オナクラの誇大求人広告に気を付けましょう

女性が風俗店で働くには、それなりの覚悟がないとできません。
理由は、裸になってお客さんと性的プレイをするからです。
簡単にできる仕事ではありません。

風俗のなかでもタイプによっては、そのような心理になる必要がないバイトもあります。
ソフトサービスに属するオナクラになります。
オナクラは、はだかになる必要はなく、性的プレイはオプションで手コキがあるくらいになります。
オナクラは風俗でも働くハードルが下がるのですが、ソフトサービスという表現を悪用して求人する風俗店もあることを知ってください。

オナクラで誇大広告している危険な風俗求人はどのように見極めればいいか、見ていきましょう。

オナクラの誇大広告に騙されないにはスカウト型求人?

スカウト型はスカウトマンではありません。

スーツ 男性スカウトマンとスカウト型の求人サイトは別物になります。

スカエトマンは個別でホームページを立ち上げて、風俗店をあっせんする人になります。
スカウトマンは街頭で芸能人やモデルに向いている女性に声をかけて勧誘するのが有名ですが、その風俗嬢版になります。
いまでは、街頭でスカウトすることは少なくなりましたが、それでもゼロにはなっていません。
なぜなら、スカウトマンの成功報酬は高いからです。

声をかけた女性が風俗店に勤めてくれれば、スカウトマンに10%前後のバックされるのです。
しかも、女性が風俗店に勤める期間ずっとバックされるようになるのです。
言葉は適切ではないかもしれないですが、ヒモのような感じにも思えますね。
紹介だけで、女性の稼ぎの一部をピンハネするとなったら、極悪非道ですね。

しかし、ここは誤解があります。
あなたの売上の風俗店の取り分からバックされるので、あなたの稼ぎは減ることはありません。
金の流れだけ見るとピンハネしているだけに見えるのですが、あなたの取り分は変わらないのです。
つまり風俗店の取り分の一部がスカウトマンに紹介料金として支払われるだけです。

例えば、ソープであなたの月間の稼ぎが600万としましょう。
あなたの収入はバック率の相場50%だとしたら、300万になります。
残りの300万がソープの取り分になります。
この残り300万10%の30万がスカウトマンに渡されるのです。

あなたの稼ぎは減少しないのですが、スカウトマンにとっては女性一人が頑張って働くことで毎月何もしなくても大きな報酬を得ることができるので、必死にスカウトするのです。
そして、女性がやめるとなると必死になだめて引きとめるようになるのです。
辞めたとしても、次の風俗店を紹介する流れになるので、スカウトマンからすると、あなたは上得意先になるのです。
ただ、あなたが上得意先で大切にしないといけないのですが、あなたの都合は確認してもスカウトマンと市場(風俗店)との兼ね合いから、紹介することになるので、あなたが望まないタイプの風俗ということもあります。

スカウトマンによっては、風俗店からのバックが少ないからと言って女性から紹介料を抜くこともあるので注意が必要です。
風俗店とグルになって悪いことをするスカウトマンもいるのです。
事前に確認をしてからでないとスカウトマンを利用するのは危険です。

Qプリ・365マネー

一般的に求人サイトは、風俗だけでなく一般企業であっても、求人応募しているお店・企業が登録して、ネットで検索条件によって表示される仕組みになりますが、スカウト型のサイトは異なります。
スカウト型は、大手の就職サイトと同じ考えで、まずあなたの個人情報・経歴・希望する仕事を登録します。
登録内容に合致、あるいは似ているものがあれば、メールであなたに「こんなところが応募しています。
どうですか?」と知らせてくるようになるのです。
つまり、あなたはサイトを1件ずつ探すのではなく、登録した内容でサイトからあなたにあっている風俗店を紹介してくれるのです。
登録内容は、写真・スリーサイズ・風俗店のタイプ・出勤日数・出勤時間・待遇・自己紹介などを入力します。

スカウト型のサイトで有名なところは、Qプリ・365マネーの2つになります。
どちらも、会員登録してスカウトメールが来て応募するようになります。
Qプリ

365マネー

オナクラの誇大広告に騙されないには店舗型求人?

店舗型求人サイトは、一般的なしくみになります。

あなたが大手サイトをネットで確認して条件を入力して表示して選んでいくようになります。
店舗型求人サイトで優面なところは、バニラ・高収入ドットコムの2つになります。
バニラ・高収入ドットコムともに、ホームページは都道府県別になるので、代表として関東版を紹介します。
バニラ
高収入ドットコム

オナクラ店を決める判断はどうする?

スカウト型・店舗型の求人サイトは便利なツールになり、いまでは風営法として開業届が提出されているお店しか登録できないようになっているのですが、実際はどうかわかりません。
求人サイトは細部までチェックはできないです。
また、求人サイトは風俗店からお金を貰って登録するので。
多少問題があったとしてもスルーするのは普通のことですね。

オナクラ店にいきなり面接にいくのでなく、以下の内容を事前チェックしてください。

ホームページはあるか?

携帯いまどきホームページがないような風俗店は、何をしているのか詳細情報がチェックできないので怪しいと考えていいでしょう。
求人サイトだけ誇大広告を出して、自前の求人ホームページと違う場合もあります。

ホームページがない場合は、候補として除外する。
あったとしても求人サイトと自前の求人ホームページ内容が一致しているチェックしてください。
チェック内容は、サービス内容がオナクラ店の内容か・稼ぎが妥当かチェックするのです。
稼ぎのチェックは、だいたい1日〇万円以上稼げると掲載していますが、8時間での稼ぎだと考えてください。

オナクラは派遣型サービスになるので、移動ロスをいれると2時間一人がMAXと考えていいでしょう。
だから1日4人までになります。
営業用ホームページのシステム料金60分が10000円なら、バック50%が相場なので5000円になります。
5000円×4人で20000円が稼ぎの標準と考えていいでしょう。

求人サイトの1日の稼ぎとかけ離れていると嘘が隠されているでしょう。
オナクラサービスではなく、ハードサービスがオプションで用意されているかもしれません。
または誇大広告かもないのです。

場所はどこか?

場所についても事前確認してください。
グーグルマップで住所を入力して航空地図で確認して、現地まで確認に行ったほうがいいでしょう。
場所の掲載がなく、電話番号だけのところは怪しいです。

電話やメールの対応はどうか?

電話・メールでの応対内容のチェックをしてください。
面接とわかっていたら面接官も猫をかぶりやすい環境ですが、不意を突いた電話対応で、スタッフの言葉使いからどのような人かわかります。
メールの対応も、文面が丁寧か稚拙かのチェックができます。
つまり、電話・メールの対応で風俗店としてきちんとしているかどうかの判断ができるのです。

面接の対応はどうか?

面接面接の場所は風俗店の事務所が大半です。
ホテルなどでするのは危険なので断ってください。
面接では、あなたは聞きたいことを事前整理して質問してください。

回答内容をひとつずつメモ書きして、相手の反応を見てください。
面接が終わった時に、一番重要なことを聞くといいでしょう。
人は緊張が切れた瞬間に本音を言いやすくなっています。
そこで本音を聞きだすのです。

面接までのチェックで問題がなければ、体験入店して実際のところはどうか最終チェックしてください。

実際は体験入店しないとわからない?

本入店するか・あなたが続けて働くことができるか・待遇面は面接で聞いた通りか・スタッフや在籍嬢との関係・客入り・サービス内容などをチェックください。
ここではじめて、嘘か本当かすべてがわかります。

まとめ

スカウトマンによっては、風俗店からのバックが少ないからと言って女性から紹介料を抜くこともあるので注意が必要です。
風俗店とグルになって悪いことをするスカウトマンもいるのです。
事前に確認をしてからでないとスカウトマンを利用するのは危険です。

スカウト型・店舗型に関わらず、自分で風俗店のチェックは必要になります。
ご参考にしてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする