M性感でトラブルになる事例を公開

風俗嬢として実際に働き始めると、頻繁にお店に警察が立ち入っている姿を見ることになります。
それはお店が健全に運営していても起こり得ます。
水商売同様に、警察と上手に付き合っていくということは風俗店にとっては必要不可欠な要素となりますので、働いている風俗嬢の方も決して無関係ではありません。

そしてその警察が立ち入る理由として、お客さんとのトラブルが原因であるケースが最も多くなります。
どの業種でもトラブルが発展して警察沙汰になることはございますが、M性感のお店でトラブルになる事例を公開いたしますので、事前にある程度は把握した上でM性感店で働くようにしましょう。

M性感でも本番強要は有り得る

注意 マーク仮にオナクラのようなソフトサービスでも問題に挙がる様な本番強要というお客さんの身勝手な行為は、M性感のお店でも十分起こり得る問題となります。

M性感店を利用する男性は基本的にMの男性ばかりとなります。
女性を無理矢理押し倒したり強引に挿入してしまったりしそうにないイメージがございますが、男性は誰しもが力づくであれば大抵の女性に勝てるという事を理解しています。
その事実をしっかりと理解した上で風俗店で働くようにしましょう。
基本的にルール違反を犯すことなく楽しんでくれるお客さんばかりですが、興奮が強くなり本番行為がしたくなる欲求に駆られることも充分に考えられますし、M性感を利用しているのにもかかわらず「たまにはM性感で働いている様な強気な女性を責めてみたい」と考える真正のMではない男性の利用も考えられます。

実際にM性感で働いていた女性が男性に性的サービスを行っていたところ、本番行為を交渉されたり押し倒されそうになるという実例はいくつも挙がっておりますので、いくらMの男性が中心となって利用するお店であったとしても注意は必要だと思っていた方が良いでしょう。
世の中にはS気質の女性を責めて楽しむ性的趣向を持っている男性もいらっしゃいますので、全くMではないのにM性感に足を運び、よからぬ行為を企む男性がいることも考えられます。
事例としてご紹介出来るのは本番交渉などの部分のみとなりますが、どんなケースにも対応できるようにしておいた方が良いと思います。

M性感で起こり得る最も多いトラブル

さて、本番強要という問題からご紹介いたしましたが、実際に刑事事件に発展する様な重大なトラブルが起こりうる可能性が最も高いのは、M性感店においては本番強要だと言えないと思います。
というのも、M性感店はSMをお客さんが楽しむお店です。
Sになることはお客さんはございませんし、逆に風俗嬢がMになるということもございませんが、一般的なSMのイメージと言えば痛みを伴うプレイだと言えます。
女王様の様な格好をした女性が鞭で男性を叩いたり、蝋を垂らして縛ったりとするプレイをしてもらい、喜びを覚える男性が利用するお店となります。

手錠 女性そういった性的趣向を持つ男性の願望を叶えてあげる風俗店である点がM性感の特徴と言えますが、実際に起きた事例としてM性感を利用していた男性が神経に障害を抱えてしまった事件がございます。
その男性は特定のお店を数年に渡り利用しており、パートナーとなる風俗嬢ともその分関係を築いていたそうです。
そして元々足首が弱く、縛る際にも必ず足首だけは軽めに締めてもらうように話していたそうですが、その日は女性の機嫌が悪くいつも以上に痛めつけたいと言われていたそうです。
結果弱い足首もきつく締め付けられることになり、プレイ後にいくら時間を置いても痛みが治まらず、病院で診てもらったところ神経に異常が見られたそうです。

肉体的な痛みを覚える様なプレイを行うケースが大半だと言えるM性感のお店ですが、それはあくまでお客さんが楽しめる範囲で行うのが大前提となります。
お店によってはお客さんが喘いでいたら痛めつけるのを続けて「痛い」とか「やめて」という言葉を使ったら本当に痛がっているから止めるというルールを作っているお店もあるようです。
上記の事例で被害に遭った男性は女性にもお店にも被害請求しようとしましたが、取り合ってもらえずに精神的に負担を感じてしまい、円形脱毛症を発症したそうです。
その後告訴して足首の痛みは刑事事件、精神的な面は民事事件として裁判沙汰にしようと考えましたが、そうなってようやくお店から示談の相談をされたという流れになったそうです。

お店の方の対応も決して褒められたものではございませんが、こういったSMを楽しむお店で健全な運営を行っているお店は、事前にプレイを行う上で同意書の記載を求めているお店が大半となります。
細かいシステムやお店の運営スタイルを把握することなく働き始めてしまうと、こういった事例に直面した際に告訴されてしまう対象に自身がなってしまう可能性も考えられますので、不透明に感じられるお店では働かないようにした方が良いでしょう。

犯罪行為に巻き込まれるケースも

手錠最後にもう1つのケースですが、犯罪項に巻き込まれてしまうケースもございます。

M性感店ではございませんが、2017年執筆現在も風俗を利用した芸能人が風俗嬢に覚せい剤の使用を勧めたと問題になっております。
精神的に不安定なお客さんが利用する可能性があるのは風俗業界に限らずどのサービス業でも考えられますが、水商売関係者や暴力団の方と関わりを持つ事が多いのも風俗業界の特徴と言えます。
M性感で働いた際にも脅迫されて無理矢理覚せい剤を服用させられたり、犯罪行為に手を染めなくてはいけなくなる様なケースに遭遇する可能性もございます。
また、絶対と言って良いほどプレイを行う部屋はお客さんと二人きりです。

断った際に身の危険を感じるようでしたら必ずお店の方に助けを求めたり、派遣型である際にはどういった行動を取るべきなのかをあらかじめお店の方に聞いておくようにしましょう。
そうそう命の危険に晒されるような事態に遭遇する事はございませんが、自分の身を守るのは基本的に自分だけとなります。
周到に準備していても準備しすぎという事はございませんので、風俗嬢として働く際の危険性もご理解いただきました上で働くようにして下さい。

まとめ

M性感のお店で起こったトラブルの事例と、起こり得る可能性が考えられる点まで含めてご紹介いたしましたが、一般的な昼職やサービス業に比べると圧倒的に危険度が高いように感じられると思います。
もちろん大半のお客さんは一般企業に勤めている男性であったり、水商売関係者であったとしてもそうそうトラブルに発展する様な問題行為を起こすお客さんではございません。
しかし冒頭でご紹介いたしましたように、風俗業界は警察と関わりを持つ機会が頻繁にございます。
その大半の原因となるのがお客さんとのトラブルになりますので、起こり得る可能性のあるトラブルを事前に知っておくのと知らないのとでは大きな差がある様に感じられます。

働いていて何もないならそれに越した事はございません。
しかし実際に問題が起きたこともあるのは事実ですので、他人事だと思わずにしっかりと自分にも関わりがある事例だと思って働くようにしましょう。
そうすればもしトラブルに見舞われたとしても、きっと周囲の助けを借りながら乗り越える事が出来ますし、自身に非がないという事を証明することも可能になると思います。
思わぬ形で刑事事件の主要人物にならない様、気を付けながら働くようにして下さい。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする