身分証なしで働けるM性感はありますか?違法店になる?

未成年女性が年齢を偽って風俗で働くケースや、未成年者を雇用して働かせたとされる違法風俗店が度々摘発されています。
その煽りの影響もあるためか風営法が益々厳しくなり、風俗で働く際には「身分証」を提示するのが義務付けられています。

今回のテーマである「M性感」も風俗業の一つなので当然ながら身分証の提示が必要になります。
たまにですが、身分証の提示なしで働くことが可能な風俗店がありますが、はたしてそこは健全なお店なのでしょうか?
怪しい感じがしませんか?

風俗で働くには身分証が「必ず」必要

パスポート風俗の仕事って、ヤクザや暴力団関係の人たちが経営していたり、裏で繋がっているようなイメージがありますよね?
そんな人たちに自分の身分証を提出すると「悪用されないか心配」と感じてしまう女性は多いのではないでしょうか。
たしかに、風俗を経営している人たちには「怖い人たち」と繋がっている人もいると思います。
ですが、そういった人たちが経営している風俗店は今の時代ではほぼ存在しません。

あったとしても、スグに摘発されて営業停止に追い込まれます。
少し前までは、風俗はヤクザや暴力団にとっての「しのぎ」として、組織の資金源になっていました。
例えば「みかじめ料」ってやつですね。
ですが、平成4年に施工された法律により風俗営業者は暴力団の人たちと関係を持ったり、みかじめ料を支払うと処罰の対象になり、風俗営業を停止されてしまいます。

風俗を開業するには「役所」からの許可が必要だったり、様々な書類を用意して提出するなど、なにかと手間がかかります。
苦労の末に手に入れたお店を、暴力団と付き合うことで全て失うくらいなら、はじめからそうした人たちと付き合うことはしません。
こうした背景があるので、身分証を提出しても悪用される心配はほとんどないでしょう。
どうしても提出をしたくないのであれば、そもそも風俗で働くことを諦めましょう。

M性感で働くには「必ず身分証が必要」です。

身分証のいらないM性感は違法店の可能性が大!

風俗で働いたことのない女性は、風俗で働くのにそもそも身分証が必要だということを知りません。
なので、面接に行って身分証の提出をお願いされなくても何も不思議に感じません。

だって、そんな知識がないんですから当然でしょうね。
が、これを利用して営業をする「違法風俗店」があるので注意しておきたいです。
風俗営業をするには、働く女性の「身分証の写し」を保管しておく義務があります。
そもそも違法風俗店は営業の許可や届け出をしていないので、そんな義務は関係ありません。

儲けるためには「何だって」やるようなお店ばかりです。
お店の看板は「M性感」でも、中に入ると料金次第で「何でもできる風俗」になっています。
M性感で働くはずが「本番ありの違法風俗店で働いてしまっていた」というケースが実際にあるので、身分証を求めてこないお店は違法店だと疑うようにしましょう。

M性感で働くのにどうして身分証が必要なのか

M, アルファベット先程も少し出てきましたが、風俗店は働く女性の身分証を保管しておくことを義務付られています。
それ以外にも身分証が必要なのには理由がありまして、「18歳以上の女性」であることを確認するためと「日本人」であるかを確認するために身分証の提示をお願いしています。
健全な営業をしているお店で未成年女性を誤って雇用してしまい、それがバレてしまうと即営業停止になります。
風俗で働ける年齢は「18歳以上」と決められているので、未成年女性が風俗で働くのを防ぐために身分証が必要という理由もあります。

M性感で働くには「身分証」に加えて「18歳以上」、「日本人」であることが条件になっています。

M性感の面接で必要な物

M性感の面接には「身分証」と「本籍記載された住民票」が必要です。
ここにきてはじめて「住民票」が出てきましたが、この2つがセットになって「身分証明」となります。

住民票は市役所に行かなくてもコンビニで簡単に手に入れることができるので時間がない時はそちらがオススメです。
そして、ここからが大事ですが身分証として使えるのは「顔写真付きの身分証」だけです。
履歴書に貼る写真を別に持っていってもダメです、必ず写真付きの身分証を持っていきましょう。
写真付きの身分証一覧
・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳ネットワークカード(住基カード)
・マイナンバーカード

この身分証はOK?

身分証には色々とありますが、原則として先程紹介した身分証以外は認められません。
間違って意味のない身分証を持っていかないように「NG」な身分証を紹介しておきます。

健康保険証

よく間違えられやすいのが「健康保険証」です。
たしかに身分証と聞けば保険証も当てはまります。
しかし、顔写真が付いていないので基本的に認められません。

学生証

少し前までは、学生証も身分証として扱われていましたが、それが通用するのは「在学中」のみなので、身分証としてはふさわしくありません。

卒業証書

卒業証書まれにですが、高校を卒業したばかりの女性が身分証として「卒業証書」を持ってくることがありますが、これは公式な身分証とはならないのでNGです。
M性感の面接にこれらの身分証を持っていっても間違いなく「出直して」と言われるでしょう。

顔写真付きの身分証を持っていない女性にオススメの身分証

高校を卒業したばかりの女性や、18歳になったばかりの女性は「写真付きの身分証」をそもそも持っていないことが多いです。
写真付きの身分証というのは「国」や「市」から発行される物ばかりなので、手に入れようと思ってもスグには発行されません。
例えば自動車の運転免許なんかも、最短で取得できる合宿免許でも最低2週間は必要で、パスポートも申請してから1週間はかかります。

住基カードに関しては発行が終わっているので手に入りませんし、マイナンバーカードも順次発行されるのでいつまでかかるか分かりません。
そこでオススメなのが「原動機付自転車免許」です。
※(50cc以下のバイクを運転するのに必要な免許証)
写真付きの身分証としては発行に必要な時間が一番短く、試験も結構簡単にクリアすることができ、必要な費用も1万円ほどで足りるのでコスパ的にも優れています。

ちょっと勉強して1発で試験クリアすれば、たったの「1日」で取得できるので、今現在写真付きの身分証を持っていない女性は「原動機付自転車免許」の取得をオススメします。

まとめ

M性感ならびに、そのほかの風俗でも面接の際に必ず「身分証」の提示を求められます。
その時に必要なのは「顔写真付きの身分証」が必要ですので、まだ持っていないようでしたら早めに作っておくのをオススメします。

そして、身分証と住民票の2つを合わせてやっと身分証明になり、晴れて風俗で働くことができます。
働くのに身分証明をしなくちゃいけないのはちょっと厳しいような気もしますが、これによって女性の「安心」と「安全」を確保できることに繋がるのです。
違法な風俗営業をするお店ばかりだと、風俗で働く風俗嬢たちは多分いなくなってしまいます。
身分証なしで働ける風俗は「違法風俗店」の可能性が高いので、どんなに条件が良くてもそこで働くのはやめておきましょう。

最後に大事なことをもう一度、身分証として有効なのは「写真付きの身分証」で、・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳ネットワークカード(住基カード)
・マイナンバーカード
上記の物が写真付きの身分証になります。
間違っても「保険証」は持っていかないように。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする