イメクラの保証制度を受けるには条件が必要!?

イメクラの求人広告に応募すると風俗店で日給保証などの保証制度があり、待遇がいいので地方都市から安心して出稼ぎができると言われます。
ただ、このような最低保障には条件があり、誇大広告と言われることもあるようです。

どんな条件があるのでしょうか。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

無条件に保証はできない

Coinイメクラの最低保証制度は全くの誇大広告ではなく、条件を満たせば保証があります。
ただ、お店の負担で給料を支払うわけですから、何らかの条件があるのは当然です。
日給保証があるのは、お店の方針通りに働いても最低限の稼ぎが確保できないことに対する一種のお詫びです。

そのため、お店の方針通り働いてくれないイメクラ嬢に保証制度が適用されることはありません。
このことはちょっと考えていただければわかることでしょう。
ただ、他のイメクラ店との競合上条件があると書けません。
女性の応募が極端に少なくなってしまうためです。

そのため、後日誇大広告だと言われることも少なくありません。

保証はお店の負担

ただ、最低保証となる日給保証を支払うのはお店であり、売上のないまま支払をするわけですからお店が身銭を切って支払うことになります。
つまり、お店にとっては損失です。
ただ、まじめに働く女性に対して何の保証もなく、売上がないから支払はありませんと帰すことは女性の離職を招きます。

これを防ぐために最低保障としての日給保証制度を設けているのです。
もっとも売上がないのに支払をするということは、お店の負担になります。
簡単に支払うことができないのは当然でしょう。

きちんと働く女性が対象

女性そのため、イメクラの最低保証はお店の方針通り働いてくれる女性を対象としているのです。

きちんと働いてくれるからお店としても努力に見合った待遇をしてくれるわけです。
最低保証を出す条件はお店によってマチマチでしょう。
しかし、その条件は大差があるわけではありません。
お店が引き留めたいと思うようなイメクラ嬢が最低保証の対象者です。

お店によっては容姿が一定レベル以上であることを条件にしていることもあります。
ただ、たいていは勤務態度などで決めているようです。
不安であれば面接の際に店長さんなどに確認することが大切でしょう。
もし気に入らないようなら、そこで面接を中止して帰ればいいだけのことです。

実際に保証が適用されることは少ない

ただ、実際に最低保証の適用がされて日給保証の支払がされることは多くありません。
条件はお店によってマチマチですが、最低保証の対象となる女性が日給保証の金額を稼げないようなことは通常考えられないからです。
もともと普通に働いていれば稼げるであろう金額を基準にして最低保証の金額は決めています。
台風などで来店者が極端に少ないような特殊要因がない限り、最低保証が適用されて日給保証の支払がされることはありません。

保証条件は?

では実際の保証条件はどのようになっているのでしょうか。
先ほど述べた通り、最低保証の対象者はお店の方針通り働いてくれる女性に限定されます。
いくらイメクラが自由出勤と言っても、週に1日とか、出勤しても2時間程度で帰ってしまう女性に保証は出せません。
出勤日数が少なければ指名は少なくなるでしょうし、出勤時間が短ければ稼ぐことができないためです。

実績

イメクラの最低保証の条件として実績が挙げられることが多いです。
つまり、前月の指名本数や人気ランクが高い事が挙げられるでしょう。
また、最近は写メ日記も盛んなので、この更新回数も最低保証の条件に挙げられることが多くなりました。
必ずしもランカー嬢であることは要求されませんが、ある程度はお客さんから支持されている女性でなければ保証対象にできないイメクラは多いです。

要するに真面目に働いているイメクラ嬢であることが必要だと言えるでしょう。
ただ、新人保証制度を採用しているイメクラは少なくありません。
新人確保はイメクラにとって大切だからです。

勤務日数

自由出勤の意味を取り違えてイメクラに応募する女性は少なくありません。

いくら自由出勤とはいえ、1か月に1日とか、週に1日という出勤では部屋や待機場所の確保も大変です。
しかも、ちょっとした都合で「お休み」と言われるとスケジュールが狂いますし、お店の売上目標も達成できなくなりかねません。
このようなイメクラ嬢は出勤しても指名客が付きません。
フリー客の男性が気に入って指名しようとしてもドタキャンで何回か裏切られたら二度と指名しようとはしないでしょう。

最低限1か月にこれだけ出勤しないと最低保証は適用しないとルールを決めていることは少なくありません。

勤務時間

時計勤務日数も大切ですが、勤務時間も大切です。
昼職との掛け持ちをしている女性も少なくないので仕方ないのですが、夜9時ごろ出勤して翌日の仕事があるからと11時に退店する女性もいます。
この場合、勤務時間は2時間なので稼げないのは当然です。

時間が短ければ最低保証の金額を稼ぐことができる日の方が少ない事もあり得ます。
勤務時間が短いイメクラ嬢に最低保証を出すことができないのは当然と言えるのではないでしょうか。

保証は必要か?

では最低保証は必要ないのでしょうか。
そのようなことはありません。

まじめに働くイメクラ嬢が事情はどうあれ、せっかく出勤したのに報われなければ割に合わないでしょう。
それが最低保証の目的ではないでしょうか。
言い換えれば、そのような理由がなければ最低保証を適用する必要はありません。

保証をアテにする娘は稼げない

最低保証があるからとイメクラに応募してくる女性は入店しても稼げないことが多いです。

これに対し、「最低」だから一種の保険だと考えている女性は稼げる可能性が高いでしょう。
面接の際に最低保証に条件があると聞き、誇大広告だと文句を言う娘は稼げないことがほとんどです。
お店側も採用しないでしょう。
イメクラの給料は自分が接客した男性客の支払額から支払われます。

そのため、保証は稼がないのにもらえるお金です。
そのような金をアテにする娘が稼げないのは当然でしょう。

ランカー嬢は保証不要

最低保証の対象者としてランカー嬢が挙げられます。
実績も勤務日数も勤務時間も問題ないはずで、万が一何らかの事情で稼げなければランカー嬢の責任ではないことが多いです。

このような場合は最低保証を適用する必要があるでしょう。
ただ、実際にランカー嬢に対して最低保証が適用されて日給保証の金額をもらって帰るようなことはありません。
必ずそれ以上の稼ぎがあるはずだからです。
最低保証の金額はそのように決められています。

だから保証は最低限

コイン最低保証は文字通り最低限の日給保証です。
普通に勤務しているイメクラ嬢なら絶対稼げるであろう金額を基にして決めています。
確かに求人広告には日給保証の金額が書いてあり、条件がないように見えるかもしれません。
ただ、そのようなことはおかしいと気づくことも大切ではないでしょうか。

むしろ最低保証の金額をそのお店で普通に働いていたら絶対稼げる金額だと思ったほうがいいでしょう。

まとめ

イメクラの保証制度は条件があるものの明記してしまうと応募者が減るため書かないことが多いです。
そのため、後で誇大広告だと問題になることが少なくありません。

ただ、勤務態度が悪い娘に保証をすると働かずに給料を出すことになりかねません。
そんなことが許されるはずがないことはお分かりでしょう。
イメクラの最低保証は、きちんと働いてくれる娘に対し、お店の客入りが悪い日も最低の稼ぎを出すことが目的です。
お店に貢献しない娘は対象外なことは言うまでありません。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする