オナクラでは現役大学生はブランドになる?

オナニークラブ、通称オナクラをご存知でしょうか。
非常にソフトなサービスしか行わない風俗として、初心者の女性に大変人気がある業種です。
本記事では、今話題の風俗オナクラで、実は現役大学生がブランドに成り得るのだということをご説明したいと思います。

オナクラってどんなことするの?

初心者向け風俗であるオナクラですが、そもそも一体どのようなサービスをする業種なのでしょうか。
一言で言えば非常に簡単で、男性のオナニーを見るだけです。
プレイの場所は、主に男性宅やラブホテルで、業態的にはデリヘルと同じく派遣型です。

オナニーを見るだけで興奮する男性なんか居るのか、という点が素朴な疑問が浮かぶかも知れません。
しかし或る種の視姦(しかん)願望は、どの男性も少なからず持っていおり、確かに需要は存在します。
ただ、おばさんに視姦されても面白くないでしょう。
男性客は普段会えないような女の子に自分のオナニーを見てもらう、そういうことに大きな興奮を感じるのです。

多様なオプション。

チェックリストオナクラは、ただ男性客がオナニーするところをジッと見つめる風俗です。
もちろん仕事はこれだけで、これだけすれば帰れる時もあります。
しかしプラスアルファでビジネスチャンスが転がっているのも確かです。
例えば男性客に「髪の匂い嗅いでいい?」と聞かれたとします。
「いえ、それはサービスに含まれていませんから!」とオナクラ嬢は返答すべきでしょうか。
営業的な観点からすれば、それは好ましくないことです。
お店側もそういった男性客のプラスアルファの願望には気づいていて、髪の匂いを嗅ぐこと、抱きしめること、抱きしめられること、コスプレ・・・といったさまざまなサービスを上乗せし、オプション金を課すことで更に利益をあげようとしています。
だから、男性客に「髪の匂い嗅いでいい?」と聞かれたら、営業上の観点から「オプションですけど大丈夫ですか?」となるべくエロチックに返答してみるのが正解なのです。

手コキが頂点。

以上がオナクラのお仕事の内容です。
一見、男性客との身体的接触は皆無の「視姦の風俗」だと思われがちですが、オプションでの追加料金(もちろん自分の収入にも反映されます)も考えるなら、あくまでソフトな制限付きですが男性との接触もあり得ると考えたほうが良いでしょう。
そしてそういったオプションの頂点にあるのが、手コキです。
「やだ、そんなのやりたくない!」という初心な女の子も居るかも知れませんが、風俗の業種に首を突っ込んでおきながら綺麗ごとは今更無用ではないでしょうか。

普通の風俗でしたら、男性客のカラダに触れるのは当然です。
ソフトな風俗のひとつであるピンサロでも、フィニッシュにフェラチオは避けられません。
それに比べたら手コキなんてかわいいものです。
しかも手コキをする勇気があれば、同じオナクラでもお店によってはコースがランクアップされ、バック(自分への収入)も当然、格段にアップされるのです。

女子大生がウケるわけ。

大学生普通のサービスに手コキをプラスするだけで大変儲かるのがオナクラです。
さて、この業種で一番喜ばれるのは誰でしょうか。
おばさんではないことは確かです。

男性客は普段お目にかかれないような娘にサービスしてもらうことを望んでいるからです。
では、若い娘でしょうか。
一概にもそうとは言えません。
たとえ18才でも、目的無くフリーターをやっている娘に手コキをしてもらったり、視姦をしてもらっても、「何やってんだオレ・・・」という感情が、特にサラリーマンの男性客なんかには湧き上がって来るでしょう。

では、OLさんでしょうか。
OLさんくらいでしたら、一気にもっとエロチックなほうに向かいたいのではないでしょうか。
男性経験の豊富な美女に視姦されたところで欲求不満になるだけだからです。
こう考えるとオナクラで男性客が会いたい女性はずいぶん絞られて来ます。

ずばりそれは、普通の女性が進む社会の中での人生の軌道に乗っていながら、まだ初心(うぶ)さが残るような娘、ズバリそれは女子大生しかいないのです。

昨今、性産業でよくみる「処女」アピール。

オナクラにおける女子大生需要にリンクして浮上して来ているのが、処女であることのアピールです。
ひと昔前までは、ハタチそこそこの、それなりに大人になった女の子にとって、自分が処女であることをカミングアウトするなんてのは羞恥以外の何ものでもなかったでしょう。

しかし、おそらくはネット文化の普及と、男女両方でのオタクの性向の社会的容認が広まったことが原因となり、「ワタシ処女なんです」と自虐的に告白する娘が多くみられるように成って来たのです。
この傾向をビジネスチャンスだとみているのが風俗に代表される性産業で、例えばアダルトチャットなんかでは自分が処女であることをアピールポイントとする娘が随分と増えて来たという印象です。
しかし性産業、とくに風俗で処女をアピールするのは結構むずかしい話です。
ソープランドだと本番までしてしまうので、まず処女であることが成り立たなくなります。

デリヘルでも、すこし現実味に欠けてしまうでしょう。
ピンサロでも、処女だと言いながら上手にフェラされたら説得力がありません。
おかしなもので、風俗遊びをしておきながら、男性客には処女を処女のまま玩(もてあそ)びたいという願望があります。
そしてこの願望を100パーセント実現させているのがオナクラなのです。

大学生で処女が最強。

こういうわけで、オナクラで遊ぶ男性にとって一番興奮の度合いが高いのが、処女の女子大生ということに成ります。
実際、これを売りものにしているオナクラは非常に多く、このタイプ(処女大学生)の娘の需要が非常に高いです。
オナクラは男性客が普段お目にかかれないような女の子に視姦してもらう風俗です。

その「普段お目にかかれないような女の子」の典型的なタイプが処女の女子大生なのです。

女の子のほうもやるメリットがある。

Ok, Good処女で現役大学生の女の子がオナクラでは最も需要が高いです。
では逆に、そういった女の子がオナクラで働くメリットはあるのでしょうか。

ひとつは学費に困った女の子が、風俗の一線でギリギリ踏みとどまった所で高級を稼げる=学費を稼げる、というメリットがあります。
いままで学費を女の子が稼ごうとする場合、一線を越えた風俗しかありませんでした。
居酒屋バイトなんかでは到底、大学の学費なんて稼げません。
その一方、高級ソープランドで働けば確かに、1年以内に大学4年間の学費は稼げますが、しかし風俗で働いたという後ろめたさは残ります。

その点、男性のオナニーを見るだけのオナクラでしたら、ギリギリ「カラダは売っていなかった」と自分に言い聞かせることができるのです。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
「オナクラでは現役大学生はブランドになる?」というタイトルで記事を書かせて頂きました。
実際、オナクラこそ現役大学生を求めている風俗であり、まさに女子大生が働くのにうってつけの業種です。
また普通、恥ずかしいと思う処女であることさえ、オナクラでは大きな武器に成ります。

処女で採用されて、処女のまま辞めることのできる、夢のような風俗がこのオナクラなのです。
いかがでしょうか。
学費などの問題でバイト選びに悩んでいたり、風俗のお仕事に躊躇したりしている女子大生さんが居たら、ぜひこの新しくも不思議な風俗、オナクラを始めてみたらどうでしょうか。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする