ピンサロってアナル舐めもあるの?断っても問題ない?

「アナル舐めはちょっと苦手なんだけで……」
「アナル舐めはやってないって言ったのに、しつこいお客さんだった」
「アナル舐め断ったらトラブルにならないかな?」
ピンサロにアナル舐めのサービスが含まれているケースはあります。
しかし、含まれていないピンサロ店でも、お客さんに求められることがあります。

正直断ってしまいたい風俗嬢も多いプレイです。
高級店であれば、手厚さのアピールのために多少なら無理をしてもいいでしょう。
しかし、ピンサロ店ならアナル舐めが無理という風俗嬢なら無理をするほどではありません。
体調管理の面でも体が弱ければ、あるいは体調不良時は避けるべきであります。

本文中ではアナル舐めについてまとめていき、あわせてプレイの断り方などを説明します。

ピンサロの提供サービス

ピンクピンサロの基本サービスにはアナル舐めのプレイがない風俗店が多いでしょう。
本来の意味で、あるいは建前としてピンサロで提供するのは飲食物です。

法律的にはピンクサロンは飲食店となっています。
ピンサロは飲食店であるとして、風俗店の進出が禁止されている地域にも出店することができます。
一方で建前上は飲食店であるため、個室やシャワーを設置することはできません。
最近では日本中に広がり、特に繁華街を中心にその存在が確認できます。

ピンサロ嬢として働く場合は、場所を選ばずに働くことができるでしょう。
もっとも、御存知の通り建前は建前であり、ピンサロ店では性的サービスが提供されています。
しかし、提供するサービスはデリヘルなどと比べて限られています。
特に風俗業界においては、本番が存在しない業種になります。

一般的なサービスとしては、フェラチオや手コキを中心としています。
その他、基本サービスとしてよく確認できるものに、キスやスキンシップ(胸タッチ)、手コキやフェラチオなどです。
基本サービスというのは風俗嬢に何も言わなくても堪能できるプレイとなります。
一方で、ピンサロの店舗別にみると、アナル舐めやスマタ、クンニなどがプレイ内容に含まれる風俗店もあります。

もしも、勤めているピンサロ店でサービスとして、敢えてアナル舐めを含めていた場合は、応じなければいけないでしょう。
もっとも、それでも嫌であればスタッフと相談が必要です。

やりたくないプレイ上位「アナル舐め」

アナル舐めはやりたくない風俗嬢のほうが、間違いなく多いでしょう。

イメージとしては「不潔」となります。
実際、尻の穴などは不潔に決まっています。
どんな人であれ、大腸菌を始めとした雑菌の温床でしょう。
はっきりと病気になることは少ないかもしれませんが、雑菌由来で微熱くらいは出ることもあるかもしれません。

また、アナル舐めという行為に対して、生理的な嫌悪感もあるでしょう。
しかし、男性客からは意外と多く要求されてしまうものです。
さて、風俗嬢はアナル舐めをするべきでしょうか?
高給風俗店なら「あり」、ピンサロなら「女の子次第」が答えのような気がします。

アナル舐めで指名は増えるかも

上 矢印一部の男性客にとってアナル舐めは嬉しいものでしょう。
しかし、男性客によっては断られても「あ、そう」程度だったりします。
ピンサロならあまり執着しないお客さんが多い印象です。

アナル舐めにこだわる男性の絶対数は少ないものの、根強いニーズが有るのも事実です。
アナル舐めそのものはAVあたりから知られるようになった気がします。
AVは通常のプレイでは出来ないようなこともしています。
「本気にされても……」という考え方もありますが、アナル舐めが知れてきたことによって、興味を持った男性が現れたことも事実です。

アナル舐めに応じた結果として、リピーターになる可能性はあるでしょう。
例外的に、もし応じられるのなら、花びら回転コースがあるピンサロ店では、3回戦目のお客さんなどに用いられる、やや切り札的存在にできるかもしれません。
もう、だいぶイカないような状態のためです。

アナル舐めは断ってもいい

風俗嬢にとっても嫌なプレイはあります。
「嫌なものはできない」は仕方のないところでしょう。
ましてやピンサロには、そこまでディープなプレイは求められません。
アナル舐めをディープなプレイではないと考えるお客さん(あるいは風俗嬢)がいるかもしれませんが、実際はディープよりのプレイです。

最近、パートナーとのセックスならフェラやクンニどころかアナル舐めも有名になってきましたが、アナル舐めは毎日他人にやるようなプレイではありません。
ピンサロであれ、デリヘルであれ、風俗嬢は接客業であり、体を張って仕事を行っているプロフェッショナルです。
まさに、風俗嬢にとっては体が資本と言えるでしょう。
容姿だけでなく体調を含めて商品と言っても過言ではありません。

体を磨くことは商品を磨くこと、全ての風俗嬢が徹底しているわけではありませんが、長く多く稼ぐ風俗嬢は体に気を使います。
容姿を磨けば指名を多く得られるかもしれませんし、体調管理を徹底すれば長く稼ぐことができるでしょう。
衛生管理については風俗店側の問題でもありますが、自己管理も必要になります。
そういう意味ではアナル舐めをサービスの一覧に入れることが、衛生管理を徹底しているかは厳密には疑問でしょう。

まずは、風俗嬢がアナル舐めNGの場合は、勤めるお店選びの時点で気をつけるようにしましょう。
また、サービスに入っていないお店であっても、お客さんはアナル舐めを求めてくることがあります。
お客さんを満足させたいという熱心な風俗嬢はいるかもしれませんが、どうしてもNGな人もいるでしょう。
やらなくてもいいアナル舐めを求められたとしても、「やっぱり、できないな」と思った場合はやらなくても良いでしょう。

なによりも、体調管理が心配な場合は断るべきです。
体が弱いと自覚する場合は特に必要でしょう。

アナル舐めの断り方は?

No, 拒否ピンサロ店の基本メニューにアナル舐めが含まれている場合は、お客さんお要望を断ることが難しいでしょう。

絶対に嫌だと言う場合には、働くお店を選ぶ段階から気をつけることが必要です。
あるいはお店を選ぶ段階で、スタッフに相談することが必須でしょう。
では、アナル舐めが基本メニューに含まれていない場合はどうでしょうか?
お客さんがそれでも求めてきている場合に、どう断るのが問題はないでしょうか?

先にも書きましたが、意外にすんなりと引き下がってくれるお客さんもいます。
まずは「やったことがなくて~~」とか「ごめんなさい、今日はだめ~~」とか「アナル舐めはやってないです」と言ってみるのもいいでしょう。
この場合はラッキーだと思います。
変に風俗遊びに慣れたお客さんは、そうはいかないことも多々あるでしょう。

おすすめの方法は「アナル舐めのかわりに◯◯をするから~」などと代替案を出すことです。
もちろん、お客さんとトラブルというほどではありませんが、語気を荒くされる程度のことはあり得るでしょう。
そのようなお客さんとも遭遇してしまうのが風俗業界です。
リピーターになって貰う必要もないでしょう。

仕方がないなと思って流していきましょう。

まとめ

ピンサロ店におけるアナル舐めについてまとめてきました。
アナル舐めを苦手とする場合は、ピンサロ店なら断るかなという人が多いでしょう。

アナル舐めを断れないのは、お店の基本サービスとして含まれている場合です。
アナル舐めが絶対NGの場合はお店選びの段階から気をつけましょう
生理的嫌悪感以外にも、体が弱い場合や体調不良のときは体調管理の面では断ることも必要です。
アナル舐めプレイの断り方は大事ですが、風俗業界ではいろいろなお客さんと会いますので、気に入られなかったら仕方ない程度に考えて次に行きましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする