デートコースがあるオナクラなら店外デート誘われない?

風俗嬢の店外デートは基本的にはNGになっています。
店外デートをしていることがバレルと、風俗店のルールに沿ってペナルティかクビになることがあります。
キャバクラ嬢は、同伴・店外デートは、指名を増やすメリットがあり日給も増えます。

性風俗に分類される風俗嬢はメリットよりリスクが高いので、禁止しています。
理由は、流行り言葉になりますが「一線を越えた」ことを要求してくる男性から身を守るためになっています。
オナクラには、オプションサービスにデートコースがありますが、キャバクラのような店外デートはいいのでしょうか?
誘われたらどうすればいいのか、見ていきましょう。

オナクラのデートコースと店外デートは違う

デートコースとは

恋愛オナクラの基本コースは、お客さんのオナニーを見るだけのコースになりますが、オプションとして手コキコースとデートコースがあります。
デートコースもオナクラの基本のコンセプトから外れるものではありません。

デートコースでハードサービスをするのではなく、ソフトサービスになっているのです。
お客さんと恋人感覚のデートをするのです。
ショッピング・公園などに行って、最後にホテルかお客さんの自宅で手コキをして発射するのです。
デートコースだからと言って、全裸になることもありません。

抜きサービスをする必要もないのです。
※オナクラ店によって表向きはソフトサービスになっていても、実際はデリヘルのようなサービスをするお店もあるので、サービス内容は確認して働いてください。

店外デートとは

オナクラ嬢がする店外デートは、風俗店を通さずにお客さんからのお願いでデートすることです。

オナクラ嬢としては指名欲しさにサービスの一貫としてする行為になります。
お客さんと食事・ショッピング・カラオケ・映画などに行って、指名してもらいサービスをする流れになります。
デートコースはお客さんがサービス料金を支払って、デートするのですが、店外デートはオナクラ嬢独自の営業行為になるので料金はなく、デートする費用はお客さんが支払います。
デートが終了したら、オナクラ店に指名を入れてもらい、そこからオナクラ嬢としてサービスを開始するようになるのです。

オナクラ店のメニューにあるデートコースと店外デートの違いは、このような部分になりますが、店外デートは危険がいっぱいあります。

オナクラ店外デートは危険がいっぱい

危険なことは何がある

注意 マークキャバクラのような、お酒の接客だけでお触りNG店舗で店外デートは、食事をしてキャバクラ店に行く流れになります。

キャバクラ店もキャバ嬢に対して同伴デートを積極的に進めるのは、キャバクラ店の売り上げアップになるからです。
ここだけだと、オナクラの店外デートもキャバクラ店の同伴デートも同じと考えますね。
しかし、両者には決定的な違いがあるのです。
キャバクラ店に来店するお客さんは、下心があったとしてもキャバクラ店に行って接客してもらうことが目的になっています。

そもそも、キャバ嬢のからだに触ることさえありません。
想像することはあったとしても、あわよくば、男女の関係になれたらいいな、と考えているのがお客さんの心理になるのです。
オナクラ店に来店するお客さんは、オナニーという恥部を見せているのです。
オナクラ嬢との距離感が近いものになっているのです。

もともと風俗店のカテゴリーに勤めている女性になるので、キャバ嬢に対するあわよくばではなく、もしかしたら「できる」と考えているのです。
つまり、お客さんが店外デートで豹変する危険度は高くなるのです。
デートコースで料金精算するのは、オナクラ店がオナクラ嬢とお客さんを確認しています。
オナクラ店を通さずに店外デートをするとなると、オナクラ店は何も知りません。

お客さんはオナクラ店を通さずにデートできるのであれば、もしかしたらと考えるのは当然だと思ってください。
あなたにその気がなくても、お客さんはホテルか自宅で豹変して、本番強要から本番行為に至ることもあるのです。
本番行為しているところを、盗撮されることもあります。
盗撮されたら、それをもとに、俺と付き合え・セックスさせろ・金出せなどと言ってきます。

あなたが従わないと、盗撮した動画をネットに公開すると脅迫することにもつながるのです。
犯罪行為なので警察に言えばいいのですが、あなたはオナクラ店のサポートはうけることはできません。
あなたが勝手にしたことなのであなたが解決するしかないのです。
簡単に、お客さんの交渉にのって本番行為をしていたら、お客さんの口からあなたが基盤嬢だということが噂になることもあります。

噂はオナクラ店のスタッフに入り、あなたはクビになります。
クビだけならいいのですが、本番によって妊娠・性病感染などのリスクもあります。
また、クビになったあとも、あなたにつきまといストーカー行為をしてくる男性もいます。
このような理由で、オナクラ店側は店外デートをNGにしているのです。

ルールがあるのは理由があります。
オナクラ店は、在籍嬢を守りたいからこそNGにしているのです。

他の本指名客に見られたら

前述のような行為がお客さんからなかったとしても、店外デートをしているところを、他のお客さんに見られたらどのような気持ちになるでしょうか?

いつもあなたを指名して、恋人接客してもらっているお客さんは、どうして他のお客さとは店外デートができるのに、俺とはできないのかとなりますね。
お客さんはオナクラ店にクレームをつけることにもなります。
そうなれば、オナクラ店としてはお客さんの信用を失うことにもなります。
あなた一人の勝手な行動で、オナクラ店の信用と売上が減少することは許されません。

あなたはクビになるでしょう。
店外デートしたお客さんも出入り禁止になります。

断るのはどうすればいいの

拒否 noオナクラ店のメニューにないことは、断ればいいのですが、お客さんとの関係性によっては慎重な対応が必要になりますね。

フリー客ではじめてのお客さんだったら、ダメよ。
ですみますが、頻繁にリピートしてくれる指名客に対しては、ムゲに断りにくいものです。
しかし、お客さんの重要度に関係なく、メニューにないことは断るべきです。
もしあなたが1回許したら、2回目・3回目となっていき、1回目では何もなかったとしても、絶対に何かが起こるようになります。

お客さんが豹変するか・他のお客さんにバレルか・お店にバレルかしまい。
こうなると、前述のようにあなたは思っていたことと違う結果を受け入れるようになるのです。
風俗嬢全体の意見になりますが、ネットでは以下のような断り方をするとありました。
・店外デートはスタッフに聞いてください。多分無理だと思うよ
・ありがとうと笑顔で言って、無理なんだよ。
・オナクラ店やめた時に考えるよ。
・1000万くらたらしてもいいよ。
・断ってリピートやめるお客さんは、最初からセックス目的だから、はっきり断ったほうがいい。
断ったときの対応で、目的がわかっていいよ。
というように、ほとんどの女性が店外デートは断っているようです。

まとめ

デートコースもオナクラの基本のコンセプトから外れるものではありません。
デートコースでハードサービスをするのではなく、ソフトサービスになっているのです。
お客さんはホテルか自宅で豹変して、本番強要から本番行為に至ることもあります。
本番行為しているところを、盗撮されることもあります。

盗撮した動画をネットに公開すると脅迫することにもつながるのです。
オナクラ店は、在籍嬢を守りたいからこそNGにしているのです。
お客さんの重要度に関係なく、メニューにないことは断るべきです。
もしあなたが1回許したら、2回目・3回目となっていき、1回目では何もなかったとしても、絶対に何かが起こるようになります。

ご参考にしてください。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする