ピンサロで働いている事を後悔する時はどんな時ですか?

後悔先に立たず。
そうはいいますが、人はどうしても後悔する生き物です。
「あのときああすればよかった」
「こんなことしなければよかった」

そんな後悔が、それこそ数え切れないほど存在する人も多いのではないでしょうか。
では、ピンサロで働いていて後悔することはなんでしょうか。
後悔先に立たずという言葉は真理で、仕事をはじめてから後悔しても遅いことばかりです。
なので、あらかじめピンサロで働いて後悔したことを知っておき、自分がいざ働き始めたときに後悔しないようにするべきでしょう。

以下に、実際にピンサロで働いていた風俗嬢が後悔したことについてまとめていきたいと思います。
あらかじめ後悔したことを知っておき、どうすれば後悔しなくて済むのかということを考えながら仕事をしましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ピンサロで働いていて後悔したことってなに?

ピンサロに限らず、風俗業界はかなり稼げる仕事です。

しかしながら、その特殊性ゆえに後悔してしまうことも多いとか。
以下は、実際に働いている風俗嬢の声から、特に多いものを紹介し、解説したものです。

性病にかかって後悔

ウイルスピンサロ、あるいは風俗と性病とは、切っても切れない関係にあります。

不特定多数と粘膜の接触をするわけですから当然といえば当然です。
もちろん、性病に感染してしまうのは風俗嬢自身の意識の欠如があげられるのですが、意識していたのに性病にかかってしまったという人も少なくないとか。
性病にかかってしまうと、多額の治療費がかかってしまいます。
それだけならいいのですが、かかった性病の内容によっては一生病気と付き合わなければならない場合も。

性病に指定されている病気は恐ろしい病ばかりです。
特にピンサロはシャワーを浴びることができないため、性病にかかりやすい環境で働くことになります。
ピンサロで働く際は、性病にかかって後悔しないようにあらかじめ「かかったらどうするか」「かからないようにどうするか」ということを考えておきたいところですね。

家族や知人にバレて後悔

ピンサロ業界は、決して親しい人に胸を張れる職業ではありません。
ひょんなことから家族にピンサロで働いていることを知られてしまい、結果として後悔する羽目になったということも多いようです。
風俗は決して卑しい職業ではないのですが、残念ながら今の日本社会で風俗に対して偏見を持っている人は数知れません。
そのため、親しい人がそういった偏見を持っている可能性も十二分にありうるのです。

もし、親しい人に働いていることを知られてしまった場合、距離を置かれたり、別れられる可能性は十分にあります。
お店側もバレ対策はしっかりと行っていますが、長く働いていると意識の徹底が欠落しがちなので、気をつけましょう。
また、働いている最中はバレなくとも、働き終わって風俗から足を洗った直後、過去のことを問いただされてバレたという話もききます。
バレて後悔してからでは遅いのですから、普段からバレたときの言い訳と共に考えておきたいところですね。

セックスに特別感がなくなった/羞恥心が薄くなって後悔

男性 女性 シルエット多くの女性にとって、好いた男性とのセックスは人生における楽しみの一つです。
それはセックスが特別なもので、どこかいけないことをしているような雰囲気になれるからでしょう。
しかしながら、ピンサロで働いているとフェラチオをすることは普通になりますし、男性の裸を見ても特に何も感じなくなっていきます。

もちろん、人によっては客とプライベートは違うと分けられる人もいますが、多くの人はそうではないようです。
特に性行為に対して淡白な見方をするようになってしまったという話はよく聞きます。
ピンサロで本番行為をすることはほぼないでしょうが、あまりにも作業的にフェラチオを繰り返していった結果、男性の反応も見慣れてしまい、彼氏とのセックスで燃えなくなってしまった人も多いようです。

金銭感覚が狂って後悔

ピンサロに限らず、多くの風俗業界に勤める女性は意識しないと金銭感覚が段々と狂ってしまいます。
なぜなら、短時間で数万円を稼ぐことが出来てしまうため、お金の価値を勘違いしてしまいやすいのです。
たとえ大きな買い物をしても、「風俗で稼げばいい」という考えに至ってしまう女性は多く、その結果として風俗からいつまで立っても抜け出せないという泥沼にはまっている人も少なくありません。
また、風俗のストレスでお金を使うことが気持ちよくなってしまい、高級品を買い漁っては、その料金のために働くという繰り返しを行っている人もいるようです。

自分が今何円を持っているのか、そして、自分が購入しようとしているものは何人の客を相手にしたものかということをきちんと考えてお金を使いましょう。
金銭感覚の泥沼は、風俗業界に入る前、「自分は大丈夫」だと思っている女性こそはまりやすい罠です。
ホスト通い、高級品の購入には必ず気をつけましょう。

ライフスタイルがおかしくなって後悔

風俗は、言うまでもなく夜の仕事です。
もちろん日中に風俗にいる人もいるでしょうが、多くの女性は夕方から0時にかけて働くことになるでしょう。
こうした生活を繰り返しているうち、家に帰ってシャワーを浴びてすぐに眠るということが難しくなります。
何か別なことをしているうちに朝方まで起きてしまう……そういった、いわゆる夜型生活を送ってしまう人も少なくないようです。

日光を浴びない生活は、決してよい生活とはいえません。
健康や美容にも悪いですし、もちろん昼の世界に復帰することも難しくなります。
しかしながら、こうしたライフスタイルは戻そうとして戻すのはかなり難しいものです。
そのため、風俗から足を洗ってもライフスタイルの矯正が難しくて後悔することも少なくありません。

ピンサロの仕事は0時に終わることも多いので、終わったらすぐ眠ることでライフスタイルが狂うことは防げます。
もし後悔したくないのなら、0時に営業を終了するピンサロ店を探すのがいいかもしれませんね。

後悔してまで働くメリットはあるの?

質問上述したように、ピンサロで働いた上で後悔することはとても多くなっています。

では、このように後悔してまで働くメリットはどこにあるのでしょうか。
最も大きなメリットはお金です。
金銭感覚にさえ気をつければ貯金はどんどん増えていきますし、借金をしているのならば、その額はどんどん減っていくでしょう。
加えて、働くことによって性に関することに厚くなれる点はほかにはないメリットです。

ピンサロ店で働けば自然とフェラチオのテクニックは身につきますし、会話に気を遣っていれば、自然と男性の喜ぶ会話のツボのようなものがわかってきます。
また、どんな職場でもそうですが、同僚の友人を作ることも出来ます。
ピンサロ店で作った友達であれば、普通の友達には相談できないような性生活のことも相談できますし、そういう意味では一生の友になる可能性も秘めているでしょう。

ピンサロ店には後悔することもよかったこともある! 理解して仕事をしよう

ピンサロは特殊な世界ですから、働く上で後悔することもあれば、よかったと思うこともたくさん職場です。
いわば、ほかの仕事にはない経験が出来る場所でもあります。
繰り返しになりますが、後悔は決して役に立ちません。
それは人生において、たびたび直面する真実です。

重要なのは、あらかじめ「後悔する可能性がある」ことを知っておき、それにどう適応するか、事前に考えておくことだと思います。
ピンサロ店はよかったこと、後悔したことが極端であるゆえに足踏みしやすいと思いますが、あらかじめ後悔するであろうことを知っておけば、前に踏み出す勇気が出てくるのではないでしょうか。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする