セックスをする仕事はソープ以外に何がある?稼ぎはいくら?

一般的に数多くある風俗ジャンルの中でも、法的に「セックスをしなければならない」とされているのはソープだけです。
しかしながらインターネット上のコンテンツなどを見ていると、体験談なども含め多くの女性がセックスのサービスを余儀なくされている事実は分かります。
ここではセックスをする仕事はソープ以外にも存在するのか?
またその場合報酬はどのくらいなのかについて紹介します。

ルール上ではソープ以外は違法行為

法律まず前提で覚えておきたいのは、セックスをするサービスを提供する風俗ジャンルは「法律上はソープのみ」ということです。
ただし非本番が基本とされている風俗ジャンルでも、何とかセックスをしたいとあの手この手で利用客が交渉をするため、本番をさせてしまう風俗嬢は少なくないのです。
違法行為であり、お店も禁止とルールを厳しく設定し中には抜き打ち検査のようなものも行っている真面目な風俗店がある一方で、半ばお客さんとの間で話を通してあり、非本番の風俗でもセックスをさせるような劣悪な風俗店も存在しています。

セックスをする仕事というとこういった「裏」風俗も含めれば星の数ほどに存在しているものの、法律上で認められているのはソープのみという前提は覚えておきましょう。

ソープ以外でセックスをする仕事は?

ソープ以外でセックスをしなければならない仕事にはどんなものがあるのでしょうか。
基本的に「自由恋愛」の範疇という「設定」を使えば許されてしまうし、言い逃れが可能ということ。

もしもセックスをしてお金を貰ったとしても、基本的にはそれを証明する方法は難しいですし、法律違反であっても具体的な刑罰はないというのが現状です。

AV女優

セックスをする仕事としてとても有名なのはAV女優ではないでしょうか。
風俗業とするのは微妙なところですが、セックスをしてお金を稼ぐという点では、同じものです。

ソープなどの風俗店とは違い、周囲はプロフェッショナルの集団であり、性病などの検査をしっかりと行っている男優さんが相手だということで安心感も高いです。
風俗店に在籍している以上に顔バレをしてしまうというデメリットさえ気にならないというのであれば、キングオブ風俗と言われているソープ以上に稼ぐことも可能です。
一般的にAV女優にはランクがあり、単体女優、企画単体女優、企画女優の3つに分けられます。
それぞれギャラが違い単体女優は1本100万円から250万円前後。

企画単体女優は30万円から80万円。
企画女優は5万円から25万円前後というように報酬にも違いがあります。

交際クラブ

恋愛次は交際クラブ、デートクラブなどと呼ばれることもあります。

内容としては食事やデートなどをセッティングしてあげる代わりに料金を徴収するといった業種になります。
名目上はお茶や、カラオケ、食事などのデートをするだけとなっているものの、お金に困っている女の子とお金を持っている男性とを出会わせる場であり、セックスが伴うものと言えるでしょう。
セッティング料はクラブへと支払いますが、それ以外に「お車代」や「交通費」と呼ばれる金銭を渡すのがルールです。
ここで女性側と男性側で話し合いをして茶飯だけで終わるのか、セックスありきで料金はどのくらいなのかを交渉します。

交際クラブの場合、あくまでも出会いを求めている男女を引き合わせるサービスというものを強調しており、デート中のことは二人にお任せしますというスタンスです。
このため管理売春などの罪に問われることを上手に逃げているわけですね。
実際に交際クラブなどに登録しようとすると、「身体の関係を含めたお付き合いはできますか?

などと聞かれ、登録している時点で男性側も承諾済みと認識することが多いです。
もちろんこれは「強制」ではありませんからセックスをしないで茶飯だけというスタイルの女性もいます。
しかしかなり指名される機会がなくなり、正直稼ぐことはできなくなるとされているのです。
気になる報酬(交通費)ですが相手によってまちまちです。

セックスがない茶飯なら5000円前後が相場とされています。
ただし相手が自分を気に入ってくれたり、太っ腹な男性の場合5万円や10万円も貰えるケースもあるようです。
相場としては大学生やOLさんなど20代前半の若い女性の場合には3万円から5万円。
モデル、コンパニオン、CAなど男性に人気の高い職業ステータスの持ち主なら5万円から7万円。

タレントさんやグラドル、モデルなど業界関係者や事務所所属といったハイステータスな女性なら10万円以上になります。
こういったことから、一般的な風俗店に在籍するよりもメリットが高いとハイスペックな女性が登録していることが多い傾向があります。

ちょんの間などの裏風俗

現在日本国内の風俗店には、風営法が定めているとおりに公安委員会に届出を出しているソープやファッションヘルスなどの性風俗店と、古い時代のスタイルをそのままに貫き、表向きは料亭や飲食店を装って営業をしている裏風俗店に分けることが出来ます。

その昔、「赤線」や「青線」と呼ばれていたエリアで管理売春をしていたお店が昔のスタイルそのままに現在も営業を続けている風俗店になります。
その中でも代表的なものといえば「ちょんの間」が挙げられるでしょう。
諸説ありますが「ちょっとの間」ですっきりできるからこの名前がつけられたと言われています。
一般的な性風俗店とは違い、特徴的なのはそのプレイ時間の短さ。

砂時計たったの15分というのが基本的な利用時間の目安になります。
普通の風俗とは違い、基本プレイなど提供すべきサービスが決められているわけではありません。
単純に男性客がしたいことをしてセックスをしすっきりして帰るというスタイルになります。
外見からは料亭や旅館のように見えるものの、敷地内に入ると複数の建物が並び玄関先には女の子とやり手ババアと言われる呼び込み役の女性がセットになっています。

10分間隔ほどで女の子が交代していきますが、一軒の同じ時間帯で大体3人から4人の女の子が待機しているとされています。
ちょんの間がある場所として有名な大阪の飛田新地では、100名から150名ほどの女の子が働いていると言われています。
こういった裏風俗というと、普通の風俗店では不採用にされてしまうほどの中高年の女性か、容姿レベルなどのスペックが低い女性ばかりが働いていると思われがちですが、若い年齢の女の子も多く、中には高級店レベルやモデル級の女子も働いている状況です。
気になる報酬ですが、お客さんは20分で8000円から1万3000円を胴元に支払います。

そこから女の子と予め決められた割合で報酬が分配されることになります。
こればかりはそれぞれの胴元によって違いますし、女の子のスペックなどによっても違ってきますので一概には言えません。

ソープ以外のセックスで稼ぐ仕事はほんの一握り

ソープ以外でもセックスをしてお金を稼ぐ方法は存在します。

AV女優などのメディア系。
他にも古くからあるちょんの間などの裏風俗。
更にセックスが出来るとは謳っていないものの暗黙の了解でセックスありきのサービスになる交際クラブなどです。
どの仕事にもメリットもあればデメリットもあります。

中にはソープよりも効率良く稼げたり、高額な報酬を得られるものもありますが、スタンダードに安心して働きたいと思っているのであればソープがさまざまな点でメリットがある職種と言えるでしょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする