SM嬢は不正出血したら絶対病院へ!理由とプレイ内容

風俗嬢として働いていると多くのお客さんから女性器を触られることになります。
その分性病の可能性が高くなることから病院に足を運ぶ回数が多くなりますが、SM風俗店で働いていると気に掛けなくてはいけない点が性病のみではないという事を覚えておくようにして下さい。
SM嬢の方が性病と同じくらい気を付けなくてはいけないのが不正出血です。

生理でもないのに女性器から出血が起こることを不正出血と言いますが、SM嬢の方はとにかく不正出血を確認したら病院に行くようにしましょう。
その理由と関連するプレイ内容に関してご紹介したいと思います。

M嬢には不正出血の危険性が高い

血液不正出血が起こる原因は様々ですが、SM風俗店で働く際には特にM嬢の方に不正出血の危険性があると言えます。

今現在働いている女性でしたらお分かりいただけると思いますが、SM風俗店は基本的に新人が最初からS嬢になるという事はございません。
SM風俗店ですのでS気質のお客さんに対応できるようにMにならなくてはいけないこともございますし、反対にM気質のお客さんを楽しませることが出来るようにSになって責めることも出来なくてはいけません。
専門的に覚えなくてはいけない事、プレイ内容から立ち居振る舞いまで気を付けなくてはいけない事が通常の風俗店よりも多い点がSM風俗店の特徴となりますが、まずM嬢となって責められる側の心理状態をちゃんと理解する必要がございます。
自分がMに回ってどういったプレイは気持ち良くないのか、嬉しくなくて興奮しないのか。

逆にどういったプレイなら興奮する傾向にあるのか、喜ぶのかと言った事を知らないと決して責める側に回ったところでお客さんを満足させることは出来ません。
そういった観点から新人は最初M嬢として働き、数カ月の勤務を経てMのツボをある程度理解する事ができましたらS嬢として働くことが許されるようになります。
そしてもちろん風俗嬢として働く以上は、実践を経て経験を積んでいくしか方法はございません。
昼職の様に付きっきりで先輩から指導を受けて一人前認定を貰ってから現場に出ると言った事はございませんので、講習を終えたその次にはもうお客さんの前に立ちプレイに従事することになります。

講習を受けているとはいえ、右も左も分からない状態でいきなりお客さんから責められなくてはいけなくなります。
お客さんの顔色を伺いながらプレイに準じることになると思いますが、実際プライベートでSMプレイをしたことがある女性はかなり稀だと言えるのではないでしょうか。
そこにM嬢が不正出血をしてしまう危険性があると言えます。
どのくらいの痛みが許容範囲なのか、どれくらい責められてもM気質の方は問題がないのか、どれくらい激しくされたら興奮を覚えるのか。

判断する上で基準となる点が一切ございません。
M, アルファベット自分の感覚でM嬢を演じなくてはいけなくなるのです。
元々M気質の強い女性でしたら本格的なSMプレイにもいきなり対応する事ができると思いますし、楽しみながらM嬢を演じる事ができると思いますが、一般的なM気質くらいの女性でしたらSMクラブに足を運ぶようなS気質の男性が行うプレイに快感を覚える事は難しいと思います。
その実体験から自身のM気質が開花する可能性もございますが、初めての出勤で初めての接客となりますと緊張も相まってそれどころではないのではないでしょうか。

結果として、生粋のM嬢であったとしても遠慮したくなる様な痛みを伴うプレイであったとしても、我慢してお客さんを悦ばせようと考えてしまう傾向にございます。
鞭で叩かれたり蝋を垂らされたりするくらいでは直接不正出血の原因になるとは断定できませんが、過度のストレスを感じるとすぐにではなくても不正出血が起こる可能性がございます。
更に、バイブなどの玩具を使用して女性器を責めるプレイも多くのお客さんが好むプレイとなります。
通常の性行為の様に1つのバイブで弄られるくらいでしたらよほど強引なプレイをされない限りは不正出血の可能性は低いと思いますが、SM風俗店では2本3本のバイブを同時に使用されることもございます。

無理矢理女性器にねじ込もうとするような男性もいらっしゃいますし、痛がっていてもそういうプレイだからと考え、興奮してしまい止めてもらえないこともあることでしょう。
見方によってはお客さんの傲慢なプレイを受けなくてはいけないM嬢の方に、不正出血の危険性があることがお分かりいただけるのではないでしょうか。
自身がS嬢となってM気質のお客さんを責める立場に回れば、まず女性器を弄られることも責められることもございませんので安心できると思いますが、M嬢の方は常に不正出血の危険性と隣り合わせに働かなくてはいけないことになります。
特に痛みを我慢してしまう傾向にある新人期間はその危険性がより高くなってしまうと言えますので、過度に我慢してしまう事の無いようにプレイを行うようにして下さい。

ピルの服用と定期的な検診

薬M嬢の方がどれだけ不正出血の危険性があるかお分かりいただけたところで、働く風俗嬢の方が行う事ができる対策法に関してもご説明したいと思います。
まず冒頭で性病の危険性があることから定期的に病院に通うよう進言いたしましたが、不正出血でも定期的に病気の原因となる様な出血が無いか検査を受けるようにして下さい。
特に生理でもないのに織物や海綿を使用して誤魔化してしまうと、後々重大な病気が発覚することになりますので、決して疎かにすることの無いように気を付けて下さい。

不正出血とは少し違ってきますが、生理中の過剰出血にも気を配るようにしましょう。
ピルを服用すれば出血の量を抑える事が出来ますし、生理の周期も安定させることが出来ますので出来れば服用をオススメ致しますが、服用しなかったとしても生理時の出血量が異常に多く感じられたら病院に行くようにして下さい。
生理時の過剰出血は多くの女性が発症していると言われている子宮筋腫の可能性がございます。
腫瘍と言っても良性の腫瘍となりますので、命の危険があるような病気とは言えませんが、4人に1人の女性が抱えている病気とも言われているくらいにポピュラーな病気となります。

生理時に強い痛みを伴ったり日常生活に支障をきたすようになると、最終的に手術して腫瘍を摘出しなくてはいけなくなりますので、自身の生理時の様子も観察するようにしましょう。

まとめ

SM風俗店で働いている際に不正出血したらどういった危険性があるのか、その原因と対処法に関してご紹介いたしましたが、不正出血はホルモンバランスの乱れが主な原因となって発生する事象となります。
決して風俗嬢として働いているわけではないという女性でも不正出血してしまう事はございますので、性的サービスを日々行っている風俗嬢の方は一般女性の数倍から数十倍不正出血する可能性があると言えるのではないでしょうか。

婦人科に足を運んだことの無い女性でしたら少し腰が引けてしまうかもしれませんが、婦人科の医師の方はそういった女性が置かれている状況に関しても理解を示してくれる方が多くいらっしゃいます。
長期的にSM嬢として働くならかかりつけの病院を作っておいた方が何かと便利に感じられると思いますので、面倒に感じられても定期的に通うようにしましょう。
健康な身体を維持しつつ、人気のSM嬢目指して働くようにして下さい。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする