50代でも働けるM性感はありますか?いくら稼げますか?

M性感は最近になって一気に増えてきた風俗店です。
50代の女性の中には、M性感店で働いてみたいと考えている方もいると思います。
しかし、50代はM性感以外であっても採用してもらう事自体がかなり厳しい年齢です。
この記事では、50代でも働けるM性感店やそれ以外の風俗店があるのかご説明します。

50代の熟女が働けるM性感店はあるの?

M, アルファベット結論から言ってしまうと、残念ながら50代でも働けるM性感はありません。
実際に風俗求人サイトでM性感を検索してみても、50代を募集しているお店はありません。
そもそもM性感のお店が増えてきたとはいっても、ソープやデリヘルなどよりはまだまだ店舗数は少ないというのが現実です。
だからソープやデリヘルのように、「人妻専門」や「熟女専門」という風に熟女を受け入れているM性感がほとんどないのです。

M性感の求人ページを見ると、年齢の上限はたいて35歳~40歳です。
もちろん、年齢制限を超えてしまっていても採用してくれる可能性がゼロではありません。
しかし、さすがに50代を超えていると、どれほど若く見えたとしても35歳のように見えることはありません。
M性感はソープやデリヘルと違って男性から攻められることがないという点で、若い女の子からも人気がある風俗店です。

応募する若い女の子が多いので、その中で50代の熟女が採用されることはほぼありえないのです。

50代の熟女にオススメの業種は?

質問50代でも風俗で働きたいのであれば、M性感以外の業種を探しましょう。
風俗業界は残念ながら若い方が選択肢が多い世界で、年齢が高くなると働けるお店は少なくなります。
50代でも採用してもらえる可能性があるのは、「人妻専門店」や「熟女専門店」と呼ばれるお店です。

お店によって基準は変わりますが、人妻専門店はだいたい30歳~40代前半の女性が多く、熟女専門店は40代~50歳くらいまでの女性がメインです。
だから50代なら、なんとか熟女専門店で採用してもらえるかもしれません。
また、年齢があがるとお客さんからハードなプレイを求められることになります。
ストレートに言ってしまうとお客さんが熟女に求めるのは、安く本番をさせてくれることです。

だから、ソープではない、デリヘルやファッションヘルスであっても、基本的には本番なしで稼ぐことは非常に困難です。
だから50代でも採用してくれるお店は、かなりの確率で本番黙認店だと考えておきましょう。
もしお店がそうではなくても、間違いなくお客さんから本番強要を頻繁にされると覚悟しておきましょう。
他にも50代の熟女はピンサロなら採用してもらえる可能性があります。

ピンサロは店内が暗いので見た目をごまかすことができますし、ピンサロに来るお客さんはソープやデリヘルよりは風俗嬢の容姿をあまり気にしない人が多いからです。
ピンサロではさすがに本番はほとんどありませんが、50代を採用してくれるのはいわゆる激安ピンサロです。
激安ピンサロはお客さんの支払う金額が低く、その分時給もかなり低めで1,000円台のお店が大半です。
それでも普通のお仕事よりは高い時給なので、どうしても本番が嫌なら激安ピンサロに応募しましょう。

50代の熟女が風俗で働く場合はハードなプレイが必須

チェック50代が風俗店で稼ぐためには、ハードなサービスをするのがほぼ必須です。
本番禁止のヘルス店ではあってもほぼ間違いなく本番強要をされますし、それを断っていては指名がまったくとれません。
それ以外にも、即尺やアナルファック、イラマチオ、おもちゃプレイ、聖水プレイなどのハードなプレイも求められます。
このようなプレイは若い女の子が働くようなお店ではオプションとして設定されているので、出来なければNGに出来ますし、対応すればその分オプションバックをもらえます。

しかし、50代の熟女が働けるお店では、オプションではなく通常プレイに含まれていることも珍しくありません。
50代の熟女が風俗店で稼ぐためには、このようなハードなプレイにも耐える覚悟が必要です。
それはどんなお店であっても同じなので、そのことをよく理解してお店探しをしましょう。

50代の女性を採用しているお店はあるの?

実際に東京都で50代の女性でも採用される可能性があるお店をいくつかご紹介します。

渋谷「初脱ぎ誘惑熟女」

渋谷にある有名な熟女専門のホテヘルです。
在籍している女性は全員40代から50代なので、50代だからといって肩身の狭い思いをすることもありません。
料金はやはり普通のホテヘルよりも安く、50分11,000円、60分13,000円になっています。

このお店は熟女専門店の中でも比較的見た目が良い女性が多いお店として、熟女好きな男性に有名です。
だから、このお店の料金は熟女専門店の中では高めの部類に入ります。
その分熟女専門店の中ではお給料がよいので、見た目に自信がある方はこのお店に応募してみましょう。

新大久保「おかあちゃんの宿五十路」

新大久保にある全国的に有名な熟女箱ヘルです。
このお店では45歳から60歳くらいまでの女性が採用してもらえますし、初心者や未経験者も受け入れているという特徴があります。
料金は60分12,000円で、熟女専門店の中ではやや高めの設定になっています。
料金が高いのは、暗黙の了解で本番が行われているからです。

とても有名なお店で立地もよく、お客さんも多いので、とにかく稼ぎたい方におすすめです。

池袋「WhiteSelect」

池袋にある有名な待ち合わせ方のホテヘルで、40代以上の女性だけを採用しています。
50代でも採用される可能性がありますが、見た目の審査がやや厳し目だと言われているので見た目に気を使っていないと不採用になってしまいます。

「WhiteSelect」は熟女専門店として風俗専門雑誌や、風俗情報サイト、マスコミなどに取り上げられることが多いお店です。
マスコミ対応をすれば特別バックをもらえるというメリットもあります。

新橋「おばちゃんと素股」

40代から60代まで採用している新橋のデリヘルです。

「おばちゃんと素股」という店名ではありますが、ホームページにわざわざ「ガードの緩そうなおばちゃんと素股を楽しむお店」と書いてある通り、実質的には本番店です。
料金は60分9,000円で、熟女専門店としては平均的な設定になっています。
東京都の東側のなかでは特に有名な熟女デリヘルなのでお客さんも多く、しっかりと働けば稼げるお店です。

大塚「激安ピンサロあっ痛たた!」

どんな女性でも採用されるピンサロとして有名な大塚のピンサロ店です。
ホームページに「とにかくルックスに自信がない方」「当店の採用率は120%です」とある通り、面接に行けばほぼ間違いなく採用されるお店です。
年齢によって不採用になることもほぼないので、とにかくどんなお店でも良いから働きたい方におすすめです。
料金は10分1,000円からになっていて、日本一の激安ピンサロとも言われています。

時給は公開されていませんが、ほとんど普通のアルバイトと変わらないレベルのはずなので、最後の手段としてこのお店を覚えておきましょう。

まとめ

50代でも働けるM性感店やそれ以外の風俗店があるのかご説明しました。
残念ながら50代の熟女が採用してもらえるM性感はいまのところの無いようです。
もちろん、採用してもらえる可能性がゼロではないので応募しても良いですが、門前払いされる覚悟をしておきましょう。

50代の熟女が風俗業界で働きたいのであれば、この記事で紹介したような50代でも採用しているお店を選ぶことをおすすめします。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする