ピンサロはソープよりも危険?衛生管理と回転率が問題

風俗で働いている女性、もしくは、風俗で働こうとしている女性は性病についてどう思っているでしょうか。
全く気にしていないという人は少ないと思います。
特にソープや、生で素股をするようなお店に勤務している場合は、かなりシビアに衛生管理をしているのではないでしょうか。
加えて、ゴムつきの本番をしているソープは数あれど、生挿入が出来るソープはそれほど多くなく、それがまた希少価値を生み、生で出来れば稼げるといわれることも多々あります。

さて、このように日本の風俗嬢は、性器と性器を擦り合わせる、いわゆる性行為への警戒度は高いようです。
しかしながら一方で、本番行為以外の行為、フェラチオなどに対する警戒度はかなり薄くなっています。
そのせいか、ピンサロは性病的な観点では危険度が非常に高いとよく言われるようです。
なぜピンサロがソープよりも危険だといわれるのか、その理由についてまとめていきたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

なぜピンサロはソープよりも危険だと言われるの?

質問 疑問ピンサロがソープよりも危険だといわれる理由は、性病に感染しやすいからだといわれています。
それは女性側にとっても客にとっても同じで、中にはお店に勤めている女の子が全員性病に罹っているというお店もあるとか。
しかし、そうなると首をかしげている女の子も多いでしょう。

なぜ、基本的にフェラチオしかしないピンサロに性病が蔓延してしまうのでしょうか。
ソープが性病的な観点で「危険だ」といわれるのは理解しやすい話だと思います。
性病を媒介する行為を直接行うわけですから、性病に感染しやすいのは自明の理です。
一方のピンサロでは、性器と性器の接触は基本的にありません。

オプションに素股があるピンサロもあるでしょうが、ほとんどはフェラチオだけのサービスでしょう。
その上でピンサロが危険だといわれるのには理由があります。
それは、ピンサロに来るお客さんの人数が多く、さらに衛生管理をしようとする意識が薄いからです。
どういうことか、詳しく説明します。

まず、人数の話。
単純に考えて、接客する人数が多ければ多いほど、性病に感染する可能性は高まります。
例えばの話、100人に1人が性病を持っているとして、1日に3人接客するのと6人接客するのとでは、性病感染のリスクが大きく異なるでしょう。
ピンサロは回転率が高いため、多くの男性の性器に触れることになります。

さらに「花びら大回転」に代表されるように、1人の男性が複数人の女性を相手することもあるので、女性から男性に性病が感染することも多いのです。
そして、性病に感染した男性は気がつかないまま再び店に来訪、感染が徐々に広がっていく……という負の連鎖が形成されてしまいます。
「フェラチオで性病は移らないんじゃないの?」

そう思ってしまう女性もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。
咽頭クラミジアに代表されるように、性病は喉にも感染します。
当然、喉に潜伏した性病のウィルスは男性の性器に感染してしまうのです。
もちろん、喉から性器、性器から喉に感染する確率は性器同士の接触ほど高くはないかもしれませんが、ピンサロは普通の風俗と比べて接触するお客さんが多いため、結局性病に感染する確率はそれほど違わなくなってしまうのです。

加えて、ピンサロが危険だといわれる理由にはもう1つの理由があります。
それが、衛生面での理由です。
一度でもピンサロで働いたことのある女性はわかるかもしれませんが、ピンサロではほとんどの場合で生フェラを基本サービスとしています。
生フェラをするわけですから、当然のように性病感染の条件である「粘膜同士の接触」を行っているわけです。

加えて、ピンサロでは性病検査を行うことはありません。
なぜなら飲食店ですから、法律上定められた性病検査を行う必要がないわけです。
さらに、ピンサロにはシャワーがなく、口をゆすぐ消毒することもあまり出来ません。
最低限イソジンで消毒する人はいるかもしれませんが、行っているピンサロ嬢は一握りです。

もちろん、ソープやヘルスと違ってお風呂もないので、性病の菌はそのまま。
つまり、ピンサロは大変不衛生で、しかも検査を行っていないため、ソープよりも危険だといわれてしまうのです。
そして、以上の事柄は残念ながら多くのピンサロ店に当てはまっています。
つまり、ピンサロがソープよりもあながち間違っていないのです。

では、ピンサロ店で働くにあたって、性病感染のリスクを抑えるためにはどうすればよいのでしょうか。
以下に、その方法をまとめていきたいと思います。

ピンサロで性病感染のリスクを抑えるためには?

ピンサロで性病感染のリスクを抑えるのは容易ではありません。

上述したように、お店自体が性病を拡散しやすい環境になっているので、そこで働く以上、ある程度のリスクは受け入れなければならないのです。
とはいえ、女性側がある程度自己防衛をすることは不可能ではありません。
以下に、ピンサロで働きたいけれど性病が怖い人向けの防衛作を紹介したいと思います。

1回ごとにうがいをする

シャワーヘッド繰り返しになりますが、ピンサロにはシャワーがありません。
しかしながら、ほとんどのお店ではうがいをする場所があるはずです。
なので、トイレでもなんでも、プレイが1回終わったら薬品でうがいをするのがいいでしょう。
おすすめなのが、ヘルス等でもよく使われているイソジンなどのうがい薬。

これを使って、プレイの合間合間にうがいをすれば、ある程度感染のリスクを抑えることが出来るでしょう。

定期的な性病検査をする

性病検査は、実は5000円程度あれば行うことが出来ます。
なので、1カ月に1回は自分で性病検査をしましょう。

性病を持った状態で接客してしまうと、お客さんに性病をうつしてしまい、そしてまた別の嬢に性病がうつり……と、連鎖してしまうからです。
そして、性病になってしまったら、とりあえず性病が治るまでは休業しましょう。
もちろん、「性病にかかっている状態で出勤しない」というのは、ほかの風俗嬢やお客さんだけではなく、自分の身体を守ることにも繋がるのです。
というのも、ある性病にかかっていると、別の性病にかかる確率が大幅に上昇してしまうのです。

最悪の場合、症状のない性病からHIVに感染してしまうことすらあります。
自分の身体を守るため、必ず定期的な性病検査を行いたいところですね。

体調が悪いときは出勤しない

ベッド「なんとなくダルイ」「微熱がある」という状態のときは、出勤しないようにしましょう。

こういう状態では、免疫力が落ちてしまうため、どうしても性病に感染する危険性が上昇してしまうからです。
性病の中には、感染したときには全く表面に出ず、免疫力が落ちたときに限って顔を出すものもあります。
そうした性病を避けるためにも、調子が悪いときは出来る限り休むようにしましょう。
また、それと同じ理由で、規則正しい生活と食事を送りたいところです。

なぜなら、不規則な生活やバランスの悪い食事は免疫力を低下させてしまうからです。
普段から食事にも気を遣い、免疫力をつけるように留意したいところですね。

ピンサロは危険度高め! だからこそお店は選ぼう

ピンサロは散々述べたように危険度が高めですが、そのぶん、基本的に身体を触られないという利点があります。

ピンサロのほうが性に合っているという女性もいますし、決してピンサロで働いてはいけないということではないのです。
もしピンサロで働くのなら、お店は必ず選ぶようにしましょう。
最低限の衛生管理をしてくれるお店であれば、普通のピンサロよりもぐっと危険度を下げることが出来ます。
もちろん、前述したように自分で防衛手段を講じるのもいいでしょう。

どちらにしろ、風俗で働くときは必ず性病には気を遣いたいところですね。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする