容姿に自信が無いオナクラ嬢が売れる嬢になる為に出来る事

オナニークラブ、通称オナクラはソフトな風俗の代表格として、この類のお仕事が初めての女性にも人気があります。
しかしそれならではの高いハードルが課されていることも確かです。
そしてそのハードルの内にはもちろん容姿という要素もあります。

本記事では、容姿に自信が無い女性がオナクラ嬢として売れることは可能か、ということをすこし考えてみたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

オナクラ嬢は容姿のハードルが高い。

女性初めに、オナクラ嬢は基本的に容姿において求められるハードルが高いと言うことを確認しておきたいと思います。
なぜ、そうなのでしょうか。

最たる理由は、オナクラ嬢が風俗嬢としてするサービスが非常にソフトなものだからです。
オナクラのサービスは手っ取り早く言ってしまえば、男性客のオナニーを見ることだけです。
ただ、見れば良いのです。
男性客のナニを触る必要も無いですし、銜(くわ)える必要もありません。

この時点で、ソープランドやデリヘル、ピンサロのような風俗よりもずっとサービスがソフトであることが分かります。
しかしオナクラ嬢にとってストレスに成るのは、男性客そしてお店のほうも、この超ソフトサービスの裏返しとして、容姿に非常に高いハードルを課しているということです。
それもそのはず。
オナクラはフェイストゥーフェイスとはいえども触れも銜えもしない、ほとんどイメージの世界なのですから。

かわいい女の子に見られているほうが男性客としては興奮するというものなのです。

では、かわいくないオナクラ嬢は売れることがないのか。

オナクラ嬢は容姿のハードルが高いです。
では逆に「かわいくないオナクラ嬢は売れることがない」と言い切ってしまって良いのでしょうか。
「その通り(イエス)」とも「そんなことはない(ノー)」とも答えられそうです。

 そもそも「かわいい」とはどういうことか。

そもそも「かわいい」とはどういうことか考えてみましょう。
人間の美的感覚はまったく一律のものではありません。

或るひとが「かわいい!」と言った娘が自分にとってはまったくそうだとは思われなかったり、自分が「かわいい!」と思う娘が他のひとにはそう思われてなかったり、ということが非常に頻繁に起こります。

 性格などすべてを合わせて「かわいい」。

女性初めて見たアイドルのことなんかを思い返してみてください。
最初は、他人を受け入れたくないといった抵抗感があって、すぐに「かわいい!」とは認めることができなかったりします。

しかしその後、ドラマで毎週見るようになったり、ドキュメンタリーで共感できるようなところを知るようになったりするにつれて、段々とそのアイドルのことが好き成って行きます。
外見だけで「かわいい」と判断できている例は、実は結構まれだったりするのです。
そのひとの性格だとか生き方だとか、内面を含んで全体でそのひとの外見を見ている場合がほとんどなのです。

 「容姿に自信がない=かわいくない」なのか。

こう考えると客観的に「かわいい」だとか「かわいくない」だとか言える基準は実は無いのではないかとさえ思えて来ます。
そのひとの性格のような内面性に惹かれて、相手の外見も美化して見ているというのが実際なのではないのでしょうか。
要は、容姿の問題は主観の問題だと言えそうです。
ではここで、容姿に自身の無い女の子について考えてみましょう。

上に考えたことを踏まえるなら、その娘は「自分がどんなひとから見てもかわいくないと思われるに違いない」という誤解をしていると言えそうです。
しかしそんなことは実際問題として分からないのです。
というのも「かわいい」とか「かわいくない」とかは主観の問題なのですから。
だから、自分が容姿に自信がないからと言って即座に自分はかわいくないんだと決めつけてしまうのは間違っています。

 かわいくないオナクラ嬢が売れることは無いというのは偏見。

「かわいい」とか「かわいくない」とかは他人がそれぞれの視点で決めることですから、自分で決める必要はありません。
自分の容姿に自信がないからといって、自分は(容姿のハードルが高い)オナクラ嬢の世界で売れることは無いと即断してしまう必要はないのです。
そして「売れる」と「売れない」の違いも結局、他人、この場合は男性客の受け止め方によるもので、男性客は性格も含めてオナクラ嬢の全体を評価しているのだと考えてください。

要は、売れないのだとしたら、それは「性格も含めての容姿」の問題なのです。
極端な言い方をしてしまえば、いわゆるブサイクな顔立ちをしていたのだとしても、相手に対する気遣いだとか、キメ細やかな対応をしていれば男性客は彼女の顔だちを「かわいくない」とは決して評価しないはずです。

オナクラ嬢としてすべきことは何か。

自分の容姿に自信が無いとしても、それが本当にオナクラ嬢の求める容姿の水準に達していないことに成るのか、というのは実をいうと誰も分かりません。

自分がやりたい、あるいはやる必要があると思うのだったら、思い切ってオナクラの世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。
ではそれをする時、オナクラ嬢として求められることとは何でしょうか。
最後に考えてみましょう。

 内面磨き。

男性 女性ここまで繰り返しお伝えして来たとおり、容姿の問題は客観的に決まるものではありません。
相手の内面を見て、そのひとがどう受け止めるかによって決まる主観的な問題です。
だったら、いろいろなひとに多面的に好かれるように自分の内面磨きをしておくことがオナクラ嬢として成功する最善の道ではないでしょうか。
そのために自己観察を含めて人間観察を怠らないことにしましょう。

仕事中もそうですし、仕事後も今日の自分の接客マナーはどうだったか、相手の男性客はどんなふうに受け止めていたか、よく考えてみましょう。
そういったことによって人は内面から美化されて行くはずです。

 反面教師を取る。

普通の業種だったら「お客さま」と呼びたいところですが風俗嬢さんだと、どうしても男性客のことをそう考えるのが難しいようです。

それもそのはず、自分が性的欲求を充足するための道具のように男性客に、多かれ少なかれ思われていたということを了解しているからです。
しかし、オナクラ嬢として成功したいのだったら、内面磨きの一環として、男性客を「お客さま」扱いできるくらいの気持ちは持つべきでしょう。
つまり、性的サービスを行うのだとしても男性客を「立てる」気持ちをきちんと持つということです。
実はこの問題については反面教師が掲示板サイトなどにたくさん居ます。

彼女たちの悪口を辿ってストレスを解消するのも良いですが、もう一方で彼女たちの言うとおりに男性客に対する嫌悪感をムキだしになるように成ってはいけません。
彼女たちを反面教師としてその逆を学び、自分は男性客をあくまで「お客さま」として立てるように心がけ、笑顔を絶やさず、良い先輩からのみどんどんノウハウを吸収して行きましょう。
それが男性客から「かわいい」と評価してもらえる最短の道なのです。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
容姿に自信が無いオナクラ嬢が売れる嬢になる為に出来る事」という題名で記事を書かせて頂きました。
すこし難しい話になってしまいましたが、行き着く先は精神論だと思ってください。
内面的に「かわいい」女の子に徹することができれば、容姿に対する自信の無さなんて、男性客からの本指名で気がついた時には忘れ去っているはずです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする