ピンサロで感染する病気の潜伏期間・症状・対策について

ピンサロで働くということは、それだけ性病に近づくということでもあります。
もちろん、風俗嬢の意識とお店の衛生管理の意識次第では十分に防ぐことができるものでもあるのですが、気をつけなければいけない病気はいくつでも存在しているのです。
そこで、ここではピンサロで罹患しやすい病気についてまとめていきたいと思います。
その対処法や症状を知っているのとそうでないのとでは全く状況は違ってきますし、万が一罹ってしまったときも適切に対処することができるのです。

それに加えて、どのように対策すればかからないのかについてもまとめていきたいと思います。
もしこれからピンサロで働こうと思っているのなら、是非参考にしてみてくださいね。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ピンサロで感染しやすい病気はどんなものがあるの?その症状は?

病気ピンサロで感染する性病は、多くの場合は性器から喉を介して広がります。
性病というと、本番行為、もしくはそれに順ずる行為で感染するイメージがありますが、性器から喉へ感染する病気の数はそれほど少なくないのです。
なぜなら、性病の感染状況は粘膜と粘膜の接触であるため、フェラチオもこの条件を満たしています。
よって、ペニスを直接咥え、さらに多人数の相手をすることが普通であるピンサロは、性病にかかりやすい環境だといえるでしょう。

では、性器から喉に感染する性病にはどんなものがあるのでしょうか。
その特徴と潜伏期間、加えて対策をまとめていきたいと思います。

クラミジア(咽頭クラミジア)

クラミジアとは、細菌による感染症の一種です。

性器から性器、あるいは性器から喉への感染経路が一般的になっています。
ピンサロでの性病といえばクラミジアというほどメジャーな病気で、それだけに罹患率もかなり高め。
恐ろしいのは、感染した半分以上の人が無症状で過ごすことになるということです。
クラミジアは多くの場合で何の悪さもしないため、性病にかかったかどうかを判断するのはかなり難しくなっています。

ピンサロで感染しやすい咽頭クラミジアについては、たとえ症状が出ても喉の軽い痛みや扁桃腺の腫れがある程度です。
しかも2週間前後の潜伏期間があるため、たとえクラミジアに感染したとしても、それを判別するのはほぼ不可能といってもいいでしょう。
また、感染している男性のペニスを見極めることもまず無理です。
というのも、性器に発生するクラミジアもほとんど自覚症状がなく、あっとしても精々軽い痛み、尿道に軽い赤みを帯びる程度のものになっています。

たちの悪いことに感染率は非常に高く、フェラチオをしなくともディープキスでも感染する可能性がある等、性病の中でも非常に厄介な部類のものです。
その感染率の高さから、風俗嬢以外にも多くの保菌者がいます。
日本人の間ではかなり一般的な性病であるがゆえに対策を立てるのは困難ですが、その分治療も一般的になっています。
細菌は特効薬も発明されているので、治療に関してもすぐに済むでしょう。

なので、一番の対策は敵的に検査へ行くことです。
そして、罹患するたびに治しておけば、性病の広がりを抑えることができるでしょう。
クラミジアは感染しやすい病だけに女性一人が治そうと思っても難しく、お店全体で何らかの対策を講じる必要があるのです。

淋菌(咽頭淋菌)

淋菌は、その名の通り「淋菌」という名前の菌に感染することで引き起こされる性病です。
上述したクラミジアと同じく、喉に感染したものは咽頭淋菌と呼ばれています。
これも症状自体はクラミジアとよく似ていて、女性が罹患すると扁桃腺とよく似た症状が出ます。
ただ、基本的にこれも無症状であり、気づかない人も多いようです。

絶望 女性ただし無症状なのは咽頭に感染した場合のみで、何かの拍子で性器に感染するとおりものの増加、排尿時に痛みがある程度になっています。
また、膿が出たりすることもあるようで、性器に臭いを感じたら淋菌である可能性が高いようです。
ただ、性器に感染した場合も無症状、もしくは症状が非常に軽い場合がある点もクラミジアと共通して厄介な点だといえるでしょう。
潜伏期間はおおよそ5日程度で、比較的素早く症状が出ます。

こう見ると、罹患する分にはクラミジアとほとんど似たような病気のように見えますが、そうではありません。
この病気は、男性の性器に感染すると非常に鋭い痛みを起こすのです。
かなりの割合の男性が痛みを訴えるので、性病に気がつくのは容易になっています。
男性がピンサロに行って「後悔している」理由は、この淋病に感染するからに他なりません。

人によっては泣き出すほどの激痛になるので、性病にかかったことがすぐわかるようになっています。
更にひどいことに、女性が咽頭に感染した際の自覚はほとんどないので、無自覚に性病を広げてしまっていることも多々あるのです。
治療法は薬剤治療が主ですが、この淋菌はある程度薬剤耐性がついている場合も多く、そのため、医師によっては治療が難航します。
対策としては、明らかに腫れ上がっているお客さんに対しては勇気を持ってサービスを中断することなどが挙げられます。

かからないためにはどうすればいいの?

前述したとおり、ピンサロで性病を防ぐことは困難です。
また、罹患したかどうかさえも曖昧な病気が多く、それゆえにどのタイミングで治療しに行けばいいのかもわかりません。
症状がないのなら放置すればいいのでは、と思う人もいるかもしれません。

しかしながら、放置し続けてしまうと、クラミジアは数多くの合併症を引き起こします。
クラミジアを身体に入れたままですと、色々な性病に感染しやすくなってしまうのです。
例えば、本来であれば性器から喉への感染は起こしづらいはずのHIVなどが挙げられます。
一番怖いのは、自覚症状のないままクラミジアを放置し、数多くの合併症を引き起こすことです。

最悪の場合は、そのまま一生引きずることになってしまうことさえあります。
淋病を放置し続けると、クラミジアと同じく様々な合併症を引き起こします。
炎症を引き起こすこともありますし、ひょんなことから性器へ移る可能性も十分にあるのです。
さらに、淋病は子どもへと遺伝します。

淋菌を放置するのは、自分だけではなく、周囲のためにもならないのです。
このように、性病には極力かからないようにするしかありません。
ピンクしかし、ピンサロで働く以上それは難しいことです。
特に、男性・女性共に自覚症状の薄いクラミジアの感染を避けるのはかなり難しいでしょう。

では、どうするのかといえば、細かいスパンで検査をするしかありません。
少なくとも1カ月に1回は病院へ行き、性病の検査をし、もし罹患しているのであれば治すことを意識しましょう。
また、単純なことですがサービスを終えたあとにしっかりとうがいすることも重要です。
薬剤を使ったうがいをこころがけるだけでも、性病の感染確率を大幅に引き下げることができます。

ピンサロの性病を避けるのは難しい! 協力的なお店が必須

ピンサロは、その環境とサービス上、病気に感染することを避けるのはとても難しいことです。
しかしながら、お店単位で強力してもらえれば、ある程度その感染を防ぐことができます。
まず、消毒液を置いてもらうこと、お客さんの性器をじっくり消毒する時間を与えてもらうことなど、とにかくお店単位で衛生管理に気を使う必要があります。

もちろん、ピンサロ嬢自身もこまめな検査や、早期の治療を心がける必要があるでしょう。
ピンサロは性病に関する取り決めはありません。
なので、もし病気から身を守りたいのであれば、女性自身が身を守らなければならないのです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする