SMクラブで恋人接客は成立しない?プレイ後なら効く?

SMクラブは恋人ではなく、上下関係、主従関係、SとMの関係になる為、恋人接客が成立しない事もあります。
ただ、お客さんをリピートするテクニックとして、プレイ後に使ったりすることは可能です。

笑顔やキス、ハグなどを駆使してリピート獲得をしていきましょう。
また、恋人接客はメリットもありますがデメリットもあるので、そこは注意して下さい。

恋人接客と風俗

恋愛はじめに、恋人接客はソープ等の風俗業で行われている接客方法、テクニックの一つで、内容は言葉の通り、恋人に接する感じで接客をする事です。

風俗店で働くようになったら、初対面の男性と話を行い、プレイをする機会も沢山出てきます。
中には風俗初体験の男性も居て、緊張してうまくことが運ばない事もありますが、そんな時に恋人接客をすることで、お互いの緊張がほぐす事も可能です。
また、恋人同士のようにふるまう事で、男性客の満足度を高める効果もあります。

SMクラブで恋人接客は成立する?勝手が違う部分も

そして、そんな恋人接客はSMクラブでも成立するかという事ですが、SMクラブはかなり特殊な仕事ですので、恋人接客が成立するとは限りません。
例えばS嬢を指名して、男性がMになるケースだと、お互いに恋人関係が成立しなくても十分成り立ちます。
逆に、最初は恋人の様にふるまっていたのに、いきなりSとMの関係になるのは難しい事もあります。

ですので、SMクラブでは若干勝手が異なります。
他の風俗業界で恋人接客が成功したからと、同じ要領でやったとしても、SMクラブではうまく行かない事も多いです。

プレイ内容によっては恋人接客が適している事もある

ただ、恋人接客が全く通用しないかと言うと、そうではなく、プレイ内容によってはそれが適している事もあります。

M嬢をSの男性が指名する場合、お互い恋人同士のような状態から、いきなり相手を滅茶苦茶に犯すレイププレイをやって見たいという方もいます。
SMでは様々なプレイ、シチュエーションがありますので、恋人接客をした方が盛り上がるシーンも出てきます。
ですので、恋人接客が得意な方は、臨機応変にそれを使っていくと、そのテクニックが生きてくるでしょう。

恋人接客はプレイ後なら効く?

SMクラブでは恋人接客が適さないシーンもある為、それが効かない事もありますが、プレイ後なら効く事もあります。
SMプレイをしている最中は、主従関係がはっきりしていて、恋人同士と言う概念はなくなってしまいますが、プレイが終わった後は風俗嬢とお客さんと言う普通の関係に戻ります。
そこで、「いつも指名をしてくれてありがとう」とお礼を伝えたり、恋人のようにふるまったりして、相手と仲良くなっておけばまた次の指名が得られます。
プレイでお客さんを満足させた後に、追い打ちとして恋人接客を行うといった感じです。

恋人接客をするメリット

恋愛恋人接客をするメリットは、お互いの緊張を解きほぐし、雰囲気が良くなる以外にもメリットがあります。
特に大きなメリットとなってくるのが、本指名(リピート)が返ってきやすくなる事です。
恋人接客で、男性のハートを射止めることが出来れば、また会いたくなった男性が指名を入れてくれるようになります。

風俗で稼ぐためには本指名の数は重要です。
恋人接客がうまく成功すれば、指名も増えて稼ぎやすくなります。
また、恋人同士の雰囲気を一度作ってしまえば、ハードなプレイもしにくくなります。
SMクラブのM嬢は男性客のハードプレイに耐えなければいけない部分もありますが、ハードプレイが少なくなれば仕事もしやすくなるでしょう。

更に、恋人気分、雰囲気を味わいたいという男性は、指名をする時にロングコースの選択や、延長を行ってくれる事も。
恋人接客はお客さんと仲良くなれるテクニックですので、そこで生まれるメリットは一つではありません。

恋人接客で使われるテクニック

実際の恋人接客はどのような事をするかと言うと、それはお客さんと会った時に、キスを沢山したり笑顔を見せたりすると言った事を行います。

恋人同士でイチャイチャする時にはキスは付き物で、男性客に対して多めのキスをすれば、男性は恋人と錯覚をしてしまうでしょう。
また、会話をする時にも恋人同士の様に、笑顔で明るくふるまいます。
ニコニコと話をすれば、相手も嫌な気分になる事はありませんし、会話が弾みやすくなります。
キス、笑顔の他には、ハグをしたり体を密着させるのも恋人接客のうちです。

雰囲気作りは大切

SMクラブでは雰囲気作りは大切です。
ただ、「抜き」をしたいだけならば、男性は通常の風俗だけでも事足りるからです。
SMという特別にシチュエーション、プレイを求めて男性はやってきますので、男性が思い描くSMの雰囲気を作ってこそプロの仕事と言えます。

恋人接客は、その雰囲気作りの一つの手段で、その他にも色々とSMで良い雰囲気を作る方法やテクニックはあります。
SMクラブで働く方は、その他のテクニックも学び、良い雰囲気作りを目指して行きましょう。

恋人接客をするデメリット

恋人接客はメリットがある一方、看過できないデメリットもあります。

例えば、恋人接客の加減を誤ってしまうと、お客さんから執拗に迫られてしまったり、お客さん自体がストーカーになったりする恐れがある事です。
ただ、ハグやキスをするなど、見た目だけ恋人を演出するのではなく、そこに会話も織り交ぜて相手をその気にさせ過ぎると、本気にされてしまう事もあるので注意しましょう。
ストーカーになってしまうと、仕事にも影響が出てしまいます。
また、ストーカーにならないにしても、相手から大量のメールが来ることもあります。

一々メールに返信をするのも大変ですし、かといってメールを返してあげないと気が無いと思われて指名が減るというジレンマにも陥りやすいです。
メールの他には、店外(デート)を誘われるケースもあります。
メリットは多いですが、そういった人間関係のいざこざに発展する危険性もあるので、「恋人接客」は諸刃の剣となっています。

恋人接客をしなくてもSMは稼げる。SMクラブの長所

Ok, Good風俗嬢の中には、恋人接客が苦手な方や、それ自体を好まない方もいますが、SMクラブは仕事柄、恋人接客が似合わない部分もあるので、そんな恋人接客をしたくない方にお勧めです。
「恋人接客をしたくないなら、SM系の風俗に行けば?」と言われるくらいです。
先ほど言った通り、恋人接客は相手がストーカーになってしまう危険性をはらんでいます。
ストーカーの被害は、お店を退店した後も続く事もあるので厄介ですので、そんな厄介ごとに巻き込まれたくないならやらない方が良いでしょう。
恋人接客で苦い経験をお持ちなら、SMクラブでの仕事も考えて見てはいかがでしょうか?

まとめ

風俗業界では、色管理、恋人接客など、男女の恋愛や恋愛感情を利用するテクニックがありますが、SMクラブは恋人ではなく「S」と「M」の関係になるので、それが通用しない部分もあります。
ただ、プレイ後に恋人接客をする手もありますし、SMプレイの内容によっては恋人接客をした方がその場の雰囲気を作り出せることもあるので、まったく無意味では無いです。
恋人接客が得意で、それをSMクラブで使っていきたいという方は、臨機応変に使っていきましょう。

また、恋人接客はメリットだけではなく、デメリットもある諸刃の剣ですので、その匙加減が分からないという方は、それを行うとストーカーの被害に遭う事もあるので注意は必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする