どんな名刺を使ってる?熟女パブで覚えてもらう方法

夜の世界で働く女性にとって名刺は営業ツールのひとつになります。
出勤日に会ったお客さんに、感想や気持ちを手書きでメッセージにすることで、指名につなげるようにしているのです。

サービスやプレイはとても大事なのですが、お客さんに対してのフォローも必要です。
とくに高級風俗嬢になると名刺をうまく使って、集客につなげているのです。
熟女が働く夜の世界には、性風俗から水商売までたくさんありますが、熟女パプだと名刺はどうなのでしょうか、見ていきましょう。

熟女の名刺を貰ってうれしいのか?

名刺を貰えるとうれしい

名刺熟女好きのお客さんが集まるお店に行くわけですから、熟女に名刺を渡されることで、うれしくない男性はいないと思います。
男性は単純な動物で、好感を持ってくれていると思うと、すぐにその気になってしまうのです。
女性が名刺を渡すお客さんと、名刺を渡さないお客さんと分けていることぐらいは分かっているので、もしかして俺のこと好き?と勘違いするのです。
逆に名刺が貰えない男性は、熟女に嫌われているのかと思うものです。

貰った名刺は捨てる

風俗の世界であれ夜のナイトワークであれ、熟女に関わらず男性は名刺を貰ったら、名前(源氏名)を読み上げ、どういう意味?
もう長いのとお決まりの会話があって、何か興味を持ってくれているのか?と女性側は思います。
帰りのときに、名刺がその辺におかれたままだったら、名刺忘れているよという会話もありますね。
帰りにメッセージを手書きして、もう一度会話して、あなたはお客さんのポケットに入れるようにします。

お客さんは、あなたの源氏名を言ってから「また来るね」と言いますね。
夜の仕事が浅い女性は、単純によかったと考えますが、その名刺は帰りに100%捨てられる運命です。
お店の帰り道を見ると、あなたの名刺がそのまま捨てられていることで、傷つくこともありますね。
これは、仕方のないことです。

お客さんは名刺を持って帰ってどうなると思いますか?
既婚者だと妻はスーツのポケットチェックを必ずします。
当日しなかったとしてもクリーニングに出すときに絶対チェックしているのです。
独身者であっても、彼女がポケットチェックすることもあります。

酔っている状態で、火種になるものをそのままにしていると忘れることになるので、忘れないうちに破棄するのです。
あなたの心がこもったメッセージはうれしいのですが、名刺は捨てないといけないのです。
ビジネス社会では名刺は大切に保管して整理することで、次の商談につなげることができますが、男性が夜の世界で貰った名刺は捨てるのです。
そんなことなら意味ないじゃないかと考えるでしょうが、全く意味がないのではありません。

名刺をお客さんに渡すと会話で印象づけることができます。
お客さんの名前を聞くこともできます。
もしかしたらお客さんの名刺も頂くこともできるのです。
あなたのことが印象づき、お客さんのことがわかるツールになるのです。

名刺を渡した時、帰り際など印象づけるポイントが増えることによって、1回の来店のなかであなたはお客さんと接点が増えるのです。
これを繰り返すことで、次回来店・その次も繰り返すと、あなたの印象は忘れられない状態に変わっていくのです。
まさに「名を捨てて実を取る」で、名刺は捨てられるのですが、印象は捨てられないで残った状態にすることができるのです。
名刺は持って帰ったとしても、また見て思い出してもらわないといけないのですが、印象は何を見ることもなく残ったままになるのです。

夜の世界に足を運ぶイコールあなたとなるようになります。

性風俗と熟女パプは違うの?

性風俗の仕事は

女性熟女コンセプトの性風俗の仕事はたくさんあります。

M性感・セクキャバ・オナクラや、高級店と名のつく風俗店に採用されることは無理ですが、ソープランド・ファッションヘルス・ホテヘル・デリヘル・ピンサロ・エステなどは、熟女がたくさん働いて稼いでいます。
これらの性風俗は、年齢に関係なく性的行為をお客さんにすることになります。
熟女だからいいと言うお客さんはたくさんいるので、全く問題ないのです。

熟女パプの仕事は

熟女パプは性風俗ジャンルとは異なり、水商売のカテゴリにはいるものです。
お客さんと一緒にお酒を飲んで会話をすることがメインの仕事になります。
性風俗のようにはだかになって性行為をする必要はありません。
わかりやすい水商売で言えば、クラブ・ラウンジ・キャバクラ・ガールズバー・スナック・パブと同じようなものになります。

これらの水商売は、性風俗ではソープランドと同じような分け方になっています。
サービスはお酒を作る・会話・お酒を一緒の飲むと同じですが、料金体系が違っているのです。
一番高いのがクラブになります。
安いのがスナックかパブになるのです。

そこにコンセプトとして熟女がついているのが熟女パプになります。
熟女が働いているパプになっているのです。
AV・性風俗で人気の熟女がメインになったパブで、熟女好きのお客さんが利用します。
風俗嬢として働くことに抵抗はあるが、ナイトワークでお客さんの横で楽しくお酒を飲むことはできる30代から50代の女性が中心に働いています。

熟女が働く風俗であれば、稼ぎは完全歩合制のところがほとんどで、お客さんの対応した人数に比例して収入が増えることになり、かなりの努力が必要になりますが、熟女パプではそのようなことはありません。
熟女パプの収入は、時給制度になっているので時間によって稼ぎが決まるようになります。
ナイトワークのなかでは、一番緩い基準になっていて、クラブのように着物とかドレスなどの着用は不要で、私服でOKになっています。
その分、お客さんが利用する料金は低めの設定で、客層もおじさんが中心になります。

高級クラブのように時給が10000円前後のようなことはなく、2000円から3000円が相場になります。
一般のバイトで働くより2.3倍の時給で、普段のままで働くことができるので、敷居は高くないですね。

熟女パプは名刺を使って効果ある?

効果はあるのか?

熟女パプが時給制度と言っても、働いている女性によって時給差があるのは、指名が多い女性かどうかで決まっているからです。
人気がある熟女は多くのお客さんを集客ができるので、時給も上がっていきますが、お客さんが呼べない熟女は最低ラインの時給になります。
集客の面を考えると、名刺を渡す行為は営業ツールとして使わないともったいないでしょう。
熟女パプの名刺は、風俗嬢や高級クラブの名刺のように煌びやかなものではなく、ビジネス社会で使用する名刺で、書体が少し夜の世界のイメージのものになります。

名刺の裏は白地になっているので、そこにメッセージや連絡先を記入して渡しているようです。

熟女パプは稼げない?

お金ネットの熟女パプの声はどうなっているか見ていきましょう。
・パプの相場は時給3000円で熟女パプだと少し下がります。
・熟女パプでも、手入れしていないおばさんが集まっているところは稼げない。
これじゃ公民館か町の老人会の集まりと同じで、お客さんもお金払う気になれないと思う。
・熟女パプは同伴や店外デートはないが、積極的にしないと集客ははかれない。
・熟女パプには男好きのタイプの女性もいて、お客さんと何しているのか、風俗と変わらない状態になっている女性もいるので、一緒にされると困る。
・熟女パプが週5回出勤しても月間30万とどくかどうかで、稼げない。
・熟女パプで働く女性は、昼職と掛け持ちも多いので稼げないのでは?
ナイトワークのなかでは、稼ぎは期待できないのでしょう。
熟女が稼ぎを望むなら風俗にいくべきです。

まとめ

熟女パプで時給をあげようと思うなら、集客できるようにならないといけません。
名刺は営業ツールとして効果が高いので、どんどん利用することがいいでしょう。
ただ、稼ぎ額は限度があるので、あなたの欲しい金額と熟女パプが提示する時給が一致しているか確認が必要です。

ご参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする