風俗嬢が生理中に稼ぐならオナクラがおすすめです

女性は月に1回生理になるため、風俗嬢は毎月1週間は生理休暇休まなければなりません。
なぜなら、大半の風俗の仕事は服を脱いで裸になるからです。
海綿で誤魔化したとしても激しく動いた時に漏れてしまい、お客さんを嫌な気持ちにさせてしまうでしょう。

このように風俗嬢にとって生理期間は稼げない時期ですが、風俗店によってはオナクラやピンサロなど生理中だろうと出勤可能なところがあります。

生理中でも出勤可能なオナクラ

3ナイだから

オナクラはソフトサービスといわれている中でも3ナイに位置する風俗とされており、「脱がない、舐めない、触られない」の3つを守っています。
もちろん全てのオナクラがそのようなわけではないので、気になる人は事前に面接できちんと確かめて下さい。

服を脱がずにサービスをするため生理だとしても安心して働けます。
また、下を触られることも見られることもないのでナプキンをしたままでも大丈夫です。
つまり、1週間の生理期間中でも出勤をして稼げます。

身体に負担がかかりにくい

女性上記で紹介したようにオナクラは3ナイを守っているお店があり、たとえ3ナイではないとしても男性から攻められることがないので嬢の身体への負担が少ないです。

がっつりと稼ぐ風俗であるデリヘルやソープだとそうはいかず、お客さんから触られたり舐められたりするため体力勝負となり身体に負担がかかります。
一方オナクラは、お客さんがオナニーをしている姿を見守ることが多く、そこまで体力を必要とはしません。
生理中は血が足りないため貧血気味になり体調があまり良くない女性も多いです。
そのような中、オナクラでの働きは助けになるのではないでしょうか。

性病に感染しにくい

性病に感染しにくいというのもオナクラをおすすめする理由で、何故かというと、オナクラはフェラをすることがあまりないからです。
オナクラ以外の風俗は基本的なサービスの1つとしてフェラが含まれており、ゴム有りフェラではなく生でのフェラが主流となります。
意外と知られていないかもしれませんが、喉から性感染症にかかることもあるのです。
行為後にすぐにイソジンでうがいをして菌を死滅させれば問題はありません。

しかし、ただのうがいだけで済ませてしまうと病気を発症してしまうでしょう。
生理中は身体への負担が大きいので体調管理にきちんと気を使う必要があります。

オナクラで働くデメリット

バックが低い

オナクラはソフトサービス店であるためバックが低く60分で5,000円ほどです。

ソープであれば同じ時間で10,000円は稼げるのでかなり低いことが分かります。
ということは、1日に3万円以上を稼ぎたいという人は6人もの相手をしなければなりません。
まず6人から指名をもらえるかどうかが不明で、仮に多くの指名をもらえたとしても1日中お客さんの相手をしなければならないため体力的に大変です。
生理で体調と気分があまり良くない時はなおさらでしょう。

低いバックであるオナクラですが、風俗嬢は出来高制のお店ばかりなので指名がなければ稼げません。
自分の体調と相談をしつつ働くか、それとも貯金で1週間を乗り切るかのどちらかになります。

リピーターがいないと稼げない

回転 矢印オナクラで多くの給料をもらいたいのであれば本指名客の数が非常に大切になります。
これは他のどこの風俗も同じで、本指名客がいるかいないかで給料の総額にかなり差ができ、お店からの信頼にも反映されるのです。

本指名客が多いということは指名が多い風俗嬢であり、つまりそれだけ売上が多いことを意味します。
お店からしたら売上が多い風俗嬢を大切にしたいというのは当然のことで、多少バック率を上げてくれたりと待遇を良くしてくれるでしょう。
リピーター・本指名客の増やし方は、とにかく一生懸命に仕事をすることです。
お客さんは、手を抜かずに真面目に取り組んでいる風俗嬢のことが分かります。

仕事に対して真面目に取り組むだけではなく、性的サービスの技術と接客スキルも上げて下さい。
AVやお客さんの反応を見て身に付けていきましょう。

オプションで稼がなければならない

有料オプションを利用して稼ぐというのもオナクラでは大切で、ハードなものだろうとNG指定をせずに挑んで下さい。
オプション内容がハードになればなるほどオプションバックは高くなり、1つで2,000円ももらえることもあります。

また、オプションに対してなるべくNG指定をしない方がお客さんからの評判が良いです。
お客さんからしたら、いちいちNG指定を確かめることが面倒だからでしょう。
オナクラでのオプションは、軽いものだと上半身だけヌードになる、オールヌード、足蹴りや言葉責めがあります。
ハードなものだと、ディープキスやフェラ、手コキ、アナル責めです。

基本的にお客さんは有料オプションを頼むので何かしら実行することになります。

オナクラ以外でおすすめの仕事

生理中に働くにあたりオナクラ以外でおすすめの仕事をまとめました。
ぜひ参考にして下さい。

チャットレディ

チャットレディとは男性とチャットやライブ電話をする仕事で、まずメンバーとして登録をしてから始めます。
普通のチャットレディだとあまりお金にならないため稼ぎたいのであればアダルトチャットレディにしましょう。
こちちらはライブ電話が主となり、男性客から要求されるアダルトなことを行います。
例えば、胸や下着を見せたり、キス顔を見せたりなどです。

「週に何回オナニーする?」
というような少しエッチな質問をされることもあります。

ピンサロ

ソフトサービス店の中で知名度が高い風俗がピンサロで、20分から30分という短い時間の中で手コキやフェラをしてとにかくイかせる仕事です。

短時間でイかせなければならず、いかにお客さんを気持ちよく出来るかのテクニックが求められます。
オナクラと同じように脱ぐ必要がない風俗店なので生理でも安心して働けるでしょう。
現に、生理期間中に掛け持ちで働いているソープ嬢やデリヘル嬢がいます。
少しでもお金を稼ごうと必死なのです。

デートクラブ

恋愛生理期間中、男性とデートをするだけで謝礼金をもらえるデートクラブで働いている風俗嬢も
います。
会員制となるためきちんと身分を証明出来る人しか利用出来ず、デード代は全て相手の男性持ちという夢のような仕事です。
1回のデートでもらえるお金はそこまで多くはありませんが、一銭も払わずただデートを楽しむだけで謝礼金が手に入るため人気のある仕事となります。

ただ、いざ働くとなると若くて見た目が良い女性でないと指名をもらえません。
特に、高級デートクラブは高い謝礼金がもらえる分求められるレベルは全てにおいて高いです。

昼職のパート

最後は風俗とかけ離れた昼職のパートしかありません。
昼職であれば服を脱ぐ必要がなくまた、日給をそこそこもらえるか仕事もあるでしょう。

流石にたった1週間のパートだと短すぎるので、登録制の派遣バイトをおすすめします。
登録制の派遣バイトは1日でもいいので入れる日に仕事に入れ、日給ですぐに給料をもらえるところが売りです。
毎回派遣先が違うため仕事を覚え直さなければならない面倒くささはありますが、人付き合いがないので楽でしょう。

まとめ

風俗嬢にとって生理中にどうやってお金を稼ぐかは死活問題です。
多少体調が悪いとしても何かしらの手段で稼がなければ生活が苦しくなります。
どこで働こうか自分で合う仕事を見つけて下さい。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする