オナクラで働くのは他の風俗で働くよりも楽?

よく、オナクラで働くのは楽だといわれます。
確かに業務内容を考えれば、他の風俗よりも楽かもしれません。
しかしながら、外部から見るオナクラと実際に働いてから感じるオナクラとでは、そこには大きな隔たりがあるでしょう。
普通の仕事でさえ、見るのとやるのとでは全く違うのですから、オナクラという特殊な業界であればなおさらの話です。

では、実際にオナクラで働いてみると働くのは「楽」だと感じるのでしょうか。
そして、働けば稼ぐことが出来るのでしょうか。
以下に、オナクラの稼ぎと仕事が楽かどうかについてまとめていきたいと思います。

オナクラの仕事は楽なの? 働いていて疲れる?

質問 シルエットオナクラの仕事が楽かというと、実際はそうではありません。
もちろん、ハードサービスが常態化しているヘルスや、ソープといった高給な風俗と比べれば楽な方です。
しかし、何も考えずに出来るほど楽かというと、そうでもありません。

オナクラといえど、大変なことはありますし、苦労に思うこともあるでしょう。
具体的には、サービスの内容です。
よく、オナクラのサービスは「見るだけ」と表現されることがあります。
確かにオナクラの基本サービスは「男性のオナニーを女性が見る」というところから始まっているのですが、実際にそれだけのためにオナクラへ来る男性は少数です。

また、オナクラでも、基本サービスが女性を見るだけだというお店はほぼありません。
ほとんどのオナクラ店では、基本サービス、あるいは無償サービスの中に手コキが入っています。
なので、外部の人がオナクラ店に抱きがちな「触らない」というのは間違った考えです。
ただ、基本サービスとして手コキ以上のもの、具体的にはフェラチオや素股といったプレイをすることはないので、そういう意味では楽だといえるでしょう。

加えて、オナクラの宣伝文句でよく使われがちな「脱がない」「触られない」というのも確実ではありません。
こうした「脱がない」「触られない」というのは、あくまでも「基本的には」という注釈がつきます。
なぜなら、オナクラでは裸になったり、胸を揉ませるオプションが存在しているからです。
もちろん、オプションを有効化するかどうかは女性自身に委ねられています。

しかし、一緒に出勤している女性全員がオプションを有効化していたのなら、NGオプションの多い女性はかなり指名率が下がってしまうでしょう。
結果として、半強制的に裸になるオプションや胸を揉ませるオプションのNGを外す必要が出てくるかもしれません。
このように、オナクラの業務内容は宣伝文句に言われるほど「楽なソフトサービスではない」ということを意識する必要があるでしょう。
さらに、オナクラならではの大変なところもあります。

それは、働いている年齢が低めなことです。
オナクラはソフトサービスだと宣伝しているがゆえに、風俗初心者の女性が集まりやすくなっています。
ということは、若々しく、初心な女性が集まりやすいということです。
他の風俗では大きなステータスとなる、「業界未経験、処女」のような女性がたくさんいるということです。

そのため、面接ではそれらの若い女性たちと比較されやすくなっています。
もちろん、面接を何なく通過しても、若い女性と比較され続けるという悩みが出てくるでしょう。
一方のヘルスでは30代の女性も珍しくないため、年齢面で悩むことは少なくなると思います。
以上のことから、必ずしもオナクラが楽だという認識はそれほど的を射ているとはいえません。

それどころか、働く女性の年齢やお店によっては、普通にヘルスで働くよりも苦労をすることになる可能性もあるのです。

オナクラで働くと稼げる? 他の風俗と比較してどれくらい?

棒グラフオナクラは必ずしもソフトサービスだけを提供するわけではないということをまとめましたが、それでは実際の稼ぎはどうなっているのでしょうか。

オナクラの稼ぎはというと、これはかなり「人による」ところが大きくなっています。
つまり、稼げる女性と稼げない女性に大きな開きがあるということです。
一方の女性が1時間に1万円を稼げるとしても、もう一方の女性は1時間相手をしても3000円程度ということも多々あります。
なぜここまで稼ぎに開きが出るかというと、オナクラでは1回あたりのプレイにつけられるオプションが多彩にあり、そしてオプション料金がバック金額の大半を占めているからです。

つまり、オプションを大量につけてくれるお客さんの相手をし続ければたくさん稼ぐことができますし、全くオプションをつけない男性の相手ばかりしていると、それほど稼げないということになるでしょう。
オプションは前述したような裸になったり、胸を揉ませたりといったサービスのほかにも、フェラチオや素股といったオプションも存在します。
ハードなオプションであればあるほど高額ですが、それだけに希少性もあがるでしょう。
オプションをNGにしなければ、それだけでも指名される確率が増えるということです。

しかしながら、オナクラで働くのに最初からそういったハードサービスのオプションを有効化するのなら、場合によってはヘルスで働いたほうがより安定した給料をもらえる可能性もあります。
人の性癖は多種多様ですから、そうしたハードサービスよりも「見られるだけ」のほうが良い男性も少なからず存在するのです。
もし、そうしたお客さんにばかり指名されるようであれば、稼ぎは当然悪くなります。
ならば最初から基本プレイにフェラチオ等が入っているヘルスで働くのも1つの手ではないでしょうか。

とはいえ、オナクラはプレイ中にオプションを追加することができるお店も少なくないので、うまくお客さんをオプションに誘導するのが巧い女性であれば、よりたくさん稼ぐことが出来るはずです。
上で述べたように、お客さんの単価を1万円付近にすることも不可能ではないでしょう。
ただ、稼ぐためにはやはりある程度ハードなオプションをNGにしないことが求められます。
ハードなオプションはそれだけバック金額も高額だからです。

まとめると、オナクラは確かに稼げるものの、オプションをたくさんつける必要があり、そしてオプションをつけてくれるお客さんを掴む努力も必要になってきます。
他の風俗と一緒で、「努力が稼ぎになる」仕事ではありますが、決して「楽に稼げる」仕事ではないといえるでしょう。

オナクラで働く際には自分にあった方法で働くのがベスト!

Ok, Goodオナクラで働く際には、まず自分がどれくらい稼ごうとしているのか考えたほうがいいでしょう。

それによって、オプションをどの程度NGにするのか考えておいたほうがいいと思います。
全てのオプションを有効にしてもいいかもしれませんが、ハードなサービスには必ずリスクが付きまといます。
性病などもその1つです。
もし自分の働き方がわからないというのであれば、誰か身近な人や先輩の女性などに相談してみるのもいいでしょう。

オナクラは他の風俗と比べると働き方の幅が広く、そのため、色々な目的を持った女性が集まっています。
特に、稼ぐ目的に関しては本当に人それぞれです。
なので、オナクラで働くのであれば、まずは自分の目的を明確にしましょう。
加えて、自分がどの程度まで身体を許せるかも考えておきたいところです。

知らない男性に身体を触られるというのは、思ったよりもストレスになります。
特に未経験の女性であれば、それが発端で欝になることも少なくありません。
一度触られるオプションを有効にしたとしても、もし何かあれば、すぐに店長などに相談しましょう。
無理だと感じたのなら、働き方を変えるのが自分のためだからです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする