箱ヘル嬢が結婚したいから風俗業界を引退する事は可能?

箱ヘル風俗嬢の寿退職は実際にあります。
相手の男性がお客さんということもあり、箱ヘルが恋愛の出会いの場になっている事もあるのです。

ただ、そのような男性が旦那としての器かどうかは別問題で、将来浮気などで離婚することも少なくありません。

退店は自由

Ok, Good箱ヘルの退店は自由です。
あらかじめ勤務期間を決めている女性であればもちろんのこと、いきなり「辞めます」と言っても問題はあまりありません。
日払いの給料制度ですから、翌日からいきなり来なくなる女性も珍しくないのです。

特に寿退職ということであれば、事前にやめる時期をお店に連絡するでしょうから、全く問題はありません。
ただ、相手がお客さんの場合は黙っていた方が賢明です。
下手にそのようなことを言ってしまうと禁止されている店外デートをしていたのではないかと詮索されかねません。

無理に引き留めません

かなりあっさりしているなと思われるかもしれません。

しかし、辞めると決めた風俗嬢を無理に引き留めることで後日「強制売春」と言われるようなことは避けたいのです。
もちろん、ある日突然いなくなる「飛ぶ」というケースはお店にも少なからず迷惑をかけます。
ブラックリストとして今後の応募などで支障が生じるでしょう。
中には、親や昼職の職場にバレて強制引退させられるケースもあります。

風俗店に連絡ができればいいのですが、場合によっては親などが携帯などを取り上げて軟禁状態にすることもありますから「飛んだ」ようなことになってしまいがちです。

理由は言わなくても大丈夫

退店の際には理由を一応聞かれます。
ただ、言う必要はありませんし、面倒なら「目標となる貯金ができたから」というように適当な理由を言ってもいいでしょう。
嘘を言ったからと後で問題になるとはありません。

寿退職の場合、お店のお客さん以外の方と結婚するなら正直に言ってもいいでしょう。
表立っての祝福はできないとしても、店長さんなどが「職場の上司」としてお祝いをしてくれることもあります。
ただ、冒頭に述べた通り、お客さんと結婚するなら言わない方がいいでしょう。

寿退職以外の理由もいっぱいあります

チェックリスト箱ヘルのような風俗店で働こうとする女性は、お金の事情で入店することが多いです。

借金であったり、貯金であったり、昼職のOLなどではとても稼げないような金額を手にすることができます。
風俗嬢が退店するきっかけは、このように自分の目標を達成したからやめるケースが多いです。
また、そのお店の待遇が気に入らず辞めるケースも少なくありません。
寿退職は実際には少ないですし、親や昼職の職場にバレるようなケースも実際には多くありません。

親バレなどがないように風俗店で指導している事が多いからです。
退店する際には最低でも1か月前くらいに店長さんに話をしておけば問題なく円満に退店できます。

幸せになれるかな?

さて、出会いの場として箱ヘルはどうなのでしょうか。
最近の若い女性は出会いの場がないと言われることが多いです。

特に不自由なく生活できる給料をもらっていれば、あえて結婚する必要はないと考える女性も多いでしょう、増して、高収入の風俗嬢ならなおさらです。
ただ、箱ヘルのお客さんとして来店した男性が自分のタイプの男性だとしたらどうでしょうか。
これも一つの男性と出会うきっかけだと言えないことはありません。

箱ヘルの出会いの是非

ただ、ちょっと冷静になって考えてみてください。

男性の立場で箱ヘルに遊びに来る男性はどのような男性でしょうか。
浮気ではないとしても、恋人以外の女性と遊びたいと言う男性です。
彼女がいなくて箱ヘルに来ている男性も多いのですが…
結婚後に自分の旦那が再度箱ヘルに遊びに行かないという保証はどこにもありません。

結婚直後は別として、子供ができて妊娠中は旦那の相手ができないでしょう。
そんな旦那がどこにも遊びに行かず、おとなしくしてくれるでしょうか。
一般男性と結婚しても話は同じかもしれません。
しかし、一抹の疑念は残るでしょう。

割り切れれば全く問題はないのですが…

相手の男性は遊び人?

箱ヘルに毎週のように来店するお客さんがいます。
ありがたいお客さんであると同時に、自分のタイプの男性なら彼氏にしたいと思うかもしれません。
ただ、そのような男性は移り気でしばらくすると別の女性に浮気をするかもしれないでしょう。

そのような男性を自分の旦那にしていいものかどうかは別問題です。
結婚は一生添い遂げることが前提です
それができなければ離婚するしかありません。
今の日本で離婚をすることは一つの汚点です。

このことはちょっと意識した方がいいかもしれません。

離婚することも少なくありません

離婚実際に箱ヘルの風俗嬢とお客さんが結婚をしたものの、その後離婚することは少なくありません。
どうしてもお互い疑心暗鬼になるのです。
また、相互の親にも箱ヘルでのことは絶対に言えません。

出会いの場は適当に誤魔化せばいいのですが、何かの拍子にバレてしまうと男性側の親から離婚しろとプレッシャーがかかることが多いのです。
通常のカップルに比べると離婚する要因が多く、一生添い遂げるにはハードルが高いと思われます。

出戻り禁止

もっとも、結婚相手が箱ヘルのお客さんとは限りません。
一般男性であったら、自分の過去は絶対明かしてはいけません。

大切な自分の旦那さんに対する心配りです。
これができれば、本当の意味で寿退職とすることができるでしょう。

出戻りしない決意が必要

この際、一番大切なことは自分の意思ではないでしょうか。
二度と出戻りしない決意が必要です。

相手の経済力がなくて、自分が風俗の仕事を続けなければいけないようなら結婚は諦めたほうがいいでしょう。
箱ヘルの仕事をした経験があると「いざとなったら」という気持ちが出てしまいます。
そのため、住宅ローンを借りる場合も「いざとなったらまた箱ヘルへ」と思いたくなるでしょう。
出戻りの風俗嬢は経験者ですからお店としては大歓迎です。

しかし、決してやってはいけません。
結婚したら風俗業界から足を洗い、決して出戻りしないと自分に言い聞かせることが大切です。

過去は決して明かさない

箱ヘル店の毎日は自分の心の中に秘めておくべき秘密です。
絶対に他人に話してはいけない墓場の中まで持って行く秘密でしょう。

一般男性と結婚し、自分の過去を明かしてしまうと、その瞬間旦那さんは自分に対して疑念を持つようになります。
出戻りになるのではないかという不安です。
殆どの男性は風俗の仕事がお金になることを知っています。
人によっては足を踏み入れると抜け出しにくい事も知っているかも知れません。

バラさないことがお互いのためと言えるのではないでしょうか。
もちろん自分が出戻りをしてはいけません。

墓場の中まで持って行くべき秘密

墓秘密を隠し通すことは難しいです。
自分の友人に打ち明けたいこともあるかもしれません。

しかし、誰かに話してしまうと、回り回って自分の親や旦那の耳に入る可能性があります。
一番危険なパターンです。
これが守れれば箱ヘル嬢の寿退職は非常におめでたい話です。
ある程度のお金は貯めているでしょうから、自分のお小遣いなどに困ることもないでしょう。

専業主婦でも問題ないでしょうし、ちょっとコンビニのバイトをすれば貯金が減らないでしょう。
末永くお幸せに。

まとめ

箱ヘル嬢と結婚したがる独身男性客は少なくありません。

恋人のいない男性客なら言うまでないでしょう。
アルバムの写真で気に入った娘を本当に気に入ると、本気の恋愛感情を持つようになります。
一歩間違うとストーカーですが、女性としても自分の年齢を考えると「落ち着こうかな」と思う事もあるかもしれません。
それはそれで祝福すべきことですが、男性にも女性にも一つの覚悟は必要です。

女性は男性の浮気癖が気になるでしょうし、男性は出戻りが気になるでしょう。
お互いの信頼関係が大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする