ガールズバーの面接からピンサロの勧誘があったら警戒しよう!

ガールズバーで働くつもりで応募し、面接に向かったのだけれど、なぜか途中からピンサロへの勧誘になっていた、あるいはピンサロで働くことになってしまったというのは意外と多いです。
どうやったら本当にガールズバーで働くことができるのか、ピンサロの勧誘を避けることができるのかの見分け方や注意点を紹介します。
ガールズバーで働くつもりならばガールズバーで働きましょう。

ピンサロで働くのならば最初からピンサロの面接に行きましょう。

ガールズバーからのピンサロは少なくない

ピンクガールズバーのバイトに応募したつもりなのに、いつのまにかピンサロで働く勧誘になっていたというパターンは意外と多いので用心しましょう。

スカウトマンは路上だけとは限らない

一昔前、女性が働く風俗店を探す方法として主流となっていたのがスカウトマンの利用です。
路上で甘い言葉でキャッチされ、風俗店を紹介されます。

しかし、現在では女性は求人サイトのスカウト機能を利用したり、自分で検索して応募したりします。
デメリットの多いスカウトマンを利用するような女性はほとんどいません。
路上で声をかけられてホイホイとついて行ってはいけないのは常識です。
しかし、スカウトマンは路上にいるだけではありません。

ガールズバーやキャバクラなど、直接性的なサービスをしない筈の仕事に面接に来た女性に言葉巧みにピンサロを紹介する悪質な詐欺も存在するのです。

ガールズバーとピンサロでは大違い

ガールズバーとピンサロは大きな違いがあります。
ガールズバーは所謂水商売です。
ある程度身綺麗にして接客をしますが、お客さんとはカウンター越しのやり取りだけです。

注文された飲み物を提供し、ある程度男性とのトークはしますが、接触はまずありません。
一方でピンサロは風俗嬢です。
飲食を提供することもありますが、それはメインではありません。
お客さんに性的なサービスをするのが主な仕事内容です。

ピンサロはガールズバーに比べてけた違いに稼ぐことはできますが、一方で、性病のリスクが高いですし、家族や恋人、友人に堂々と言える仕事とは言えません。

悪質な求人かどうかの見分け方

ガールズバーの面接かと思ったらガールズバーだったという悪質な求人を見極めるためにはどのようなことに注意をしたらいいのかについて紹介をします。

求人媒体だけでは分からない

チェック マーク求人媒体だけではなかなか見分けが付かないのが現状です。
高収入に特化した求人だけでなく、普通のバイトの求人に堂々とガールズバーとして求人を乗せている業者もいるようです。

ファミレスなどの並びにあるからといって安心はできません。
とはいえ、実際に面接にいってピンサロの勧誘に合った場合はその求人誌に連絡を入れるとその業者はペナルティを受けたり、掲載禁止になったりするので万が一被害に遭ってしまった場合は自分1人で抱え込まないようにしましょう。

時給が相場より異常に高い

ガールズバーでバイトをする場合、時給は1000円代、よくても2000円代スタートが相場です。
3000円代、4000円代を提示しているのならばまず健全なガールズバーではないと思いましょう。

ガールズバーは最初からそれほど稼げる仕事ではありません。
バーテンダーとして卓越した技術や経歴があるならばともかく、若くて少し見た目が良いというだけの素人の女性がキャバクラよりも効率よく稼げるほど簡単な世界ではありません。

お店のホームページが無い

今の時代、どこにもお店のホームページが無いのはおかしいです。
新規開店するから、改装中だからなどと言われるかもしれませんが、疑った方がいいでしょう。

店名を検索してみるのもおすすめです。

あらかじめ問い合わせてみる

実際に面接に行ってピンサロに勧誘されて不愉快な思いをしたり時間を無駄にしたりする前にできる対策もあります。
面接に応募する際にメールや電話で「以前、ガールズバーに応募したらピンサロに勧誘されました。
そちらではそのようなことはないですよね?」と確認をしましょう。
返事が無かったらそれが答えです。
また、ピンサロでないことは否定せずに「とりあえず面接に」「まずは面接に」などと言って来る場合もピンサロを疑った方が良いでしょう。

話が怪しくなってきたら警戒を

ガールズバーの面接に行ったつもりなのに、話の方向が怪しくなってきたら警戒をしましょう。
「短時間でたくさん稼げる」「一緒にお酒を飲むだけ」「少し触られることもあるけれど大丈夫」「脱いだり舐めたりはしなくて大丈夫」などが定番です。
もちろん、全然大丈夫ではありません。

理由は聞いても無駄

なぜ嘘を吐いたのか、どうしてピンサロに勧誘してくるのかなどという理由は訪ねても無駄です。

「あなたではガールズバーでは稼げない」「あなたはピンサロのほうが向いているように見えたから」などと適当に言われるだけです。
場合によってはあなたのプライドが無駄に傷つけられるかもしれません。
お店側が嘘を吐く理由は1つです。
最初からピンサロとして求人を出しても人が集まらないから、それだけです。

きっぱりと断りましょう

No 拒否ガールズバーの面接とは名ばかりだと気が付いたらあとは時間の無駄です。
きっぱりと断って帰りましょう。
興味があるそぶりはもちろん、迷うそぶりを見せたら相手は了承と受け取ります。
「風俗店では働けません」としっかりと言いましょう。

しっかりと意思表示をすればあとはお互い時間の無駄なので問題なく解放してくれます。
なおも食い下がれた場合は「〇時に知人と約束があるので帰ります」と伝えましょう。

ピンサロで働くならピンサロに応募を

ガールズバーよりもピンサロに興味を持ったのならばピンサロで働くのもいいでしょう。
しかし、最初からピンサロの求人に応募しましょう。

ガールズバーと嘘をついてピンサロに勧誘してくるようなお店は他のことでも嘘を吐いたり、ごまかしたりしている可能性が高いです。
一度風俗嬢になれば、一生風俗嬢であったという事実は消えません。
そのような重大なことを信用ならないお店に託してはいけません。

より稼ぎたいというのは悪くありませんが、よく考えて

水商売であるガールズバーよりも風俗店であるピンサロで働いた方が稼げます。

ソフトなサービスのオナクラやメンズエステよりもヘルスの方が稼げます。
より稼ぎたいと考え、行動することは悪いことではありません。
しかし、ただ進められるままに、流されるままに風俗の深みにはまっていくのはおすすめできません。
勧誘する人はあなたの為を思っているのではなく、自分の懐に入るお金を優先させて行動しています。

だからあなたも誰に何を言われようとも自分の人生を優先させて選択をしましょう。

ガールズバーの面接からピンサロの勧誘はよくあること

ガールズバーの求人に応募したつもりが、なぜか面接でピンサロの勧誘をされるということは稀にあります。
悪質な詐欺と言っていいでしょう。

相場より高い時給、お店のホームページがないなどと言うときには警戒をしましょう。
面接の前にあらかじめ電話やメールでストレートに質問をするのも有効です。
勧誘をされてピンサロに興味を持ったとしても、ガールズバーを名乗りながらピンサロへと誘導してくるような嘘をつくお店で働くのはおすすめできません。
もし面接中に雲行きがあやしくなってきたのならばきっぱりと断るようにしましょう。

自分の人生を真央盛れるのは自分だけです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする