オナクラのオプションで生フェラってある?した方が稼げる?

オナクラのよいところは、ソフトサービスで働けるというところです。
風俗で働きたいけれど、本番行為をしたり男性に性器を触られたりするのは嫌だ……という人にはまず選択肢にあがる業種ではないでしょうか。
そんなオナクラですが、ほとんどのお店では「オプション」という制度を提供しています。
オプションとは、その名の通り通常のプレイに加えて、なんらかのプレイを追加する制度です。

オプションには種別ごとに追加料金があり、オプションが増えれば増えるほど、収入も増えるようになります。
そして、オナクラはソフトサービス店ゆえに「もっと稼ぎたい」という女性と「もっと過激なことがしたい」というお客さんの需要が噛み合い、多くのオプションが存在しているようです。
ここでは、そんなオプションの1つである生フェラについてまとめていきたいと思います。

そもそもオナクラのオプションに生フェラってあるの? したら稼げる?

お金もちろん存在します。
ただし、生フェラがオプションとして存在しているお店はかなり少なめです。
オナクラ店自体も数が少ない上に、生フェラをサービスとして提供しているお店となると、もっと数が限られるでしょう。

なぜそこまで少ないのかといえば、その原因は需要の噛み合いからだと思います。
というのも、生フェラは風俗の中でもハードめなサービスに分類されるプレイで、それゆえに生フェラを専門的に提供しているピンサロを除いてはあまり行うことがありません。
なので、「わざわざオナクラで生フェラをしたくない」という女の子と、「生フェラをしたかったらピンサロなどに行く」という男性の考えが重なった結果、生フェラをオプションとして提供しているお店が少ないという事態になっているのだと思います。
とはいえ、実際に生フェラをオプションとして提供しているお店があることも事実。

もしかしたら、勤めようと思った会社が生フェラのオプションを提供していることもあるかもしれません。
そんなときに悩むのが、オプションを可にすべきか否かですよね。
稼げるのならオプションを可にするという人もいらっしゃるかと思います。
結論から言うと、オナクラで生フェラをすれば稼ぐことが出来ます。

なぜならば、生フェラは前述したとおりハードなプレイとして認識されているので、やりたがる女性がそれほど多くないからです。
やりたがる女性が少ないということは、それだけ希少性が増すということでもあります。
つまり、生フェラをすることで希少性が生まれ、それを目的に指名して来る男性が来るわけです。
これは生フェラだけに限りませんが、許可するオプションがハードなものであればあるほど、それを行うお店は少ないため、一部の好事家は「これしかない需要」でそのお店、あるいはその女性を指名するようになります。

オナクラにおける生フェラであってもそれは例外ではなく、生フェラオプションを可にしていれば、しっかりと稼ぐことができるでしょう。
どの程度稼げるのかはお店の集客力と、女性自身の頑張り、それから地域の生フェラ需要によって大きく変動するので明確な数字をあげることはできませんが、それでもより稼げるのは間違いありません。
しかし、生フェラのオプションをOKにすることはそれだけでもリスクがあります。
そのリスクについて、下記でまとめていきましょう。

オナクラで生フェラをするリスクとは? 何があるの?

質問 シルエットオナクラに限らず、そもそも、生フェラという行為自体には大きなリスクがあります。
それゆえに生フェラはハードなプレイと認識されていますし、ピンサロ店は「危険だ」と語られることも多いのです。

では、生フェラをすることによる具体的なリスクは何なのでしょうか。
その答えは性病です。
生フェラをする上で、最も大きなリスクともいえるでしょう。
よくある勘違いとしてあげられるのが、性病は本番行為がなければ感染しないというもの。

しかし、それは大きな間違いです。
性病は「粘膜と粘膜が接触する」ことによって感染する病気なので、喉の粘膜と男性器の粘膜が接触する生フェラは、感染する条件に該当します。
もちろん、本番やアナルセックスと比べればその確率はぐっと低くなりますが、それでも生フェラをする以上はそのリスクを避けて通ることはできません。
コンジローマなどの見た目からわかる病気はプレイ開始前にNGにすれば問題ないかもしれませんが、性病の中には見た目から感染が判断できない病気も存在しているのです。

クラミジアなどがその典型で、男性が感染した場合、ペニスの状態から感染しているか否かを判断するのは非常に困難です。
さらに、女性が感染した場合でも感染しているかどうか判別することが難しく、症状があっても扁桃腺などに似ているため、気がつかずに性病を蔓延させてしまう可能性もあります。
オナクラのオプションで生フェラをする場合、専門店でないがために衛生的な意識に欠けていることも多く、そのせいもあいまって性病に感染するリスクはかなり高いといえるでしょう。

生フェラをしても性病に感染しないようにするためにはどうすればいいの?

チェックリスト性病にかかりたい人はいないと思います。
しかし、性病のリスクを受け入れてもなお生フェラのオプションをNGにせず、より稼ぎたいという人も少なくないはず。
では、生フェラのオプションをNGにせず、そのリスクを最低限まで減らすためにはどうすればいいのでしょうか。
まず、プレイ前の洗浄はしっかりとしましょう。

最低限うがい薬を使うのはもちろん、男性側のペニスもしっかりと洗う必要があります。
また、ペニスを喉奥まで詰め込まないことでもよりリスクを低減させることが可能です。
性病に感染するのは、喉奥の粘膜なので、そこに触れないようにすればより性病にかかる確率を落とすことができるでしょう。
もちろん、出された精液も飲み込まないようにしましょう。

ただ、お客さんの前ですので、ゆっくりと吐き出しつつ、笑顔で手に出すといいかもしれません。
また、注意すべきなのはプレイをしているときだけではありません。
生フェラをする場合は、定期的に性病検査をする必要があります。
検査の方法は、性病科に行ったり、性病検査キットを取り寄せたりと個人で行う必要がありますが、定期的な検査はかなり効果的な方法になります。

というのも、性病で最も恐ろしいのは、色々な性病が連鎖してしまうことだからです。
早期発見・早期治療を心がけることが出来れば、多くの性病を抱え込んでしまうリスクが少なくなります。
治療を行う際には性病によって異なる治療費がかかりますが、放置して治る性病はまずないと思いましょう。
最悪の場合、性病を一生引きずる可能性もあるのです。

お金がかかるとはいえ、治療は早期に行いましょう。

オナクラでの生フェラオプションに関するまとめ

ピンサロでの生フェラは、確かに稼ぐことができます。
よりたくさん稼ぐのであれば、生フェラ以外にも過激なオプションを許可しておく必要があるでしょう。

とはいえ、過激なオプションにはそれなりのリスクが伴うことも理解しておきましょう。
その最たるものが性病で、もし生フェラを頻繁にするようであれば、性病検査は必須といっても過言ではありません。
どんなことでもそうですが、リスクとリターンを理解して、自分にあった働き方をしたいところですね。
オナクラは自由にできるオプションが多い分、それだけ自分にあったカスタマイズをすることが出来ます。

問答無用でNGにしている人や、何も考えず全てOKにしている人は、一度自分のオプションを考え直すのも1つの手かもしれませんね。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする