セクキャバの祝い金はどんな条件で支払って貰える?

風俗よりもソフトサービスで済み、普通にキャバクラをするよりも稼げると評判になっている風俗ジャンルがセクキャバです。
セクキャバの求人を見ると祝い金を支給なんて文言が多くありますが、それが本当なのかという疑問を持たれている方は多いものです。
ここではセクキャバの祝い金は本当に支払われるのか。
条件などはあるのかについて紹介しましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

祝い金などの多くは女性集めの釣りなことが多い

釣り竿セクキャバのみならず風俗店の多くは求人情報に女の子を集めるための釣り広告(誇大広告)を掲載するケースが多いです。
優良店と呼ばれている風俗店でも祝い金を入店すれば誰でも貰えるというケースはほとんどなく、条件を満たす必要があるというのが一般的です。
どうして誇大求人広告を掲載するのかといえば、やはりその方が女の子が集まりやすいためです。

風俗業界の仕事というのは、やはり一般的な感覚の女性にとってはハードルが高い仕事になります。
風俗業界とまではいかないまでも、一般職などと比べると高額な報酬を貰えるキャバクラなどのナイトワークをまずは一番に考えるものではないでしょうか。
ましてキャバクラでは満足できない「お触りがOK」なセクキャバは、お客さんにとっては嬉しいものの、女性にとってはその分だけ高いハードルになるわけです。
このため普通の待遇をアピールするだけではイマイチ女の子が集まらない。

だからこそ「入店祝い金○○万円贈呈!」なんてオプションをアピールして多くの女性を確保しようとしているわけです。

なぜ条件を設けているのか

なんで祝い金や保証金を受け取るには条件を満たす必要があるのか。
こう思うのは女性側だけの論理ですね。

女の子にそれらのお金を渡すお店側にとっては「条件をつける」ことは当たり前のことです。
例えば本当に入店してもらった時点でお祝い金を渡してしまえばその日一日をなんとかやり過ごして次の日からは出勤しないというアクションも起こされかねません。
高額な入店祝い金を渡す以上は、ある程度にお店の売上に貢献してもらい、少なくても祝い金を支払って赤字にならないように働いてもらう必要があるわけです。
中には最初から支払う気がない悪質店が騙すつもりで詐欺広告を掲載するケースもありますが、優良店でも条件を当たり前に設定しているのは、こういった事情があるからです。

支払ってトンズラされてしまえば、お店にとっては大打撃。
そもそもナイトワークや風俗業界では勤怠に問題がある女の子が多かったり、平気で無断欠勤やそのまま来なくなってしまうなんてケースがザラにあります。
このようなリスクがある女の子に対して無条件で入店したから祝い金を支払うというのはハイリスクな行為であり、風俗店側にとってはメリットがないと感じるのは当然ですね。

よくあるセクキャバでの祝い金支給条件

チェックリストお店によってまちまちですし、そもそも支払う気がなくて詐欺的な広告を掲載しているだけという劣悪店も存在していますが、そういったお店は除外して一般的にセクキャバとして祝い金贈呈を提供している場合の条件にはどのようなものが多いのでしょうか。
まずは出勤日数で条件を設けているセクキャバは多いですね。
在籍をして最低限3ヶ月は在籍し続ける。
その上で1ヶ月の出勤日数が20日以上といったものです。

多いような気もしますが20万円や30万円といった一般職であれば月給に匹敵するような高額な祝い金であることが多いですから、このくらい働いて貢献してくれないと困りますね。
更に1度の出勤あたりの勤務時間は5時間以上というものをプラスして設定しているお店も多いです。
これだけではなく、上記の条件にプラス20日間の勤務日数の中で本指名の本数を○○回以上取らなければならないといったもの。
最後にインターネットの風俗系コンテンツや雑誌などの紙媒体。

お店のホームページでの顔出しなどの露出面がOKでないと支給はされないといった条件を設定しているのが一般的です。
このようにお店によりけりではあるものの、出勤日数+出勤時間+指名本数+メディアへの露出といった4つの条件を全て満たさないと入店祝い金が支払われるケースは少ないと考えて良いでしょう。
普通に考えると出勤面ではクリアすることができそうですが、指名本数やメディアへの露出に関しては抵抗感を感じる女性が多いのではないでしょうか。
最初から支払う気がないセクキャバなどになると、お客さんからのクレームがゼロといったものや、写メ日記などの更新といったもの。

他にも勤怠面での遅刻や欠勤がゼロなどの条件がプラスされ、よりクリアできないような厳しい条件を設定しているものです。

基本的に入店祝い金を狙わないこと

お金 札主に出勤日数や出勤時間、指名本数とメディアへの露出の4つの条件を満たさないと入店祝い金は支払われないケースが多いのですが、一番ネックになるのはやはりメディアへの露出でしょう。
キャバクラなどのナイトワークですらも周囲に働いていることを隠したいと思っている女性は少なくありません。

セクキャバはソフト系とはいえ性風俗店と認知している方も少なくありません。
できれば働いていることを周囲の人間には秘密にしておきたいと思うのは当然です。
メディアへの露出が条件になっているのは、そういった働く女性の弱みに漬け込んだ条件と言わざるを得ませんね。
最初から支払う気がないのであれば、求人広告などに大々的に祝い金支給なんてことは掲載するなと怒る女性も多いのですが、ここまでしなければ人が集まらないというのも現状としてあるのです。

そもそも風俗業界で働いて短期間で目標とする金額を稼ぎたいと思っているなら、入店祝い金などを目当てにはしない方が無難と言えるでしょう。
最初から貰えないものという認識を持って入店すれば、そこまで腹を立てることもありませんし、お店側に不信感を抱くことにも繋がりませんからね。
実際に上記にあるような厳しい条件をクリアしたとして、どのくらいの金額が貰えるのかというと、ぶっちゃけて3万円から5万円前後と言われています。
本当にその日の食費や宿代などにも困窮していて現金が欲しいというのであればありがたい収入ですが、普通に風俗店で働けば1日や2日頑張れば稼ぐことができる報酬ですから、メディア露出などのリスクを犯してまで狙うような報酬ではないといえるでしょう。

ソープランドやヘルスなどでもせいぜい5万円や10万円が相場になりますから、同様のことがいえますね。
これ以上の30万円や50万円といったようなあり得ない入店祝い金を提示しているお店なら、完全に詐欺広告を平気で掲載するセクキャバであると認識して、入店するのは控えた方が良いかもしれません。

コンプライアンスを守る店が少ない

風俗業界も一昔前と比較すると全国にチェーン展開をし、クリーンなイメージで真っ当な営業をしたり、女性キャストを大事に扱ったりするお店が増えました。

しかしながら、一般企業のそれと比較するとコンプライアンス違反を平気で犯しているようなお店も多く、女性に何とか興味を持ってもらい、無理やりにでも入店して働いてもらおうとするお店も珍しくありません。
こういった業界ですから、誇大広告をそのまま信用して後になって騙されたと嘆くよりも、事前に働く側が十分なリサーチをして自分にマッチしたセクキャバを見つけ面接に臨む他方法はナイといえるでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする