箱ヘルのバンス制度で借りれる金額の相場と利子について

バンスという言葉は、風俗業界ではある程度一般的な言葉ですが、風俗に関わったことがない人にとってはあまり馴染みのない言葉だと思います。
風俗業界にはバンス制度という制度が広く普及しており、それに伴ってバンスという言葉も広く知れ渡っています。
ではこのバンス制度、果たしてどんなものなのでしょうか。
簡単にいえば、バンス制度とは給料の前借り制度です。

「In advance(事前に)」という単語の「Vance」という部分を略してそう呼ばれています。
風俗で働いていたとしても、突然お金が必要になるということはまま存在するのです。
クレジットの支払いもそうですし、お金の返済期日、ほかにも突然お金のかかる用事が入ったとき、友達や家族が重い病気などなど、とにかく、バンスを利用する理由はたくさん存在しています。
なので、風俗で働くときはあらかじめバンス制度について知っておいたほうがいいでしょう。

ここでは、「どの程度借りられるのか」「利子の相場はどの程度なのか」ということも含めて、バンス制度についてまとめていきたいと思います。

バンス制度で借りられるお金はどれくらい? 利子はある?

お金先述したように、バンス制度はあくまでも給料を「前借り」する制度です。

サラ金やその他金融機関にお金を借りにいくこととなんら変わりません。
なので、まずは借りられる金額は返せる金額に限定されます。
当たり前ですが、いくら働いても稼げないような金額をバンスすることはできません。
いくら高級箱ヘルであっても、数百万をバンスするのは難しいでしょう。

相場としては、精々100万円程度が普通の金額です。
もちろん、100万円でもかなり高額なバンスといえるでしょう。
ほとんどのお店のバンス上限は、大体昼の仕事で稼げる額である30万円程度が普通です。
それ以上のバンスは、基本的にできないものといっていいでしょう。

お金を借りる上で気になるのが利子ですが、利子はお店によってそれぞれのようです。
それこそ、全く利子を取らないお店から、法外に高額な利子をつけるお店もそれぞれです。
そのあたりもまた、普通にお金を借りるところと似ていますね。
なので、もしバンス制度を利用するのであれば、あらかじめお店の提示した利子を確認しておきましょう。

たった数万円を借り入れるつもりが、いつの間にか雪だるま式に膨れ上がってしまったということになりかねないからです。
ちなみに、利子のないバンス制度であってとしても返済期限は必ず存在します。
返済期限も風俗店によって異なりますが、あらかじめ決めた期限は絶対に遵守するようにしたいところです。
間違っても高飛びしようなどとは考えないようにしましょう。

個人間のやり取りだとしてもそれは犯罪ですし、警察に通報されれば捕まるからです。

箱ヘルでバンス制度を利用するためにはどうすればいいの?

質問 疑問いざ借りる金額を決めたのであれば、まずはバンス制度の利用を申請する必要があります。
前述したように、風俗店によってはバンス制度自体を行っていない場所もあるので、あらかじめ行っているかどうかを確認しておきましょう。

申請の仕方は風俗店によって異なっており、専用の書類が用意されているお店もあれば、店長に直接掛け合う形のお店もあります。
一番確実なのは、店長にバンスを利用したいという旨を伝えることです。
面接の時点でバンスが利用できるかどうか聞いておくのもいいでしょう。
バンスという一般的にはあまり浸透しない言葉がすっかり浸透するくらいには一般的な制度なので、特に負い目を感じる必要はありません。

それだけたくさんの人がバンス制度を利用するということだからです。
ただし、申請できたからといって必ずバンス制度を利用できるわけではありません。
バンス制度はあくまでもお金を借りる行為ですから、借りる女性が信頼に取る女性でなければお金を貸そうなどとは思わないでしょう。
どの程度その女性が信頼に足るのか、そして、返済までにどの程度の期間が必要なのか。

お金を貸す側には、検討すべきことが多くあるのです。
では、お金を貸せるほど信頼されるためにはどうすればよいのでしょうか。
それにはまず、真面目に出勤する必要があるでしょう。
真面目な出勤態度は、人を信じさせるためには一番大切なことです。

加えて、頻繁に遅刻していたり、無断欠勤をしていたりするのなら、返済自体も遠のいてしまいます。
また、お店によっては出勤日数もバンス制度を利用する条件に入ってくるでしょう。
例えば、週に4日以上、8時間は出勤する必要があるという条件があるお店もあります。
無利子のお店ですと、出勤に条件をつけるというのはかなり一般的な方法であるようです。

なぜなら、お店としてははやめに返してもらわないと困るからです。
そうして働き方に条件をつければある程度完済までの期間を計算することができますし、同時にお店の人員も確保できて一石二鳥になるでしょう。
ともかく、自分がどの程度信頼に足る人間なのかを普段からアピールするのが重要なのです。
店長あるいは管理者からの信頼を得たら、次は身元が保証できるのかを確認されます。

住所のわからない女性や、連絡先がわからない女性にお金を貸せないのは当然ですよね。
住所の確認方法は様々ですが、大抵は肉眼で確認されます。
例えば、家の中に入るところを遠目で確認したり、お店によっては実家の位置も確認されるのです。
加えて、万が一何かあっても連絡がつく連絡先も確認されるでしょう。

制度的には将来の給料を前借りするので連帯保証人等つけるお店はそれほど多くないのですが、額によっては第三者による保証が必要になることもあるのではないでしょうか。
特に、高額なバンスをする場合はより厳重な身元確認と保証が必要になると思います。
店長による審査の後、確実に返済してくれると判断されたのであれば、晴れてバンスを利用することが可能です。
しかし、一気に多額のお金を入手してしまうゆえの注意点もいくつか存在します。

以下にまとめますので、バンスを利用するという人は必ず留意しておきましょう。

「借金」であることを自覚する

バンス制度は、前借りであるとはいえ借金であることには変わりありません。
将来的に稼ぐ金額であることは変わりありませんが、その場で多額の借金を背負うのも事実なのです。

よって、本来の目的以外に入手したお金を使ってしまわないようにしましょう。
返済に充てるため、余ったのなら余ったままにしておくことも重要です。
たくさんお金を入手すると、一時的な高揚感でお金を使ってしまいがちなので、気をつけたいところですね。

二重のバンスはできない

バンス制度で前借りできるのは、あくまでも1回だけです。
返済している間に、新たなバンスを受け入れてくれ店舗はほぼありません。
借りる前には、現在の返済プランが生活費を含めて問題のないものかを確認しておきましょう。

期限を過ぎると罰則金を取られることもある

カレンダー最初の条件次第ですが、バンスには必ず返済期限が存在します。
そして、条件によっては罰金としてお金を取られてしまうこともあります。
期限が定まっている場合は、その期限過ぎないように気をつけましょう。

出稼ぎの強い味方! 箱ヘルのバンス制度についてのまとめ

バンス制度は給料の前借制度で、大抵の箱ヘルには存在しているものです。
出稼ぎなど、お金が枯渇しがちな女性にとってはかなり心強い味方ですが、条件はしっかりと読んで契約しましょう。
もしかしたら、法外な利子をとられて無駄に多くの借金を背負わされることになるかもしれません。
場合によっては、普通に消費者金融でお金を借りたほうがいい場合もあります。

期日も含めて、借りる条件には必ず目を通しておきましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする