手コキ風俗の面接は採用基準も高くなく、ソフトサービスだからおすすめ

風俗の仕事には様々な種類があり、ハードなものからソフトな内容など幅広いスタイルが存在します。
ハードなものほど給料も高く、短期間で大きく稼ぐことができますが、肉体的、精神的にもキツイ内容ばかりなのでほとんどの女性が短期間で辞めてしまったり、心を病んでしまったなど、デメリットも大きいのがネックです。
ソフトサービスの風俗は稼げないのかというと、決してそんなことはありません。

ハードな風俗に比べると給料は下がりますが、それでも女性の仕事としてはかなり単価も良く、ソフトサービスな分、自分への負担も少ないのがメリットです。
ソフトサービスで代表的なのが、手コキ風俗です。
名前の通り、お客さんを手コキによって射精させるというサービスになっていて、そのほかの風俗に比べると圧倒的に楽な仕事です。
そのためか、風俗の仕事だと認識していない女性もいるほどです。

今回の記事は、風俗で働きたいけど色々と不安に感じていたり、風俗に興味のある女性に向けて、手コキ風俗のおすすめポイントを紹介していきます。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

手コキ風俗がおすすめの理由

チェックリスト手コキ風俗で一番おすすめなポイントはずばり、性的サービス要素の低さです。
風俗の定番と言えばソープやヘルスで、それらはフェラチオや本番行為が前提の仕事になっているため風俗未経験の女性にとっては敷居が高く、肉体的、精神的にもキツイ内容になっています。

その点、手コキ風俗では、お客さんに対して、手コキによる射精のお手伝いをするだけでかまいません。
お店やオプションによってはキスやフェラチオといったサービスもありますが、あらかじめそれらのプレイをNG指定にすることもできます。
手コキ風俗は性的サービス要素が低いので、風俗未経験女性や風俗で働くことに抵抗のある女性でも働きやすい仕事になっています。
次は給料面についてですが、手コキ風俗はソフトサービスがメインなので、ソープやヘルスのような給料は稼ぐことが難しいです。

手コキ風俗で60分プレイした時の平均手取りは5,000円〜、つまり時給5,000円です。
男女平等社会とは言え、男性と女性では給料の単価に違いがあることが多いですが、時給5,000円と見てみると結構高額な時給ではないでしょうか?
水商売などでも人気が出ればこれ以上の時給を稼ぐことができますが、それにはトーク力や
周囲への気配りなど求められるスキルも高くなります。

手コキ風俗では、接客として会話も必要ですが、基本はお客さん射精させることに集中すればいいのであれこれ考える必要もなく、コミュ症の女性でも稼ぎやすい仕事です。

採用基準が低い?

風俗業は一部を除き、採用基準というものが低いです。
一部というのは、高級風俗やお店のコンセプトにマッチしていることが条件といったものがあります。

手コキ風俗の求人募集を見てみると、「採用率100%」や「高採用率」と書かれた広告をよく目にします。
実際の採用基準はどうなっているのかというと、決して高くはありませんが、お店の経営者の好みやお店の雰囲気によるところが大きいので一概には言えません。
はっきり言えるのは、そこまで採用基準が高くないということです。

不採用になる理由

手コキ風俗で不採用になるにはいくつか理由があります。

働ける日数が少ない

カレンダー風俗店では売上を上げてくれる戦力を欲しがっています。
出勤日が多い女性はお店での人気もでやすく、稼ぎ柱になることもあるので優遇されがちです。

勤務日数が少なくても採用してくれるお店はもちろんありますが、不採用になる理由にこうしたこともあるので覚えておきましょう。

経歴に問題があった

風俗では、他のお店との繋がりがあることで有名です。
過去にお客さんとのトラブルを頻繁に起こすトラブルメーカーや、体入荒らしなどを行う女性は風俗店同士が情報を共有していたりします。

そうしたリストに載ってしまった女性は理由もナシに面接で断られることがあります。

容姿や年齢に問題があった

手コキ風俗店には、容姿やルックスの最低基準があります。
その基準はお店によって異なり、面接官や店長によって判断されています。

ここのお店では難しいと判断されてしまうと残念ながら不採用になってしまいます。
基準にも色々ありますが、特に断られる理由で多いのが体形と年齢です。
ぽっちゃりさんや30歳を超えている女性は不採用になる確率が高いので覚えておきましょう。
もちろんそれらを気にせず採用してくれるお店もあります。

自分の体形がぽっちゃりや年齢が30歳を超えている場合には、面接前の電話で応募する際に聞いてみるといいかもしれません。
その時点で断られるとわざわざ面接に出向く必要もなくなるので時間の節約になります。

ぽっちゃりさんや熟女はこちらがおすすめ

ぽっちゃりさんや30歳を超える女性は、自分に合った手コキ風俗店を選ぶと採用されやすくなります。

手コキ風俗には様々なコンセプトを掲げたお店があり、ぽっちゃり女性専門の手コキ風俗や、30歳を超える熟女と呼ばれる女性が活躍できるお店があります。
通常の手コキ風俗で働くのと内容も変わらず、逆に専門店で働くほうが働きやすくなっています。
ぽっちゃり専門店には、ぽっちゃり好きの男性が利用し、熟女系では年上好きの男性が多く利用します。
手コキ風俗で働く時には自分の容姿や年齢にマッチしたお店を選ぶことも大切なので覚えていてください。

面接の流れ

手コキ風俗で働こうと決めたら、まずはネットで求人を検索してみましょう。
「手コキ風俗 求人」と検索すれば沢山の求人サイトがヒットします。
後は自分の地域や働きたい場所に絞って探してみましょう。

求人によっては仕事内容や待遇面まで細かく記載してくれているお店や、詳細が少ないものもあるので慎重に選びましょう。
気になった求人には直接電話やメールで質問をすることも可能です。
面接に応募する際には2種類の方法があります。
1つは、求人に記載されている電話番号に直接連絡して応募する方法です。

履歴書も不要で、面接時に質問されて終わりです。
簡単な経歴を聞かれることもありますが、採用基準にほとんど影響はないので安心してください。
2つ目は、メールでの応募です。
求人サイトによってはメールで応募から採用まで全てネットで出来るものが増えてきました。

サイト内に専用の入力フォームがあり、そこに必要な内容を入力するだけです。
1点だけ注意点があり、メール応募時には顔つきの写真が必要です。
履歴書に貼る写真のように固い雰囲気ではなく、自分の容姿や顔がはっきりと分かる写真が好ましいです。
プリクラのように実物とイメージが異なる写真はやめておきましょう。

必要な内容を全て送信すると、数日以内に担当者から連絡がきます。
採用であれば、これからの段取りとして実際に働ける日、給料面、その他の待遇や、いつから出勤できるかなど具体的な話になっていきます。

面接から実際に働くまで

流れ面接も無事に終わり、正式に採用されるといよいよ本番です。

ですが、未経験女性の場合だとどういう流れで進行すればいいのか分かりません。
実際に働く前には、お店の店長やスタッフから仕事の流れをしっかりと教えてもらえるようになっています。
場合によっては実際のプレイと同じシチュエーションで講習を受けることができるので、はじめての女性でも安心です。
講習も受けるかどうか自分で決めることができるので、自信がなかったり不安に感じるのであれば講習は受けておきましょう。

まとめ

手コキ風俗は、そのほかの風俗に比べると性的サービス要素が低く、本格的な風俗で働く前の肩慣らしにはちょうど良い仕事です。
風俗に抵抗があるけど、短期間で高単価なバイトをしたいと思っている女性にもおすすめで、そうした女性からの人気が高いのも手コキ風俗です。
採用基準も自分の体形や年齢にマッチしたお店であれば採用率も高くなるので、応募する際にはお店のコンセプトも意識してみましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする