オナクラは若い学生が多いみたいだけどシングルマザーでも働ける?

オナクラはソフトサービスのお店で、若い学生などが働いているイメージがあります。
それでもハードなサービスを避けるために学生ではない女性の中にもオナクラで働きたいと思う人はいるでしょう。
子供を抱えたシングルマザーも、貧困のために風俗嬢として働くケースが増えています。

しかし、オナクラのようなお店でシングルマザーは雇ってもらえるのでしょうか?
ソフトサービスのオナクラでシングルマザーが働けるのかどうかを検証します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シングルマザーでもオナクラで働ける?

女性 質問オナクラはソフトサービスのお店で、男性客がオナニーをしているところを女性スタッフが見てあげるというコンセプトになっています。

ヘルスやソープなどに比べたら働く女性たちの負担が少ない風俗店です。
そのため、人気が高くて若い女性や学生などが多く集まっているイメージがあります。
そんなオナクラではシングルマザーでも働くことができるのでしょうか?

オナクラは女性人気の高い職場

オナクラは見るだけのお仕事を基本としており、触られない、舐めない、脱がないという風俗ではありえないようなソフトな内容です。
そのため、風俗は稼げるけど裸になって男性に触られるのはイヤ、フェラチオとかはしたくない、という女性でも働きやすく、ハードサービスを避けて稼ぎたい女性に人気です。
ヘルスやソープで働きたくない女性や比較的楽なサービスで働きたい女性は多いため、オナクラの求人にはたくさんの人が集まります。
求人は競争率が高く、オナクラで仕事できるようになるためにはその求人倍率を乗り越える必要があります。

ハイスペック女子が集まるオナクラ

オナクラはハードなサービスをしたくない女性が集まるため、どうしても店側が欲しい人材を選べるようになります。
また、ソフトなサービスは男性にとっては物足りなく感じることもあり、女の子の質を高めることで満足度を上げる必要があります。
そのため、オナクラでは容姿の良いハイスペックな女の子が集まるようになり、年齢も若い方が男性からは好まれやすいため、若くなりがちです。

誰でも稼げるわけではない

お金もしも、運よくオナクラに入店できたとしても、誰でもしっかりと稼げるとは限りません。
やはり、人気の高い女の子に客が集中してしまい、自分に人気がなかったら待機時間が長くなってしまうこともあります。

シングルマザーでも容姿が良ければOK

オナクラに入店できるのは、実年齢や家庭環境ではなく容姿が良くて店から「稼げる」と思われる女性です。

そのため、シングルマザーであってもお店から高評価をもらえれば、入店することはできます。
そのためには、若くて綺麗な女子大生などにも負けないような美しさや魅力を出すことが大切です。
シングルマザーでも綺麗で稼げそうな人はオナクラで稼いでいます。

シングルマザーがオナクラで働きたい理由は?

そもそもシングルマザーがオナクラで働きたいと考える理由はなんでしょうか?
子供を抱えて母子家庭になった女性の実態とオナクラのメリットを紹介します。
シングルマザーで風俗デビューを考えている人もこれを見て他の風俗と比較してみて下さい。

ソフトサービスで体への負担が少ない

オナクラのサービスは、基本は見るだけ、オプションをつけたとしても「手コキ」「トップレス」「バストタッチ(舐め)」「言葉攻め」程度です。
もう少しハードなサービスとしても、「相互オナニー」「聖水」「オールヌード(指入れなし)」程度でしょう。
このようなサービス内容であれば、本業として風俗を仕事にする場合にも体の負担を減らすことができます。
ヘルスやソープなどは体をフルに使うプレイ内容となるため、フルタイムで働くにはきついことがあります。

短時間や柔軟なシフトで働きやすい

オナクラは、他の風俗店と同じように短時間勤務もできますし、柔軟なシフトで働くこともできます。
急な子供の病気や学校行事への参加などもしやすく、ひとり親として子育てをするにも働きやすい環境です。

子供との時間を大切にできる

時計シングルマザーが風俗を選択する理由としては、短時間でも高収入を得られるため、働く時間を減らして子供と過ごす時間を大切にできるということがあります。
オナクラであれば体への負担も少ないため、休日に、元気に飛び回る子供と一緒に元気に外出を楽しむこともできそうです。

離婚した旦那が養育費を払ってくれない

ここからはシングルマザーが高収入を必要として風俗に入る理由を紹介します。

母子家庭では、通常離婚した旦那が子供の養育費などを支払うことになっています。
しかし、事情によっては離婚した旦那が養育費を払ってくれないこともあるものです。
また、死別でシングルになったら、そもそも養育費をもらう相手もいません。
そのため、シングルマザーは一人で子育て費用や生活費などを捻出することになります。

母子家庭は貧困傾向に

母子家庭になった女性は、貧困になりやすいものです。
子供のいる母親でも配偶者がいれば子供の面倒を一緒に見られるため、会社で正社員として働きやすくなります。
また、独身であれば子供に手をかけることがなく、急な休みのリスクもないため、正社員の口もあるものです。

しかし、母子家庭の場合には子供の急な病気などで休まれるのではないか、業務に支障が出るのではないかと思われて、正社員の道が厳しくなります。
そのため、母子家庭の女性は安定した仕事につけず、収入が不安定になりがちです。
また、生活保護などもそう簡単には受けられません。
そのため、柔軟なシフトで稼ぎやすい風俗に、シングルマザーが集まる傾向があるのです。

シングルマザーがオナクラで働くために

シングルマザーがオナクラで働くためには、厳しい競争に勝って、稼げる女性になることが必要です。
シングルでもオナクラで稼ぐために出来ることを紹介します。

人妻系を目指す

シングルマザーがオナクラで働くなら、若い学生が多い店ではなくアダルトな人妻系を探しましょう。
人妻系のお店であれば、シングルマザー世代でも大人の色気で稼ぐことができます。

オプションOKを増やす

Ok, Good若くて素人系の店にいる学生っぽい女の子なら見ているだけでも手コキだけでも十分に稼げるかも知れませんが、そうではない場合には多くのオプションを解禁にしておくことも大切です。

オナクラではオプションバックの良いお店が多いため、人気風俗嬢になった場合にもオプションによる稼ぎは大きな影響を与えます。

客から良いコメントをもらう

風俗店では客にアンケートを取る店やネットでコメントをもらうシステムなどがあります。
自分の評価が上がり、良いコメントを見てネット指名などを入れてもらえる確率も高くなるので、コメントは重要です。

そのためには、接客を丁寧にして満足度の高いサービスを心がけるようにしましょう。

高すぎる日給には注意を

シングルマザーで収入に焦りを感じている場合でも、高すぎる日給を提示しているお店には注意しましょう。
そういったお店はオナクラではなくヘルスで働く女性を探している可能性が高くなります。

まとめ

オナクラでは若い女性が中心になって働いているイメージが強くなりますが、シングルマザーでも条件を満たしていれば働くことはできます。
ただし、シングルマザーがオナクラで稼ぐためには、若い学生にはないメリットを出すために店選びやオプションなどの工夫も必要です。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする