オナクラでしんどいと思うことは何ですか?過剰サービス要求?

オナニークラブ、通称オナクラは、この種のお仕事が初めての女性にも安心なソフト風俗として人気を博して来ました。
しかしたとえソフト風俗、初心者向けの風俗といえども働く女の子の悩みは絶えないようです。

本記事では、そんなオナクラで働く女の子が「しんどい」と思う局面をいくつかまとめてみました。

オナクラのお仕事内容の確認。

女性まずはオナクラのお仕事内容を見て、どんなところでこのお仕事はソフトで初心者向けなのか、確認してみましょう。

 基本ノータッチ。

オナクラと並べてよく話題に出る初心者向けソフト風俗に、性感マッサージ(回春マッサージ)があります。
オナクラ同様、それがソフトと呼ばれる所以に、男性客が女性キャストに触れることができない(ノータッチ)というところがあります。
性感マッサージの場合それでも、女性キャストから男性客のほうに触ることはあります。
オナクラがそれにもましてすごいのは、女性キャストのほうも男性客に一切「触らない(ノータッチ)」というところです。

つまり、男性客と女性キャストの間に肉体的な接触はまったく無いのです。

 基本脱がない。

風俗と言えば自分のハダカを見せなければならないと思われていますが、オナクラではまったくそういったことはありません。
学生服に着替えるなどいう場面はありますが、それすらオプション扱いで料金発生の対象になります。

下着姿すら見せる必要はありません。

 風俗的なプレイはまったく無し。

基本ノータッチ、基本脱がない、というくらいですから当然ふつう風俗で行われていることはオナクラではまったく行われません。
ソープランドの場合、マットプレイなどという到底素人が知っているはずのない技術を習得することが求められます。

そのために専門の講師を雇っているお店もあるくらいです。
他にデリヘルの場合、ヘルスプレイと言って素股を使って男性客をヌク(射精させる)ことに成ります。
疑似性交の一種なので、これも素人さんが初めからできるわけがありません。
しかし、オナクラではそういった風俗嬢専門の技を身につける必要は一切ありません。

女の子に必要とされていることは、ただ男性のオナニーをじっと見ることだけです。
ピンサロのようにフェラをする必要は無いし、キャバクラのように話術に長(た)けている必要も無いのです。
すべて受け身で良いのです。

「それがしんどいの!」という意見。

涙 女性以上がオナクラのお仕事の内容確認に成ります。
正直、他業種の風俗嬢さんが見たら「どこがしんどいの!?」

とツッコミを入れたくなるかもしれません。
しかし実際にオナクラのお仕事で現場に向かう女の子に言わせれば「それがしんどいの!」ということに成るのです。
なぜでしょうか。

 神聖さ。

ひとつめの理由は、プレイのソフトさの裏返しとも言える「神聖さ」の要求です。

少なくないオナクラのお店が「10代」だとか「処女であること」をウリにしています。
男性客はむしろ、そこにこの業種の価値を見出しているのです。
「まだ男性経験の無い女の子に自分の○×を見せ、驚きの反応を見る」というのがオナクラを利用する男性客の最大の喜びです。
・・・ある意味、変質者願望と言ったらそこまでなのですが、風俗遊びで解消されている分、健全だということにしてください。

さて男性客がそういったところに性的興奮を見出せば見出すほど、女性キャストの役割は肩の凝るものと成ります。
男性のお尻を見てもキャー、パンツ姿を見てもキャー、そしてペニスを見たらもっと大きなリアクションをしなければならないのです。
セリフも必要です。
「こんなカタチしてるんですね!」なんて初心(うぶ)なところをアピールしなければならないわけです。

 アイドル的な感じ。

こんな神聖さを要求されるわけですから、風俗業の中で最もアイドル度の高いのがオナクラだと言えるかも知れません。
黒髪で清純な雰囲気を持たなければなりません。
逆に場慣れ、男慣れしているのも禁物です。

ちょっとしたことに恥じらいを感じながら、ビジュアルは洗練されたものでなければならないわけです。
オナクラという業種が、男性客の妄想を刺激するところに大きな比重を置いているので、こういった風俗外の要素が非常に重視されるのです。

 だから肩が凝る。

こう考えると、オナクラが如何に肩の凝るものであるのか分かるでしょう。

女の子の中には気性(きしょう)としてアイドルとはかけ離れた娘も居るはずです。
そんな娘が、お金のためにオナクラの仕事を始めたとするなら、ただカラダを売るのとは違う、この業種独自のハードルに「しんどい」と弱音を吐いてしまうのではないでしょうか。

「オプションの細かさがしんどい」という意見。

自分を偽ると言ったら語弊(ごへい)がありますが、自分を神聖化しアイドル的に見せる作業にオナクラは非常に高いハードルを女の子に課していると言えます。

他方でオナクラがしんどいと思われるもうひとつの理由は、その細部にまで行き渡ったオプション設定です。

 ソフトであるがための裏返し。

オナクラはソフト、しかも(働く女性にとって)超初心者向けの風俗だと言えます。
タッチもしなくて良いし、脱がなくても良いし、マットもヘルスもありません。

しかし、では逆に男性客にそういったことを「して欲しい」と言われたらどうするでしょうか。
女の子視点から言えば即座にお断りでしょう。
けれどもお店視点で言えば、そこにビジネスチャンスが転がっているわけですから、それを見逃さないわけがありません。

 事細かなオプション設定。

チェックリストオナクラのオプション設定は或る意味、風俗業界の中で最も事細かなものだと言えるでしょう。
タッチはオプション、しかも男性客がタッチするのか、女性客がタッチするのかで、オプションが区別されます。
髪の匂いをかぐのもオプション。
もちろんコスプレもオプションです。

もっとお金に結びつくオプションには高額な追加料金を課してお店はがっぽり稼ごうとします。
代表的なのは、女の子がハダカを見せることでしょう。
また、女の子が一線を越えて手コキをすると成ると、もっと高額なオプション料金が課されます。

 誰が計算するの?

で、こういった事細かなオプション、誰がチェックするのでしょうか。
もちろん女の子です。
しかしプレイ中にうっかり胸に男性客の手が触れたら、それを「オプション料金発生しました」と後から請求することができるでしょうか。
もっとしんどいのは「ワタシの髪の匂いかきましたね?

追加料金いただきます!」といった境界線がはっきりしないようなやり取りです。
いちいちこういったことで銭勘定する女の子と、何とかそれらを無料でやってしまおうとする男性客。
なんだか器の小さい駆け引きがオナクラでは起こってしまうのです。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
超初心者向けソフト風俗として人気を博しているオナクラの「正直しんどい」と女の子が弱音を吐いてしまうような局面を、あるあるの形式も含めてお話させて頂きました。
オナクラに勤める女の子の本音は、男性客の過剰サービス要求というよりも、その要求がオプションにカウントされるところに至った時の銭勘定にあるようです。
加えて、女の子自身も神聖化されたりアイドル化されたりでキャラづくりに疲れ切ってしまうところもあるようです。

いやはや、楽な仕事なんてない、ということの良い例ではないでしょうか。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする