オナクラのアリバイ対策は信頼できる?自分もバレない努力してる?

風俗業界の中でも、もっともソフトなサービスを提供しているということで話題になっているのが、オナクラ店になります。

オナクラ店の基本サービスというのは、お客様が行なっている自慰行為をただ風俗嬢がじっと見ているというだけのサービスになっており、そんなソフト加減であっても案外熱狂的なファンが多く、連日お客様で賑わっている様子が見られます。
一般的な風俗店のイメージというのは、本番行為やフェラチオなどの抜きサービスを提供しているということが基本だということもあり、多くの女性にとってはハードルの高いお仕事だと言われていましたが、オナクラ店の登場でそのハードルもグッと下がり、結果的には現在、風俗業界の求人応募率もどんどん上がっています。
そんなソフトなサービスを提供しているオナクラ店だといっても、やはり風俗店ということには変わりがありませんので、会社はもちろんのこと、家族や彼氏といった身近な存在には黙っていながら働いているという女性がほとんどです。
それがバレてしまうと、今の生活のリズムや周りの人との関係性が一気に崩れてしまいますので、そうならないか不安を感じているために応募することができない、という方も、たくさんおられるのです。

しかし基本的にオナクラ店では、そうした方にも安心して働いていただけるために、いくつかのアリバイ対策をしていることがほとんどです。
それでは実際に、オナクラ店のアリバイ対策はどのようなことをしているのでしょうか。
また、それは信頼できるものなのでしょうか。
今回はオナクラ店のアリバイ対策と、また自分でできるアリバイ対策についても、ご紹介させていただきます。

オナクラ店のアリバイ対策はどんなもの?信頼できる?

質問現在、風俗業界のお仕事を希望する女性はどんどん増えています。
その理由としては、やはりお給料が高いということと、必ずしも本番行為やフェラチオのようなサービスを提供する必要があるお店ばかりではなくなったということが大きく影響しています。

しかし、風俗業界のお仕事はそれでもなかなか胸を張って誰かに話せるお仕事ではないため、周りにバレないように働いている方がほとんどです。
実際にオナクラ店でも、そうしたバレたくない女性のために、様々なアリバイ対策を用意していますが、それにはどのような内容があるのでしょうか。

ホームページに掲載する写真を加工する。

まず、アリバイ対策の定番としてされているのが、ホームページや風俗情報サイトなどに掲載するプロフィール写真の加工になります。

実際に体には、黒子の位置であったり、手にある字であったり、入れている方であればタトゥーであるような、個人を特定できる様々な特徴がありますので、そういったものは編集して取り除いたりすることも、よくあります。
フォトショップなどを使って、ウェストのくびれや胸の形などをいじることもよくあり、なるべく本人とわかるような特徴は全て消すような努力はしてくれます。
もちろん、それでも自分だとわかるような特徴が残ってしまっている場合もあります。
その場合、もし自分でそれを見つけることができたのであれば、店長や店員などに言って、削除をしてもらうようにしましょう。

また、修正していただくときも、修正してほしい箇所などがありましたら、リクエストしてみるのもいいでしょう。

相手にするお客様をカメラで見せる(もしくは、車の中から確認する)。

カメラ 写真オナクラ店では、店舗の中で全てのサービスを提供することができる「店舗型」と、デリバリーヘルスのようにどこかのラブホテル街で待ち合わせをして、お客様と一緒にホテルに入ってサービスを提供する「デリバリー型」の2つの種類があります。
どちらであっても、指名・もしくはフリーでサービスを提供することになったお客様の顔をオナクラ嬢にチェックさせて、知り合いじゃないかどうかを判断させるようにしているオナクラ店も数多くあります。

店舗型であれば、お客様が待機されている待機部屋や、受付などに防犯カメラが仕掛けられていることがほとんどになりますので、そこからオナクラ嬢にチェックをさせて、もし知り合いでなければそのままそのお客様が当てがわれます。
もしそこで知り合いだった場合は、フリーであれば別のオナクラ嬢にバトンパスしますし、指名であれば店側で何かと言い訳を用意して、別の女性を指名していただくように促します。
デリバリー型であれば、お客様に指定した待機場所の前を通り過ぎる・もしくは近くに車を止めて、オナクラ嬢に知り合いかどうかを確認させます。
同様に、もし知り合いでなければ待ち合わせ場所に向かわせますし、知り合いであれば違う女性を当てがうようにアテンドします。

どちらにしても、オナクラ嬢自身が自分で見て判断しますので、信頼できると言えるでしょう。

給料明細や名刺などは、アリバイ専用の会社のものを用意してくれることも。

オナクラ店でのアルバイトでも、お仕事なので当然、名刺も用意されれば、給料明細も支給されることがほとんどです。
その時、そこにオナクラ店の名前がそのまま掲載されてしまっていては、家族や彼氏にふと見られてしまった時に、オナクラ店勤務の事実がバレてしまいます。

そうなるとトラブルの元になりますので、給料明細や名刺には、アリバイ対策のために作られた専用のダミー会社の名前を当てがうことが多くあります。
掲載されている電話番号などに関しても、ダミー会社のものを使用していることが多く、実際に電話がかかってきた場合であっても、他の従業員や専門のスタッフが対応してくれるようになっていますので、万が一電話がかかってきても安心できます。

自分でできるアリバイ対策って、どんなものがある?

オナクラ店のアリバイ対策は、自分で目視できるものもあれば、アリバイ対策のために会社を設立していることもありますので、安心できるものだと考えられます。

しかし、もちろんお店に任せるだけではなく、自分でできるアリバイ対策を取っておくことも、忘れてはいけません。
それでは実際に、自分でできるアリバイ対策とは、どのようなものがあるのでしょうか。

写真撮影の際は、なるべく変装する。

女性まず、プロフィール写真を撮影する際には、なるべく自分だと特定されないためにも、変装をすることを心がけましょう。

例えばウェッグをかぶって撮影するであったり、もし少しでも顔を出すような写真を撮影するのであれば、いつもと違ったメイクを施すことも大切になってきます。
また、私服での撮影をするお店もありますので、そうした時は普段着ている服で撮影するのではなく、安くて簡単なものでも構いませんので、撮影用に購入したものを着用することをおすすめします。

自分がよく行く活動範囲以外のお店で働く。

自分の活動範囲から、あえて外れたエリアにあるオナクラ店で働くということも、ひとつの手です。

自分の活動範囲の中には、家族や彼氏、会社といった、バレたくない存在がたくさん集まっていると思います。
そうした方達があまり立ち寄らなさそうなエリアに目をつけて求人を探すことで、身バレの可能性を少しでも減少させることができます。
特に地方などであれば、風俗街が少なくてあまり選択肢がないかもしれませんが、都心部などになるとたくさんの風俗街がありますので、その中からあまり知り合いが立ち入りしなさそうな街を選ぶコオをおすすめします。

親しい友人であっても、絶対に風俗店勤務をしていることを言わない。

風俗店で働いていることを打ち明けた友人が、ぽろっと誰かに言ってしまったことが原因で、家族や彼氏、会社にバレるというケースも少なくはありません。
自分であれば、そのあたりはコントロールすることができるかもしれませんが、そのような大事な機密情報を誰かに漏らすとなると、相当大きなリスクを背負うことになります。
それを面白いネタとして、誰かに話してしまうような方も、いるかもしれないのです。
親友と言えるような親しい友人であっても、風俗店で働いているということを告白するのは、避けておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
オナクラ店の方でも、アリバイ対策というのはこれ以外にも用意されており、なるべく知り合いにバレないような工夫をされています。
もちろんそれに加え、自分でもアリバイ対策やバレ対策を行っておくことで、さらにバレる確率というのはグッと下がるでしょう。

それでも100%バレないというわけではありませんが、厳重に対策を重ねることで、バレる確率をどんどん減らすことができます。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする