オナクラ嬢必見!60代のベテラン嬢の手コキテクニック

オナクラ嬢が人並み以上に稼ぐためには普通の風俗嬢以上の価値をお客さんに提供する必要があります。
特にオナクラは容姿の優れている女性が多い業界なだけに、普通に働いている分には指名を勝ち取ることは難しいでしょう。
どうしてもリピーターを増やし、給料を上げたい、そのような時は経験とテクニックが豊富な60代の風俗嬢から手コキのテクニックを学んでみましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

オナクラの給料

給料 お金オナクラといえばオナニークラブの略称で、その主な仕事内容はお客さんのオナニーを鑑賞することです。
オナクラはお客さんを見るだけでお金を稼げるソフトサービス系の風俗店であり、接客にあたって風俗嬢は脱ぐ必要がありませんし、舐められたり触られる心配もありません。
基本的に性病に感染するリスクが低い風俗業となりますので、風俗嬢は安心して働くことが出来ます。

ただし、ソープやデリヘル、ホテヘルなどのハード系の風俗店と違って仕事内容がソフトなため、全体的に料金は安く、給料も風俗嬢としては低い方です。
では、具体的にオナクラの女性はいくらぐらい稼げるものなのでしょう?
オナクラの給料は歩合制のため、稼ぐためには接客をする必要があります。
人気が高く、リピートされる確率の高い女性ほど、給料は高くなります。

だいたい平均的な人気のあるオナクラ嬢ともなると、1日で2万5000円程度は稼げるものです。
15日以上出勤すれば、40万円近く稼げることでしょう。
年収にすると、300万円から400万円ほどの給料が稼げます。
これが人気ナンバー1のオナクラ嬢ともなると、1日に3万円を超えることが多く、20日以上出勤すれば月収が70万円を超えることもあります。

人気嬢になると、年収が800万円を超えることもあるでしょう。
ソープやデリヘル、ホテヘルの人気嬢ともなると、年収を1000万円を超えることもあるため、稼ぎで言えばオナクラの給料は低い方です。
しかし、普通のOLの給料と比較すると、倍以上の給料となります。
ただ、オナクラは歩合制の仕事である事に加え、採用の厳しい世界です。

面接を受けたからと言って、必ずしも採用されるとは限りません。
特に年齢が60代を超えているような女性ともなると、熟女店や人妻店でも採用は難しいでしょう。

オナクラの求人状況

パソコンインターネットで風俗バイトの求人を検索すると、ソープやホテヘル、デリヘルなどの風俗バイトの求人を多く見つけることが出来ます。

しかし、オナクラに関して言うと、それほど多くはありません。
東京都のような風俗バイトの求人数が多いエリアであっても、オナクラは少数派でしょう。
その一方で、求人数が少ないにも関わらず、ソフトサービス系の仕事ということもあり、女性からの人気の高い風俗バイトでもあります。
それだけに、求人倍率は低く、面接を受けても不採用になりやすいです。

オナクラのキャストの容姿は他の業種と比較して総じてレベルが高く、綺麗な女性ばかりが多いのは、こういった求人の状況に原因があるのかもしれません。

オナクラの客層

オナクラはもともと美女が集まりやすい風俗バイトなのですが、では容姿が整っている美女であれば誰でも人気嬢になるのかというと、そうとも限りません。
というのも、オナクラの客層は他の風俗店と違ってかなりマニアックだからです。

オナクラの客層というと、全体的にMな男性が多く、オプションも言葉責めやビンタ、踏みつけなどSM的な要素のあるプレイが多いです。
Mな男性が多いため、女性には必然的にSっぽさを求められることが多く、Sな性格をしている女性ほど人気があります。
さらに、Mな男性が求めているような言動を即興のアドリブで出来るような、演技力の高い女性ともなると、頻繁にリピートされることでしょう。
このように、オナクラの客層はかなり特殊なため、普通に働いている分ではリピーターは増やせないでしょう。

かといって、Sの演技が出来ないという女性の場合、オプションに力を入れる必要があります。

60代のオナクラ嬢のニーズ

オナクラの世界には30代や40代の熟女をコンセプトにしている熟女店や人妻店なども存在します。
熟女に対するニーズといえば、若い女性にはない癒しなのですが、流石に60代の女性に癒しを求めることは少ないでしょう。

オナクラに限らず、風俗嬢は50代になったら引退を考える頃合いです。
60代になってまで風俗嬢であり続けようとする女性は滅多にいません。
というより、60代になったらニーズが落ちてしまうため、稼げなくなります。
にも関わらず、60代で未だ現役であり続ける風俗嬢というのは、決まって他の風俗嬢にはないテクニックを習得していることが多いです。

60代の風俗嬢を指名する男性というと、大抵の場合、このベテラン風俗嬢ならではのテクニックを求めて指名することが多いです。
オナクラ嬢として人気を得たいのであれば、このような60代のベテラン風俗嬢から手コキの技を教わると良いでしょう。

手コキのニーズ

実は手コキはテクニックを習得すると、フェラ以上の快感があると言われています。

オナクラの風俗店の中には一部、有料のオプションとしてフェラを提供することがあります。
オナクラ嬢の中にはリピーターを獲得するべく、仕方なしにフェラを始める女性もいます。
しかし、60代のベテラン嬢から手コキのテクニックを指南してもらえれば、フェラをせずとも、手コキだけでリピーターを増やせるでしょう。

感じるポイント

チェック手コキのテクニックを習得するにあたり、そもそもどこを責めると気持ち良くなってもらえるのかを知っておきましょう。
男性の性器といっても責める場所にって感じ方が異なります。
ただ、もっとも気持ち良い箇所というと、亀頭とカリ、裏筋、そして竿の部分が責められると快感を覚えやすいポイントとなります。
手コキをする際には、この4つのポイントをそれぞれバランスよく責めてあげると、快感が倍増し、お客さんから悦んでもらいやすいです。

手コキのテクニック

手コキをする際には出来るだけ、優しく握ってあげましょう。
いくらMなお客さんが多いオナクラとはいえ、強く握ると気持ち良くなれません。
性器はデリケートなモノなので、丁寧に扱ってあげましょう。

さらに、手コキをする際にはローションがあった方が良いです。
自分なりに快感を高めるローションを持参しておくと、手コキの快感を倍増させることが出来るでしょう。
手コキをするにあたり、まず準備としてしっかりと前戯をしましょう。
いきなり刺激を与えるのではなく、まずは股間を触ってあげるなどして、興奮を高めておきましょう。

前戯を通じて勃起状態になったら、次は優しく握りしめ、上下に動かして擦ってあげましょう。
快感を与え、性器がしっかりと固くなったら、指で輪っかを使ってみましょう。
輪っかにした状態で擦ることで、カリが引っかかり、刺激を与えることが出来ます。
さらに、手の平を使って亀頭を責めてあげると、男性は非常に気持ち良くなれます。

ただし、この時に注意するべき事として、できるだけ鈴口には触れないようにしましょう。
この部分は男性によっては痛みが生じることもあるで、鈴口以外の亀頭を責めると良いです。
男性の快感が高まり、イキそうになったら、手コキのスピードを速めて射精させてあげると良いでしょう。
この時、オプションで焦らし行為が注文されていない限り、無理して焦らしてあげる必要はないです。

むしろ焦らしすぎるとかえって睾丸に痛みを与えてしまう恐れがあるので、特に注文がない限り焦らし行為はしない方が良いくらいです。
風俗の世界には、非常に高度なテクニックを習得している女性もいます。
特に60代で現役の女性ともなると、よほど熟達したテクニックでもない限り、稼げません。
それだけに、60代のベテラン風俗嬢から手コキのテクニックを若い女性が学ぶと、男性からのリピーターは否応なしに増加することでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする