手コキ専門店で掛かる雑費はローション代以外ありますか?

はじめに

風俗店で働く場合、多くのお店で雑費等の費用が風俗嬢に請求されます。
雑費の水準は風俗店の種類によって異なり、風俗店の中で最も請求される雑費額が少額なのが手コキ専門店です。
少ない雑費額で働きたい女性にとって、手コキ店は有力な選択肢となっています。

ここでは、風俗店で雑費が請求される理由と手コキ店で請求される雑費の種類について説明したいと思います。

雑費が多額に請求されると手取額が少なくなる

財布 一般の仕事とは異なり、風俗嬢は風俗店に雇用された従業員ではありません。
独立した立場で働く風俗嬢は仕事において必要な支出について負担しなければならず、雑費などの諸経費をお店から請求されることになっています。
請求される雑費等の金額はお店の業種やランクによって異なり、サービスが充実したお店になるほど高額になります。

雑費が高額なお店に所属すると、女性の手取り額が目減りしてしまうので注意する必要があります。

風俗店と雑費の関係

一般の仕事で働く場合、労働者は会社等に雇用された従業員という立場です。
会社員については仕事に関する出費は会社が負担するのが原則です。
しかし、風俗で働く風俗嬢は異なります。

出来高制で働く風俗嬢はお店に雇用された従業員ではなく、お店の仕事を請け負って働く個人事業主という立場です。
風俗の仕事に関する費用や出費については本来、風俗嬢が負担しなければならないのです。
そこで、仕事で使用する消耗品の出費について、雑費という形で風俗嬢に請求されるようになっています。
請求のされ方についてはお店によって異なりますが、取った仕事の本数や出勤日数に応じて請求される場合が多くなっています。

サービスが充実するほどに雑費額は多額となる

風俗嬢に請求される雑費額については、所属するお店の業種やランクによって異なります。
一般的に、サービスが充実したお店になるほど、風俗店のランクが高くなるほど雑費は高くなります。
サービスが充実してゆくと、仕事において使うローションやマウスウォッシュなどの消耗品の消費も激しくなり、光熱費や施設費も高額となるためです。
また、ランクの高いお店になればなるほど、設備のグレードも高くなるので雑費は高額となります。

さらに、風俗業は派遣型と店舗型に分かれますが、店舗型は個室を使用し、光熱費や清掃費の費用が発生するので、店舗型のお店の方が雑費は高額となります。
そして、雑費以外の項目について風俗嬢に請求される場合があります。
お客さんに出すお茶代や設備使用料、税金名目の費用や店舗スタッフへのボーナスといったものです。
また、風俗嬢の送迎車両の費用などについて、厚生費として請求される場合もあります。

風俗で働く場合には、女性の報酬となるバックばかり気にするものですが、これら雑費等の出費についても馬鹿にできないので注意しなければなりません。

雑費が多額になると、女性の給料が目減りしてしまう

Coin,これら雑費等の負担については女性のバックから天引きされる形となります。
お店のランクが高く店舗型でサービスが充実している高級ソープともなれば、雑費等でかなりの金額が請求されてしまいます。
いくらバックが高いお店に所属できたとしても、高額な雑費が請求されてしまうと女性の手元に残る金額は少なくなってしまいます。

実質的な給料が目減りしてしまうのです。
そこで、雑費やその他の支出項目、いわゆる引かれ物についても注意しなければなりません。
特に、取れる仕事本数が少なければ、相対的に請求される雑費等の金額が重くなってしまいます。
雑費が高額だと場合によってはタダ働きのようになってしまう危険性もあるため、注意する必要があるのです。

手コキ店で請求される雑費は少額

数多くある風俗店の中でもライトサービスなお店が手コキ専門店です。
手コキ店ではサービスが軽い分、使用する消耗品の数も少なく請求される雑費は少額です。
そして雑費以外の支出についても無視できるレベルとなっています。
雑費が少額なお店で働きたい女性にとって、手コキ店は有力な選択肢となっているのです。

雑費がまったく無い手コキ店も多い

手コキ専門店は数多くある風俗店の中でもサービスが軽いお店です。
男女ともに脱衣しないままサービスが行われるため特別な設備も必要ありません。
風俗店につきものの浴室やシャワーが設置されていないお店も多く、基本的に女性が手で男性に奉仕するだけのお店なので、消耗品もあまり消費しません。
そこで、手コキ専門店では雑費そのものの金額は極めて少額に抑えられています。

大半の手コキ店では、そもそも雑費は請求されていません。
また、雑費があるお店でもローションやタオル代として1日1000円程度の金額に抑えられています。
そして、雑費以外の項目の請求もほぼ皆無です。
高級風俗店では1日1万円近く雑費が請求される場合もありますが、手コキ店で請求される雑費額は業界最安値となっているのです。

他の風俗店のように、取った仕事本数に応じてスライド式に雑費額が上昇することもなく、雑費については無視できるレベルなのです。

オプションによって雑費額は変わる場合も

手コキ専門店は基本サービスが軽めに抑えられていますが、オプションを充実させることで高いサービスを提供しているお店もあります。
コンドームを着用したお客さんに対してゴムフェラを提供したり、コスチュームを着て男性客に添い寝しながら手コキしたりするオプションが用意されているお店もあるのです。
このようなお店では、別途、雑費が請求される可能性があります。

コンドーム代やコスプレ衣装の費用が必要となるからです。
ただ、オプションが選択された場合にはオプション料が女性のバックに追加されます。
オプションを理由に雑費が増加した場合であっても、その雑費額を上回る追加報酬が発生するので女性の損になることはありません。

お店に問い合わせることも重要

携帯 女性雑費等、女性に請求される金額についてはお店の経営方針に依るところが大きく、雑費の細目についてはお店によって異なるのが実情です。

実際のところはお店に尋ねなければわからないのです。
詳しくは面接時において店長やスタッフに尋ねるか、意中の手コキ店にメールで問い合わせてみると良いでしょう。
通常のお店であれば、快く教えてもらえるはずです。
逆に、そこで言葉を濁すお店であれば、様々な難癖をつけて女性の手取りから諸経費を差し引こうとする悪徳店の可能性もあるため、避けたほうが賢明です。

また、雑費がないお店でも、無断欠勤等について罰金が科される可能性があります。
そこで、罰金やペナルティーの有無についても確認した方が安心して働けます。
何も知らずに働き始めては、後になって後悔することにも繋がります。
後悔することがないよう、雑費等の引かれ物については、働き始める前に確認すべきなのです。

まとめ

手コキ専門店は風俗の中でも雑費等の支出が少額なお店です。
風俗の世界で働く風俗嬢はお店の従業員ではなく、独立した立場で働く存在であるため、本来、仕事で使用する消耗品や光熱費等の費用については負担しなければなりません。
そこで、風俗嬢に対して風俗店から雑費等が請求されるようになっています。
この雑費は高級風俗店になるほど高額になります。

しかし、サービスが軽めな手コキ風俗店では原則として雑費は請求されず、多い場合でも1日1000円ほどに抑えられています。
ただ、オプションを取った場合に、コスプレ衣装代等が請求される可能性もあります。
詳細については面接時にスタッフに尋ねる必要があります。
ただ、手コキ専門店で働くのであれば、基本的に雑費等の引かれ物については無視できるレベルなので、雑費を避けたい女性にとって手コキ店は最適な選択肢となっているのです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする