ピンサロで鬼出勤は週何日出勤から?指名に影響ある?

風俗には、独特の言葉が数多く存在しています。
はじめて風俗業界に飛び込んだ人は、業界用語の多さに驚くのではないでしょうか。
「鬼出勤」という言葉もその一つで、この言葉は風俗業界の外ではまず聞かない言葉でしょう。
さて、この鬼出勤という言葉ですが、一体どんな意味なのでしょうか。

答えは簡単で、読んで字の如く、「鬼のように出勤する」という意味です。
つまりは、ほとんど休まずに出勤することを俗に鬼出勤といいます。
もちろんこの言葉はピンサロでも使われており、「あの子は鬼出勤だから……」とか「今週鬼出勤だったから~」といった風に使います。
しかしながら、明確な基準はどこにあるのでしょうか。

以下に「鬼出勤」の基準と、鬼出勤をしたときの影響についてまとめていきたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

鬼出勤は週何日何時間勤務から?

カレンダー鬼出勤と呼ばれるのは、大体昼の仕事と比較して、昼の仕事と同程度或いは昼の仕事以上に出勤している時間が長い場合が多いようです。
つまりは、週5日、8時間以上出勤している場合は「鬼出勤」であると取られます。

もちろん、「鬼出勤」という言葉自体が曖昧なものですから、明確な基準があるわけではありません。
人によっては週4日を超えると鬼出勤に取られてしまいますし、逆にたくさん出勤していても鬼出勤ではないと考える人もいます。
ただ、大多数の人は週40時間以上ですと「鬼出勤である」と取るようです。
風俗は昼の仕事と比べると割の良い仕事ですから、昼の仕事並に働いていると「働きすぎ」と取られてしまうのかもしれませんね。

もちろん、この基準はお店によって大きく異なります。
出稼ぎの間や、人手の足りないお店では週5日の出勤を義務づけられることもあるでしょう。
その場合はお店側からすれば鬼出勤というよりもむしろありがたい存在ですし、周りの女性たちからも鬼出勤だ、と揶揄されることはないでしょう。
しかしながら、お客さんはそうとは限りません。

実は、鬼出勤をしていると最も影響が出るのは、お客さんの心象なのです。
では、鬼出勤はお客さんの心象に対してどのような影響が出るのでしょうか。
下記にまとめていきたいと思います。

鬼出勤をするとどんな影響があるの?

鬼出勤は、基本的にお店側からは歓迎される行為です。
特にピンサロは忙しいので、人手は多ければ多いほど歓迎されます。
しかしながら、前述したようにお客さんの側からはそうではありません。
お客さんは、多くの場合で鬼出勤している嬢を避ける傾向にあります。

加えて、鬼出勤をしていると指名率が下がるということもよく言われているようです。
時給制を取ることの多いピンサロでは指名率の低下=収入の低下であるとはいえませんが、それでもプレイの内指名の占める割合は少ないなります。
それはなぜでしょうか。

プレミア感がなくなる

ほとんどの風俗は、常連の存在から成り立っています。
それはピンサロであっても変わりません。
そして常連のお客さんは、よくホームページや写真パネルを見ます。
それこそ、1週間に何回も見るという人もいるでしょう。

そのとき、いつも同じ顔が並んでいるとどうしても見慣れてしまい、指名をしようとは思えなくなるのです。
お客さんの側に立って考えてみると、「この子はいつもいるし、また後で遊べばいいや」と考えてしまうわけですね。
逆に、たまにしか出勤しない女性ですと、「普段見ないから指名してみよう」と、チャレンジ精神で指名を集めることもできるわけです。
特にピンサロは料金が安いため、普段と違った女性と遊びたいという男性は大勢います。

性病の危険性がある、素人っぽさがなさそうだと考えられる

ウイルスどんな風俗でも性病の危険性はありますが、ピンサロは特に性病の蔓延しやすい環境だといわれています。
鬼出勤しているピンサロ嬢はそれだけプレイをこなす回数が多いわけですから、つまるところ性病に感染している可能性が高いわけです。
実際のところ、きちんと毎回消毒をすれば性病に感染する確率はそれほど高くは無いのですが、お客さんの間に根付いた心象を変えるのはかなり難しいことです。

それを嫌がってあえて鬼出勤嬢を避ける男性も多くなっています。
また、鬼出勤している嬢は男性の求める「素人っぽさ」がなくなっていると考えられるようです。
つまり、指名したところで、お金のため、事務的にプレイをされそうだ、と恐れているわけですね。

「特別な関係」になることが出来ないと思われる

風俗嬢とお客さんの関係は、あくまでもお客さんと奉仕する側の関係でしかないのですが、多くの男性は風俗嬢と「一歩進んだ関係」になりたいと考えています。
友達関係、もしくはもっと進んだ関係……とにかく、お客さんは風俗嬢にとって特別でありたいと思っているのが普通です。
しかしながら、ずっと連勤を続けている女性ですと、「たくさんいるお客さんのうちの1人」になってしまうと思われてしまうのです。
そこまで考えていなくとも、たくさんのお客さんを相手にするせいでおざなりな接客をされてしまうのではないか?と危惧をする男性は少なくありません。
もしくは、ホームページ上に表示されている指名の入らない時間が短いため、不人気嬢なのではないか、なんらかの問題があるのではないか、といぶかしんでしまう人も多いとか。
結果として、鬼出勤嬢の指名率は段々と下がっていってしまうのです。

どうすれば指名率の低下を抑えられるの?

鬼出勤をする以上、「鬼出勤をしている女の子だ」と思われてしまうと、指名率が下がるのはどうしようもありません。
ほとんどのお客さんが鬼出勤嬢を避けている関係上、その意識を根底から変えることは決してできないからです。
しかしながら、「鬼出勤をしているように見せない」ということは女性側でも出来ます。
例えば、指名と予約で埋まっているパターン。

全員が全員出来るわけではありませんが、このパターンであれば事実上は鬼出勤でも、ホームページやパネル上では出勤をしているように見えないので、鬼出勤をしているようには見えません。
それが難しいというのであれば、掛け持ちを増やすということも考えられます。
お店によっては掛け持ちを禁止しているお店もありますが、最近では多くのお店はほかの風俗店との同時勤務を許可しているのです。
よって、今日はこのお店、今日はこのお店……という風に出勤を調整すれば、実質的に週6日働いていたとしても、そのお店の常連からは「週に2日くらいいる女性」としか見えません。

たまにネット上で掛け持ちを流布されることもありますが、よほど広い範囲を掛け持ちしなければ大丈夫でしょう。
このように、風俗でたくさん働く場合は、「鬼出勤に見せない」工夫もある種必要なのです。

お店側の意識も変わる? ピンサロでの鬼出勤のまとめ

ピンクデリヘルやソープといった、成果報酬制のお店では、特に鬼出勤に気をつけなければなりません。
なぜなら、お店のほうも「この子はいつもいるから別の子にフリー客を回そう」という意識になりかねないからです。
とはいえ、ピンサロは時給制を取っているお店も多いため、お茶を引き続けてしまい、収入が全く無くなってしまうということはまずないでしょう。
むしろ、こまめに出勤している嬢はピンサロ店にとってはかなりありがたい存在なので、待遇をより手厚くしてもらえるかもしれません。

そこまで行かなくとも、スタッフとの間に信頼感が生まれるため、働きやすくなるのは確かでしょう。
鬼出勤をする女性の指名率が下がっていくのは確かですが、それは鬼出勤をしているせいでサービスに身が入らなくなってしまう、女性の側にも原因があります。
そのため、もしたくさん働く場合は、1つ1つのサービスがおざなりにならないよう、気をつける必要があるでしょう。
そうすれば、たとえ鬼出勤であっても指名で埋まり、ナンバーに入ることも難しくは無いはずです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする