ピンサロではお茶を引いてもちゃんと時給出る?減給とかあるの?

ピンサロとは、ピンクサロンの略称です。
店舗を有するタイプの風俗店で、回転率が非常によく、稼げることで知られています。

サロンというと、おしゃれでラグジュアリーなイメージを彷彿させられるかと思いますが、その実はそうではありません。
人2人分がおさまる程度に等間隔でしきり板があります。
その区切られたスペース内でフェラチオや手コキをしてお客さんを満足させるお仕事です。
では、ピンサロでは、お茶を引いてもちゃんと時給が出るのでしょうか。

また、何かお店にとって不利益をもたらすようなことがあった場合に、減給処分というのはあるのでしょうか。
その実態を探っていきたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ピンサロはどうして稼げるの? 時給制なの?

お金 時計ピンサロは、時給制です。
時給相場は2500円~4000円前後に設定されています。
極論を言えば、指名が付かず、ひたすら待機していてもお給料は発生しています。
ただ、ピンサロは回転率がとてもいいので、滅多にお茶を引く女の子はいません。

また、ピンサロでは性的サービス以外にも、アルコールやソフトドリンクのご用意がありますので、まずはお客さんと会話をしてから性的サービスに移行するという自然な流れがつくりやすい業種です。
こうした事実により、ピンサロは他の風俗アルバイトに比べてかなり稼ぎやすくなっています。
また、多くのピンサロ店は、面接で女の子を採用した際に、その子の容姿に合わせて時給設定を行う場合が多いです。
その代わり、最初に設定した時給から、売り上げ次第で時給の上下があります。

人気がでてナンバー入りすれば、時給はさらにアップしますので、さらに稼ぎやすくなるでしょう。
本指名のお客さんが増えれば、それだけ指名料も収入の一部になるので、どんどん稼げちゃいますね。

ピンサロで働く為に必要なスキルは? 会話力は必要?

会話ピンサロで働く為に必要なスキルは、まずはある程度のコミュニケーション能力と会話術です。
これらは、お客さんの席に付いてから性的サービスをして差し上げる前の5分~10分ほどの時間で好印象を持ってもらう為に必要と言えます。
席について挨拶をしたきり、会話がないとなると、お客さんも気分を削がれてしまいます。

当たり障りのない世間話をする為には、日頃から新聞や本を読んだり、最近の流行情報などを頭に入れておくのが良いでしょう。
会話が進むなかで、ドリンクを注文させる会話術があると尚良いかもしれません。
性的サービスを行う際の接客方法にも差別化を意識しましょう。
例えば、手コキをする前にキスをするといった方法は効果的です。

キスは、フレンチキスよりもディープキスの方がお客さんの満足度が上がります。
次の指名に繋げたいお客さんほど、ディープキスを積極的にすると良いでしょう。
ピンサロでは、お客さんのペニスをあたたかいおしぼりで拭いてあげてから手コキやフェラチオをスタートします。
その際にも、お客さんの瞳を見つめながらムードを高める拭き方を意識してみましょう。
すると、性的サービスが始まる前から、お客さんの興奮度が高まるはずです。
他にも、差別化をはかる為に様々な工夫が出来ます。
コミュニケーション力や会話力以外の接客の際にも、自分なりに他の女の子にはないサービスを取り入れることが出来ればますます活躍出来ちゃいますよ。

ピンサロで指名をもらえなかったら給料なし?保証は?減給は?

「ピンサロで指名をもらえなかったら給料なし」ということはありえません。
そもそもピンサロは時給制です。

上述したとおり、待機中にも時給は発生していますので、それが他の風俗店でいうところの保証です。
給料なし、というのはないものの、ピンサロにも減給対象となるルールはいくつかあります。
もちろんこれはお店によって差がありますので、ご留意ください。
一般的なピンサロの減給対象条件としては、器物破損をした場合やお客さんに暴言や暴力をはたらいた場合くらいです。

ここからは、労働基準法に則ったお話しになるのですが、基本的に減給をしたとしても、その月に稼いだ金額の10分の1を超える減給をしてはいけないと制定されています。
なので、減給があったとしても給料なしということにはなり得ません。
なかには、労働契約の際に「業務委託」の形をとっているピンサロ店もあるようですが、基本的に「労働者」に当てはまるアルバイトなどの雇用形態であれば給料がなくなるような心配は一切ないでしょう。
もしも悪質店にひっかかり、当日欠勤や遅刻・早退などを理由に高額な減給を言い渡された場合は、それが労働基準法に触れるものでないかどうかを確認してください。

法に触れているとわかった場合には、すぐに労働基準監督署へ出向きましょう。
もっと言えば、入店前の面接時に、雇用形態の確認をきちんと行っておくことで、こうした減給に関する諸トラブルを未然に防ぐことが出来ます。
総じて、ピンサロはよほどな悪質店でない限りは、時給がしっかりと保証されていて、一定の給料を損なうことなく、安心して働ける業種です。

ピンサロの平均出勤ペースって、どのくらい?

カレンダー出勤数は在籍している風俗嬢によって千差万別ですが、平均的な出勤ペースは、週に3日前後です。
時間は、1日4時間前後で、月のトータルで多い子は20万以上を平気で稼ぎます。
週6でフル出勤する子もなかにはいます。
そういった子のなかでも人気の女の子は、月に50万前後を稼ぐこともあるそうです。

しかし、ピンサロや風俗店でアルバイトとして働く女の子のほとんどが、「時間の融通を利かせる為に短期集中型で働きたい」と言います。
月に50万前後だと管理職クラスのサラリーマンの稼ぎに相当しますが、ピンサロでアルバイトをする女の子の多くが、平均的な生活費を短時間で稼ぎ、後は自分自身で自由に使える時間を確保する傾向にあるようです。
出勤ペースでいうと、大体週に2日~3日くらいがちょうどいいペースなのかもしれないですね。
あまりにも出勤をし過ぎると、お客さんから「いつも出勤している子」とみなされ、興味を持たれなくなってしまう可能性もあります。

賢い出勤ペースを保ちつつ、最大限稼げるようにするのが得策と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、「ピンサロではお茶を引いてもちゃんと時給出る?減給とかあるの?」
というテーマを取り上げてみました。
風俗店の中でも、過激なプレイが少なく、しっかりと給料保証が時給により、なされているのがピンサロで働く最大のメリットと言えます。

ピンサロで稼ぐ為のコミュニケーション力や会話術、接客方法を磨き、出勤ペースを抑えめで保つのがいちばん効率的な稼ぎ方のように思います。
ピンサロは、時給制なので、仮にその日に本指名が1本ももらえなかったとしても、給料がゼロで帰されることはありません。
平均して、稼げない子でも、それなりの時間数待機していれば1万円は持って帰れるようなしくみになっています。
ただ、一般職とは違って風俗で働くのであれば、出来るだけ短い時間と少ない出勤日数のなかで多くの稼ぎを得るのが女の子たちの目標のようです。

その為にも、不当な減給などがなく、「労働者」の枠に該当する雇用形態で、安心・安全に働かせてくれるピンサロ店を選ぶことが何より大切なのではないかと思います。
給料保証面がなくて悩んでいる方は、ピンサロで働いてみてはいかがでしょうか。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする