リストカットとかメンヘラが多い業種はピンサロって言われる理由

風俗嬢の中にはリストカットの傷跡がある人やメンヘラ気味の人が意外と多くいるものなのですが、数ある風俗店の中でも特にピンサロにリスカ痕のある女性が集中する傾向があります。
というのも、ソープやデリヘルなどの仕事と違い、ピンサロの風俗バイトは他と比べて面接の基準が緩く、採用されやすいなどの特徴があるからです。

リストカットとメンヘラの求人

女性 腕大企業の正社員の場合、学歴や職歴、資格、年齢、人格などを理由に不採用になることもあります。
まさに大企業の正社員やOLになれる人というのは本当に一握りの人たちだけなのです。
それに比べ、低時給のバイトともなると、余程の理由でもない限りまず不採用にはなりません。
ただ、リストカットの傷跡や、メンヘラの特徴を備えている女性の場合、たとえ採用されやすい低時給なバイトであっても面接で落される可能性があります。

いくらバイトの求人は採用されやすいといっても、面接時間に遅刻してくる人や、会話が通じない人、今までの職歴を曖昧にするなどして過去の経歴を明かさない人、そして過去に莫大な借金を抱えたり、会社に損害を与えたことがある人というのは不採用になりやすいです。
メンヘラやリスカの傷跡のある女性の中には長らく仕事に就けなかった人や、過去に他人には明かせないような体験をした人もいます。
さらに、本人のメンヘラな性格が災いして面接官から不審に思われ、不採用になってしまうこともあるでしょう。
今の日本は少子高齢化が進んでいるせいか、どこの企業も人手不足です。

多少、性格に難があっても採用してくれる企業は多くあるものです。
しかし、それでも会社に損害を与える恐れのある人は採用したくないでしょう。
メンヘラの女性やリスカの痕跡のある女性はどうしても面接官側からすると、問題のある人物に見えてしまうだけに、たとえパートやバイトの求人であっても不採用になりやすいのです。
では、リスカの傷跡のある女性やメンヘラ気味の女性は仕事に就けないのかというと、そんなことはありません。

確かに低時給なバイトでは不採用になるかもしれませんが、風俗の世界はメンヘラやリスカの傷跡のある女性に対しても門戸を開いていることが多く、求人に応募すると採用されやすいです。
特に、ピンサロはリスカの傷跡のある女性でも採用されやすい風俗店となります。

ピンサロがオススメな理由

Ok, Good世の中には数多くの風俗店があるにも関わらず、なぜピンサロは他の風俗店と比べてリスカの傷跡のある女性であっても採用されやすく、オススメとなるのでしょうか?

その理由としてまず、ピンサロは全体的に採用の基準が緩いといった特徴があります。
ピンサロは風俗店次第では容姿を問わず、ブスやぽっちゃりでも積極的に採用してくれることもあります。
リストカットやメンヘラも同様で、普通のバイトだったら不採用にするような女性でもピンサロならば採用される可能性が高いです。
ちなみに、いくら風俗店はメンヘラやリスカ痕のある女性にも寛容といっても、デリヘルの高級店のような、面接の基準が高い風俗店ともなると、メンヘラやリスカ痕のある女性だけでなく、妊娠線やタトゥーのある女性も不採用になりやすいです。

面接の基準が緩い理由

ピンサロの面接基準が緩い理由として、まずピンサロ店は他の風俗店よりも回転率が高く、沢山のお客さんが来るからという特徴があります。
なにしろピンサロは他の風俗店と比べて料金が安めに設定されているため、低所得なお客さんでも利用しやすく、日々多くのお客さんがやって来ます。
にも関わらず、採用基準を高め、次々と容姿にコンプレックスのある女性や、メンヘラの女性、リスカ痕のある女性を不採用にしていたら、やがて需要に対して供給が追い付かず、接客できなくなる恐れがあります。

それならば、たとえブスやぽっちゃりでも沢山採用しておいて、一人でも多く接客してくれた方がお店側にとっても利益になります。
そのような事情もあってか、ピンサロの面接基準は緩く、容姿や外見を問わずに大量に採用してくれるのです。

リスカ痕のある女性の働き方

確かにピンサロは他の風俗店と比べて面接の基準が緩いのですが、だからといってリスカ痕を見せながら仕事をする必要はありません。

風俗客の中にはリストカットの傷跡を見て怯えてしまったり、パニックになる人もいます。
そのため、リストカットの傷跡のある女性は、絆創膏やリストバンドなどを使い、リストカットの傷跡を隠しながら働いた方が良いでしょう。
たとえリスカ痕のある女性であっても隠してしまえば普通の女性と違いはありません。
ピンサロのお店によっては、接客中も長袖の服を着たまま接客することが可能です。

リスカ痕を見せずに働きたいのであれば、そういった接客中も服を着用できるピンサロを選びましょう。

不採用になる女性のタイプ

いくらピンサロはリスカ痕のある女性やメンヘラでも採用されるほど面接の基準が緩いといっても、全ての女性が採用されるわけではありません。
リスカ痕のある女性でも採用されるといっても、それはあくまで過去にリストカットをしたことがある女性であり、現在進行形でリストカットをしている女性ともなると、やはりピンサロといえど不採用にする可能性が高いです。

他にも日常生活に支障を来たすレベルの、重度のメンヘラともなると、やはり不採用になることでしょう。
いくらリスカ痕のある女性やメンヘラでも採用してもらえるといっても、ピンサロは接客業です。
最低限のレベルとして、お客さんとコミュニケーションが取れる程度の接客レベルは求められます。

接客時の対応

リスカ痕のある女性がピンサロで働く場合、基本的に傷跡を隠しながら風俗嬢として働くことになるでしょう。
ただ、お店側としては接客をする前にリスカ痕があることをお客さんに伝えることがあります。
もしもリスカ痕があることを伝えずに風俗嬢に接客をさせ、後々になってバレた場合、クレームに発展することがあるからです。
それだけに、風俗店側としてはクレームを避けるためにも、お客さんには事前にリスカ痕があることを伝えるのですが、そうなると当然、どうしてリスカ痕があるのか、理由を質問されることがあります。

ここで下手に理由を誤魔化すと、お客さんを不機嫌にさせてしまい、リピーターを逃してしまうかもしれません。
そのため、質問をされた時のために、事前にお客さん用の言い訳を考えておくと良いでしょう。
リストカットの傷跡の上手い言い訳としては、飼っていた猫に引っかかれた、車の事故で傷つけた、兄弟や姉妹と喧嘩した時に傷つけた、などがあります。
ちなみに、風俗客の中にはリストカットのような、傷跡のある女性を好む男性もいます。

そういった男性はリピーターになってくれる可能性が高いだけに、親身に対応してあげましょう。

面接での対応

面接いくらピンサロは採用の基準が緩いといっても、流石に面接の場で嘘の申告をするような女性は採用してくれません。
リストカットの傷跡のある女性ともなると、なぜそのような傷跡があるのか、あまり理由を人に話したくない女性もいることでしょう。

理由を明かしたくないのであればそれでも構いません。
ただ、ピンサロの面接の際、リスカ痕があるのであれば、事前に自分から申告しておきましょう。
もしもリスカ痕があるにも関わらずそれを申告せず、採用され、そして後々になってバレた場合、お客さんからクレームが入るなど、トラブルに発展するかもしれません。
面接の段階でリストカットの傷跡があることを知っていれば、たとえクレームに発展したとしてもお店側で対応することが出来るのですが、お店側も知らなかったとなると、対応が困難になります。

いくらピンサロで働きたかったとはいえ、面接で嘘をつき、それがバレると、そのままクビになる恐れもあります。
リスカ痕のある女性やメンヘラの傾向のある女性は普通のバイトでは採用され難いだけに、つい面接で嘘をつきたくなることもあるでしょう。
しかし、嘘をつくという行為はお店の信頼を裏切る行為です。
バレた時のリスクが大きいだけに、面接では正直にリスカ痕のことを告白しましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする