オナクラでオールヌードの時にウエトラ仕込むと指名取れるらしい

風俗業界の中でももっともソフトなサービスを提供していることで有名なオナクラは、お客様が自分で行っている自慰行為を、オナクラ嬢が何もせずにただ見ているだけ、という内容が基本サービスの風俗店になります。
女性キャストに対する求人でよく打ち出されているオナクラの売りというのは、「脱がない・触れない・舐めない」というないの3拍子で、風俗業界で働いてみたいけど、ソープランドやヘルスのように抜きありサービスを提供するのは、少し抵抗があると考えている業界未経験の女性から、絶大な支持を集めています。
もちろんオプションで追加さえすれば、オナクラ嬢がお客様の目の前で脱衣をしてくれたり、オナクラ嬢の体に触れることもできたり、手コキのハンドサービスやフェラチオなどのサービスも受けられるようになっていますが、面接で対応不可の旨を伝えることで、特にオプションを強要されることはありません。

しかし、そうしたソフトさ故にハードルは低いものの、その分お客様がお支払いする単価の平均が非常に安いので、オナクラ嬢はフリーのお客様の数をたくさんとったり、指名を獲得しなければ大きな稼ぎを得ることはできません。
そしてそんな稼ぎを得るための指名を獲得するツールの1つとして、ウエトラを仕込むというやり方が、オナクラ嬢の中では流行っているのです
それではそもそも、ウエトラというのはどういったもので、仕込むタイミングや方法はどういった時になるのでしょうか。
また、なぜそれを仕込むと、指名を獲得しやすいのでしょうか。

今回はオナクラ嬢の指名とウエトラの関係性、また指名を獲得するためのポイントについて、ご紹介します。

ウエトラって何?いつ、どうやって仕込んだらいいの?

質問 オナクラ嬢が、喉から手が出るほど欲しいと思うのが「指名」です。

風俗嬢やキャバクラ嬢といった夜のお仕事というのは、もともとお給料がたくさん稼げるという噂が非常に広まっていますが、ただ夜に働くだけであれば、そこまで多額のお給料を稼ぐことはできません。
オナクラでもそうですが、相場よりも稼ごうと思うと、指名を獲得したり、オプションをたくさんつけていただくなどをして、お客様の支払う単価をあげる努力をしなければならないのです。
そしてその指名を獲得するために活用されているツールの1つが、「ウエトラ」になります。
ウエトラというのは「ウエットトラスト」の略語で、いわゆる風俗嬢が使用するローションやゼリーのことを指します。

もともと風俗のお仕事でメジャーな業務というのは、ソープランドやヘルスのような、本番行為やフェラチオなどのサービスを通じた抜きありのものがほとんどでしたが、そうした風俗嬢たちは、1日に何人ものお客様を相手にすることになります。
そうすると、お客様から局部を触られる機会がたくさんあるかとは思うのですが、触られすぎて乾いてしまうと、触られることで反対に痛みが出てしまい、その結果一切濡れずに乾いたままになってしまい、プレイの盛り上がりに欠けてしまうこともあるのです。
そうなると、お客様は少々熱が冷めてしまい、そこから次に繋げることが難しくなってしまいます。
ウエトラとは、そうした風俗嬢の悩みを解消してくれる、必須の潤滑油になるのです。

使い方は簡単で、局部にウエトラを塗り込めば、それで完了になります。
ただ、ウエトラを塗り込んでからしっかりゼリーが降りてきて馴染むまでには約10分ほどかかると言われておりますので、もし指名のお客様に使用するのであれば、お客様が来られる5分前程度に、お風呂場やお手洗いなどで仕込んでおくといいでしょう。
もしフリーのお客様に対して仕込む場合は、店のボーイやスタッフから呼ばれたタイミングで、さっと仕込んでおけばOKです。
ちなみにウエトラは無臭で目立ちませんので、お客様にウエトラを仕込んでいるとバレることは基本的にありませんし、もし仮にバレたとしても、それを嫌がるお客様はごく僅かです。

なんでウエトラを仕込むと、指名が取れるの?

男性 女性今や、風俗嬢の必需品とも言われているウエトラ。
確かに局部が乾いてしまうと、風俗嬢は触られれば痛いですし、お客様の気持ちも冷めてしまいますので、お互いにあまりいい結果を招きません。
ですのでウエトラは必須だという意見はわかるのですが、それがなぜ、「脱がない・触れない・舐めない」の3拍子が売りのオナクラにおいて、役に立つと言われているのでしょうか。

それは、オナクラ嬢であっても、お客様がオプションで希望し、かつオナクラ嬢が対応可能ということであれば、着ている洋服を脱ぐ機会があるからというところにヒントが隠されています。
お客様がオナクラ嬢に対し、脱衣のオプションを求めた場合、オナクラ嬢はお客様の目の前で、着ている服の脱衣を行います。
その時、ウエトラを仕込んでいれば、お客様にどういった影響を与えるでしょうか。
風俗嬢が濡れていなければ、お客様の気持ちが少し萎えてしまうということの反対で、脱衣をした時に濡れているということがわかれば、お客様の気持ちは非常に盛り上がります。

そしてそれが、指名に繋がるという最大の鍵になるのです。
なぜなら、基本的にオナクラ嬢に限らず、風俗嬢というのは「=エロい」というイメージを持たれているからです。
男性は非常に単純なので、全ての風俗嬢は、セックスやこうしたやらしい性的なものが好きすぎて、風俗嬢になったと思い込んでいるのです。
ただ、実際にそういった方もいることは確かではありますが、基本的にはほとんどが「借金を返したい」「夢のためにお金を貯めたい」「生活費に当てたい」などの別の目的があって、風俗嬢になっているという女性がほとんどです。

だからこそ、服を脱いだ時にカラカラに乾いてしまっていれば、「仕事だから割り切っているのか」と感じ、考えていた理想とのギャップにがっかりしてしまうことがほとんどですし、だからこそ濡れていれば、「やっぱりそうなんだ!」という期待感と理想がバチッとハマり、その瞬間に一気に興奮度合いが高まるのです。
オナクラの中でも、そうした仕込みをしているオナクラ嬢はまだまだ少数派なので、今のうちにトライしてみることをおすすめします。

指名を取りたければ、他にどんな工夫が必要になるの?

質問ウエトラを仕込んでおくということも、指名を獲得するための1つの術だと言えるでしょう。

しかしもちろん、オナクラで指名を獲得する方法やポイントというのは、もっと他にも存在しています。
他にはどういった方法があるのでしょうか。
まず当たり前ですが、一生懸命さをしっかり出して、お仕事をすることは非常に大切です。
というのも、こうした風俗業界のソフトサービス店というのは、女性からの応募のハードルが低いことから、たくさんのキャストが集まるというメリットがある反面、仕事に手抜きをするオナクラ嬢も非常に多いというところが、デメリットでもあるのです。

オナクラで働いている女性のほとんどが、女子大生や社会人歴の浅いOLであることがほとんどなので、オナクラの仕事を仕事とも思っていない人も中にはおり、手抜きによってクレームに繋がることもしばしばあります。
一生懸命さを出して接客を行うだけでも、お客様は感動しますので、指名をしてもらえやすくなるでしょう。
また、対応オプションの幅を広げるということも、施作の1つになるでしょう。
上記の理由から、ほとんどの女性が「舐めたくない、触られたくない、脱ぎたくない」と考えて応募されるので、基本サービス以上のサービスはしたくないという女性がほとんどです。

しかしそこで、他のキャストに比べても対応可能なオプションが広いと、それだけで目立ちますので、オプションの幅を広げておくことはおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
オナクラというソフトサービス店でも、オナクラ嬢のエロさというのは期待されます。

ウエトラを仕込んでおくことで、お客様は期待通りのエロさを感じることができるので、お客様の気持ちを盛り上げるためにも、ウエトラを仕込んでおくことはおすすめします。
また、他にも指名を獲得するための術などはありますので、そちらも合わせて対応することで、さらに指名獲得率を上げることができますよ。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする