額をもらうことが出来ます。
入る時間やお店の質、指名の有無などによって異なりますが、ざっくりですがデリヘルで働いている場合、稼働すれば1時間5千円位だと思ってもらってもいいと思います。
イメクラの場合ですとコスプレの指定料やプレイ中のオプションというのが一般的なデリヘル店よりも見込める傾向が強く、+1000~2000円は高くなる傾向にあります。
大体イメクラを含めたデリヘル店というのはお店と女性の取り分が半々になることが多いです。

熟女専門店や50代の方が普通に働いているような店ですと60分10000円程度が相場なのでそれくらいだと計算してもらえればと思います。
より稼ぎたいというのであれば人気店に行く、オプションプレイの範囲を広げる(例えば放尿プレイ可能、アナルプレイ可能など)と言った売りを作る。
もしくは、常連客に対してオプションプレイをおまけし(例えばオナニー見せは1000円だけどタダで見せてあげるなど)指名料で稼ぐという方法もあります。
お店によっては客と連絡を取り合うのを嫌う所もありますが、そうでない場合は積極的に連絡交換をし、営業メールを送るなんて言うのも手です。

1日3時間、週2回の稼働で12万円程度稼げるのでやはり他の職種では真似できないと言えるでしょう!

まとめ

いかがでしたか?
上記を読めば「熟女でも風俗嬢として働ける!」しかも若い子中心のイメクラ店でも熟女は需要があるということが分かっていただけたでしょうか。

女性が思っている以上に男性のストライクゾーンは広く、50代の女性とエッチがしたいと思っている人は多いのです。
風俗に少しでも興味がある人は思い切って面接を受けてみることをお勧めします。
お店を問わなければ即日採用ですぐに仕事をもらえ、すぐに給料がもらえるなんて言うことはざらにありますよ!

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする