前借できる金額はいくら?マットヘルス勤務の借金嬢です

風俗嬢にとって、頼れる手段としてのバンス制度

風俗ファンにとって、濃厚サービスを味わえるマットヘルス。

サービス内容は、男性客にとっては受けが良過ぎますが、奉仕する女性にとっては懸命に仕事しないと給料というか、店から出されるギャラは入って来ません。
風俗店で働く女性は、店だけで働く専業だけでなく、AV嬢もしている人、その他、普段は会社とかで働いているOLさんだったりします。
他と掛け持ちという女性だと、風俗店でバイト感覚で働いても、別に借金とかが在るわけではないでしょう。
それに、給料の前借なんて、別に気にしなくても良いかもしれません。

何しろ、掛け持ちで稼いでいるので、経済的に困窮なんてしません。
しかし、金銭的に困っているキャストを救うためには、少なからずバンス制度を活用することだってあるのです。

バンス制度とは

借金会社で働いているOLさんや、凄腕の経理ウーマンとかが、給料日までの生活費を工面すべく、給料の前渡しを会社に懇願することがあります。

小規模な会社さんであれば、社長さんが
「しょうがないよね、●●クンは、いつも、ウチらのために頑張ってるし、何とかしてあげるよ。
但し、給料日には、全額は相殺(互いに借金が在る場合に、対等額でチャラにさせること)するから」と、OLさんに対して、温情という意味で、前渡し(前借)をしてくれるかもしれません。
雇用関係にある場合、OLさんは会社に対して借金をするわけではなく、(小規模な企業だと)会社側はOLさんの申し出を無条件で受け入れてくれるかもしれません。

しかし、風俗店は、そんなわけにはいきません。
風俗店の求人(店とキャストの関係)は、個人タクシーみたいな、いわゆる、業務委託の関係となります。
雇用関係なんて存在せず、年金や保険証とかは全てキャスト個人が負担しなくてはいけません。
それに、細かい指示なんてなく、自分の頭で稼がないといけません。

報酬の前借制度として、バンスというものが在ります。
これは、キャストが店に対して借金をすることになります。
店とキャストの関係は、高度な信用関係で成り立ってることになりますので、借金をすることは「私は、信用取引するんだ!」という意気込みを持たないといけません。

バンスできる条件

大阪市のミナミ地区や、横浜市の曙町地区には、店舗型のマットヘルス業者が点在しています。
これらのエリアは、風俗ファンにとっては濃厚なサービスが受けれますし、働くキャストのレベルは「高いです」ということになってます。
そのため、このエリアは人気が高く、高収入を稼ぐ風俗アイドルは多いです。
人気エリアで稼げる風俗嬢は、ビジネスマナーが良くて、客受けは非常に良いです。

好感度は高く、リピート率だって高いです。
ただ、そんな立場にあるキャストだって、手持ちの財産が乏しく、店から前渡しされたい、と思うことだってあります。
バンス制度は、キャストが店からお金を借りることであり、金銭の消費貸借関係が成立します。
店が、「私どもの店舗は、本業以外に、貸金業法の届出を済ませており、消費者金融もしてます」という場合は、キャストはお金を借りた場合は、貸金業法や利息制限法といった、全うな法律に従って、利息を含めた額を店に返納しないといけません。

貸金業の届出が無い場合、基本的には、店とキャストとの関係は、一般的なお金の貸し借り関係となるでしょう。
が、しかし。
キャストは個人事業主であり、利息は当然に発生するものです。
企業同士がお金の貸し借りをする場合、利息は年利で6%扱いとなります。

無利子となる場合は少なく、現実はあまくないんです。
バンス制度を受けるには、店が出した提案をキャストが無条件で受け入れしなくてはいけません。
条件としては、・借金をした以上、一定の期間は休み無しで出場してほしい
・開店から閉店まで、フル稼働して
・とにかく、1年以上は在籍するように
という場合が、一般的となっています。
風俗店で働く場合、社会人であっても、本人確認書類の提出は義務になっています。
身元が確認できる人でなくては、風俗店では働けないですし、風営法では義務となっています。

決死の覚悟がなければ、借金返済なんてできません。
バンスを活用する場合、事前に、「どうすれば、返済し易くなるんですか」と、責任者に相談の上、決めないとダメです。
店が、「●●さんさ、どうして、ウチからお金を借りたいのかな?」

とキャストに質問をすることになります。
そうすると、キャストは事情を正直に話さないといけません。
また、バンスがし易い条件も在るので、これは注目すべきでしょう。
・ルックスが良く、それに容姿が良い場合
・一番目に該当もしくはそうでない場合でも、客受けが良い場合
こんな場合だと、店は「この娘なら、ウチにとっても、戦力になるからね。
よし、お金を出しても良いかな」と思うでしょう。
また、無利子で貸してくれる、仏様のような心を持った店もありますし、金銭の消費貸借関係が成立したからには、頑張らなくてはなりません。

マットヘルス店の場合、客受けが良くて、痴女プレイで人気が高い人だと、店は20万円以上の額をぽんっと出してくれるでしょう。
看板娘に対しては、店は惜しむことなく、救いの手を差し伸べてくれます。

バンスの相場・【金額)万円

日本 お金若いキャストに対しては、店側は10~20万円程度が貸せる額の限度となるでしょう。

お金の貸し借りは、高度な信用関係がなくては成立しないです。
それに、無利子でお金を貸すからには、キャストに対して、返済するまでは働いてもらわなくてはいけないのです。
バンスを受けるキャストが、「客受けが悪い人」であれば、店側は利用者からの苦情を受けた場合、その人を厳重注意するでしょう。
いや、というよりも、客受け悪いキャストなんて、人間そのものがダメだったりします。

「ねぇさー、私、こう見えてもねぇ」と、19歳の女子大生で借金額が多いキャストに対して、利用者は愛想を尽かすでしょう。
客としては「こんな、礼儀知らずで馴れ馴れしいのと遊んで、ムダな時間を過ごした!」と店に苦情を言うと、そのキャストは次回以降は、仕事が回ってこないでしょう。
「6時間以上待機した場合、収入の最低保証は出しますよ」という店ならともかく、普通の店では「待機時間が長いと、収入保証します」なんてルールは、設定しないのが一般的です。
「私は、店から借金をしたんだし。

こうなったら、何としても頑張らなくっちゃ!それに、私って、客受けは良いし、お金のため、って割り切ってサービス提供してるし、大丈夫だよね?」
と自分に言い聞かしているキャストだと、問題なく借金返済出来るはずです。

30歳以上の、いわゆる熟女の場合、バンスできる額は低くなるようです。
AV嬢としても活躍してる人気嬢だと、20万円位は店が「せめてもの情けだし、貴女って、人気あるし」ということで、ポンっと出してくれるでしょう。
ルックスが良くて、客受けも良い熟女であれば、ある程度は問題無さそうです。
AV嬢で知名度が高く、実績がある人だと、熟女でも、ポンっと20万円以上は出してくれるかもしれません。

財布ただ、熟女となると、出してくれる額は10万円以下という場合が少なくないです。
風俗店は若さが勝負、なキャストが多く、若い人と対等な立場で稼ぐためには、テクが秀でてる人でないといけません。
勿論、手抜きは厳禁ですし、馴れ馴れしい接客をすると苦情を言うのは、火事になるよりも明らか、です。

まとめ

バンス制度は、金銭的に困ってる専業者(要するに、風俗店でだけ活躍してる場合、です)にとっては救いとなるでしょう。
専業者だけでなく、兼業者だと、AV嬢として活躍している嬢で、人気が高い人だと店側は「この人なら、大丈夫でしょ」と思って、お金を貸してくれるでしょう。
風俗店は、客からの受けの良し悪しで運営されている面があります。
客受けが悪いキャストに対して、店は信用しなくなるのは当然です。

それに、「ウチの店は、待機時間が長い人には、最低保証を出します」という場合、それなりに安心できるかもしれません。
ただ、お金を借りた以上は、1年以上は在籍しないといけませんし、閉店まで居ないといけません。
それに、出番は基本的に毎日、となります。
店からお金を借りる以上、それなりの覚悟がなければなりません。

客受けが良いキャストなら問題ないですが、そうでない人は自分自身を悔い改め、人気嬢になる位の覚悟を持って臨まないと、借金地獄になってしまいます。
マットプレイが楽しめる店の場合、リピート率が高い人については、バンス制度は適用され易くなります。
それは、本人の努力次第、です。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする