昼職とセクキャバを掛け持ちするなら土日出勤がおすすめ!

昼職とセクキャバを掛け持ちして働きたいと考えているのならば、出勤は無理のないようにしましょう。
どちらも頑張ろうと張り切ると身も心も持ちません。
一番効率が良く、リスクが少ないのは土日出勤です。

それは何故でしょうか、そしてもっと稼ぎたい場合はどうすればいいのでしょうか?

昼職との掛け持ち風俗嬢は意外と多い

割合風俗嬢の中には昼職と掛け持ちで働いている人がかなりいます。
理由は昼職の給料や手取りが少なすぎるけれど、転職もままならない、だけどもっと貯金をしたい、借金がある、欲しいものがある、余裕が欲しい、遊びたいなど多岐に渡ります。
若い女性ならば昼職よりも風俗嬢になった方が圧倒的に給料は良いです。

しかも、給料は日払い手渡しです。
しかし、風俗嬢はずっと安定して稼ぎ続けることができるような業種ではありません。
社会的な地位も高くありません。
なので、手堅い昼職をこなしつつ、風俗嬢で副収入を得るという働き方をする女性が多いのです。

掛け持ちにはセクキャバが人気

昼職との掛け持ちで人気が高い仕事の1つがセクキャバです。
ヘルスと違い、裸になったり、下半身を使ったりしたサービスはありません。
初対面のお客さんと密室になることもありません。
また、完全な歩合制ではなく、時給制プラス歩合制なので、ある程度収入が安定します。

キャバクラのような厳しいノルマもありませんし、自ら積極的な営業をする必要もそれほどありません。

土日出勤でリスク回避を

昼職とセクキャバを掛け持ちしている人は収入については良くなりますが、様々なリスクや負担を追うことができます。
しかし、出勤を平日ではなく土日にすることである程度回避したり、軽減したりすることができます。

会社とは違うエリアで働ける

平日の仕事上がりにセクキャバに出勤しようとすると、どうしても会社の近くのエリアで働かなくてはならなくなってしまいます。

となると、会社の関係者に目撃されかねず、会社バレのリスクが高くなってしまいます。
土日出勤ならば会社とは全然違うエリアのセクキャバに出勤することができます。

急な残業などに悩まされずに済む

昼職の後にセクキャバで働くことにしていると、昼職の急な残業などでセクキャバのシフトを守れないということが起こってしまうかもしれません。
昼職の残業を頻繁に断っていたり、定時近くになると毎回ソワソワしていては評価を落としてしまいますし、セクキャバはノルマが厳しくなくても遅刻や当欠は嫌がられます。

どちらの職場でも居心地の悪い思いをすることになってしまうでしょう。
平日は昼職、土日はセクキャバに専念したほうがどちらにも集中できます。

寝不足を回避しやすい

昼間は昼職、夜はセクキャバ、そしてまた朝から出勤という生活は睡眠不足になりやすいです。
続けていると肉体的、精神的に疲労がたまっていきます。

寝不足は仕事の効率を下げますし、美容にも悪いです。
結局昼職もセクキャバもいい加減な仕事しかできなくなってしまいます。

荷物を持ち歩かなくて良い

バッグ 女性いくらお店でロッカーを与えられていたからと言っても、平日、昼職の後に出勤しようとするならば仕事関係の荷物を持ち歩かなければなりません。
昼職も持ってくるにはふさわしくないようなアクセサリーや化粧道具などを見られてしまうと不審に思われたり、良からぬ噂の原因になってしまったりすることがあります。

土日のセクキャバは稼げる

昼職との掛け持ちでそれほど頻繁に出勤できないならば効率的に稼げる日に出勤するようにしましょう。
土日は稼ぎ時です。

客入りが良い

土日は客入りが良いです。
どうせ出勤するのならば平日にお茶を引いているよりも土日に入ってたくさん接客をしましょう。

お店からも歓迎される

土日は客入りが良いうえに、専業で働いているセクキャバ嬢は土日を休むことを好む人も多いので、頻繁な出勤ができなくても土日に確実に出勤ができるということでお店から歓迎されたり、重宝されたりしやすいことがあります。

長時間働くことができる

セクキャバは時給制とはいえ、通勤時間、身支度の時間にはお給料は発生しません。
平日、昼職が終わってから1時間かけて移動し、30分かけて身支度をして3時間働いてまた1時間かけて帰宅するよりも、土日にオーラスで働いた方が効率は良いです。
メイクもヘアセットも一回で済みます。

固定客を作りやすい

平日に時々出勤してくるセクキャバ嬢よりも、土日に行けば確実に会えるセクキャバ嬢の方が固定客を作りやすいです。
セクキャバは指名を受けることができればその分稼ぐことができます。

昼職とセクキャバの掛け持ちは無理のないように

昼職とセクキャバの掛け持ちをするときには無理のないようにしましょう。

目標を明確に

風俗に限らず、仕事の掛け持ちというのは大変なことです。

続けていくためには、両立するためには目標を明確にしましょう。
貯金額を決めるのもおすすめです。

ズルズルと続けない

昼職とセクキャバの両立は平日に働くよりも土日の方が負担もリスクも少ないです。
しかし、いつまでもやるものではりません。

長いこと続けていると疲労が溜まったり、会社バレのリスクが上がってしまったりするでしょう。

昼職をおろそかにしない

パソコン 女性セクキャバの給料は昼職の給料よりもはるかに良いです。
なので金銭感覚が狂ったり、昼職であくせく働いていたりするのがバカらしくなってしまうかもしれません。
しかし、セクキャバはいつまでも稼げる仕事ではありませんし、社会的な信用もありません。

人生において助けとなるのは昼職のほうです。
セクキャバである程度稼げたり、セクキャバの方が楽しかったりしても安易に昼職をおろそかにしたり、手放したりしないようにしましょう。

我武者羅になると両方を失うことも

切羽詰まった事情があったりすると、昼職もセクキャバもとにかく頑張らなければと思ってしまいがちですが、どちらも我武者羅に頑張り過ぎると結局疲労がたまり、どちらも中途半端になったり、健康を損なったりしてしまいます。
働けなくなってしまえば本末転倒です。

十分な休養を取った上で働きましょう。

昼職の給料が悪すぎるならば転職の検討も

昼職の給料が悪すぎてセクキャバをしているのならば、転職の検討も視野にしれましょう。
セクキャバは何度も述べたようにいつまでもできる仕事ではありませんし、リスクも高いです。
セクキャバに務めている時間を転職活動や資格試験の勉強にあてることで、より充実した昼職を手に入れることができるかもしれません。

最初は無理をせず

どんな仕事でも慣れるまでが大変です。
昼職とセクキャバを掛け持ちするならば最初は無理をせず、許されるのなら土日のどちらか1日、短時間から勤務をしてみましょう。
慣れて来たら働く日や時間を徐々に増やしていきましょう。
最初から欲張り過ぎたり結果を求めすぎたりしても得られるも空回りしてしまいがちです。

昼職とセクキャバを掛け持ちは無理のないスケジュールで

昼職とセクキャバを掛け持ちするのならば欲張り過ぎは禁物です。
平日出勤よりも土日出勤の方がおすすめです。
土日出勤ならば平日の休養時間は十分にとれます。

平日は昼職に、土日はセクキャバに専念することができます。
また、会社から離れたお店で働くことができるので、会社バレのリスクも下げることができます。
昼職もセクキャバもどちらもしっかりこなそうとすると疲労がたまり、結局どちらも中途半端になったり、低い評価しか得られなくなってしまったりしかかねません。
二兎を追うもの一兎を得ずとの言葉もあります。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする