人妻風俗のバイトは性病リスクが高い?旦那にうつしても誤魔化せる?

家のローンや自分のファッション代、あるいは遊興費などのために人妻風俗で稼いでいる人もいるでしょう。
しかし怖いのは何といっても顔バレと性病です。

特に性病の場合は、旦那にうつしてしまう危険性もあり、そうなると病気自体の問題もありますし、そして「どこでこんな病気をもらったんだ!」ということで風俗のバイトがバレる可能性もあります。
それは下手をすると離婚の危機です。
そこでここでは、人妻風俗のバイトではどの程度の性病リスクがあるのか、そしてもしも自分が感染し、旦那にうつしてしまった場合、誤魔化せるのか、といった切実な問題について説明します。

風俗のバイトで性病にかかるリスクはどのくらい?

性病性病は正式には性感染症といい、血液、精液、膣液、母乳などを汚染している感染菌が粘膜などを通じてうつる病気です。
粘膜とは主には口の中、ペニス、膣、尿道、肛門、直腸などですので、リスクという意味では、お客さんとその部分がふれあったり、その粘膜を使ってのサービスをした場合にうつるということです。
風俗のバイトをしていると特にかかりやすいのは、クラミジア、淋病、ヘルペス、コンジローム、トリコモナスなどです。
そこまで書けば自分がしている風俗サービスでどれが感染しやすいかわかると思いますが、念のため特にうつりやすい行為を挙げておきます。

コンドームを付けないセックス

お互いの性器同士が接触するので、体液感染するリスクは非常に高いです。
特に性器に炎症や潰瘍(かいよう)などがあると、感染リスクはさらに高まります。
ウイルス、細菌や細菌は傷口から侵入しやすいのです。

そういう理由でいわゆる「複合感染」というものも発生します。
これは、クラミジア、淋菌、梅毒、性器ヘルペスなどに感染しているとHIVに感染しやすくなるということです。
性器に炎症があるとHIVの感染率は3倍から5倍に上がり、潰瘍の場合は10倍から100倍高くなります。

フェラチオ、クンニ

フェラチオあるいはクンニは口や舌などの粘膜に、精液や膣液が直接接触するので、感染リスクが高いです。
特に口内炎などにかかっていると、感染の確率は上がります。
逆に喉にいた病原体がフェラチオやクンニによって性器に感染する場合もあります。

アナルセックス

直腸はセックス用に作られている器官ではないので、ペニスを出しいれるするとすぐに傷つき、毛細血管が切れて出血も起きるので、ここからHIVが感染しやすい部分です。
ですのでHIVは実は膣よりもアナルの方が感染しやすい性病なのです。
性の同性愛者にHIV感染者が多いのはこのためです。
当然、同性愛者ではなくても、男女間のアナルセックスでも感染率は高いです。

素股

素股は挿入がないので安全なような気がしますが決してそうではありません。
性病は病原菌を含んだ体液と粘膜が触れることでうつりますので、素股の時に出る膣液、がまん汁、精液などが、お互いの性器、肛門、口の中などに触れれば十分感染します。

ディープキス

ウイルスディープキスで感染する性病は少ないですが梅毒と性器ヘルペスは別です。
しかしHIVなどはディープキスでは感染しません。

テコキ

普通にテコキをする分には、皮膚がバリアになって菌を防ぐので感染しません。

ただし、指や手などに傷や炎症などがあった場合、そこに精液、膣液、血液などが直接触れると感染する可能性があります。

主な性病の症状を知っておこう

基本的に性病にかかったかどうかは病院に行って検査をする、そしてうつっていたら即治療をする、というのが原則ですが、その前に「これは性病かな」と思った時に自己診断できるように、その症状について説明しておきます。

性器クラミジア

クラミジアの主な症状は、オリモノが増える、下腹部が痛くなる、不正出血です。
8割の人が自覚症状がないので、見過ごしてしまいますが、初期に治療をしないと、菌が膣の奥まで入ってしまい、卵管炎や子宮内膜炎の原因になります。

淋病

男性の場合は排尿時や勃起時に激しい痛みがありますが、女性の場合はほとんど自覚症状がなく、仮に病院に行っても膣炎や膀胱炎だと診断される可能性もあります。

性器ヘルペス

性器周辺に水疱や発疹ができて、非常に強い痛みやかゆみを感じます。
治療をすると症状は抑えられますが、完治はせず、風邪や疲れで免疫力が低下したり、ストレスを感じると頻繁に再発します。

尖圭コンジローマ

潜伏期間が1~8か月あるのでうつった時には気づきません。
発症すると最初にイボができ、次々にそれが増えていきます。
イボが増えてくると陰部がかゆくなり、オリモノも増えます。
治療しないと子宮頚がんの原因になります。

膣カンジタ

外陰部のかゆみ、ヨーグルト状のオリモノなどが出ます。
疲れや風邪で免疫力が落ちたり、ストレスがたまると、何度も再発します。

トリコモナス

感染してから10日ほどの潜伏期間のあと、悪臭を伴う泡立ったオリモノ、セックス時や排尿時の不快感、性器のかゆみ、などを発症します。
またこの性病にかかると、HIVの感染確率が高くなり、未熟児を出産しやすくなります。

梅毒

感染してから3週間〜3か月の潜伏期間の後、股の付け根のリンパ節が腫れ、発熱、倦怠感、関節痛などを発症します。

今はペニシリンで完治はしますが、放っておくと死亡することもあります。

毛じらみ

感染後1〜2ヶ月の潜伏期間の後、我慢できないくらい、陰部がかゆくなります。

HIV・エイズ

感染してから5〜10年の潜伏期間の後、発症します。
免疫力が低下して、今まではかからなかったあらゆる病気に感染して、最後は死亡します。
以上が主な性病です。
潜伏期間が長かったり、自覚症状がないものもありますが、思い当たったらすぐに病院へ行きましょう。

旦那にうつした場合の誤魔化し方

風俗のバイトをして上のどれかの性病に感染し、それを旦那にうつし、そして旦那の方でも発症してしまった場合、旦那が病院に行けばすぐにそれは性病だとわかります。
旦那が浮気をしてなければ、感染源は奥さんしかいないので、当然疑いは奥さんにかかります。
そうなると、基本的には誤魔化しようがありません。

いさぎよく謝って許しを請うか、許してくれなければ離婚、というこもあるでしょう。
それくらい性病は、身体にとっても夫婦関係にとっても危険を伴う病気なので、絶対にかからないようにするべきものです。
とはいえ、何とか誤魔化したいのが人情でしょうから、もしかしたら誤魔化せるかもしれないという方法を2つご紹介します。
1つは、性行為をしていないのにうつる可能性がある、ということを力説することです。
実際に、性病によってはプールや銭湯でも絶対にうつらないとは言えないものもあるので、もしかしたらそこでうつったのかもしれない、と自分も被害者のようにふるまいましょう。
2つめは、そのような可能性のない性病の場合です。
この時には、「本当に心当たりが無いの!信じて!」「信じてくれないなんてヒドイ!」と泣きながら言いづつけ、徹底的にしらばくれるしかありません。
女の涙で誤魔化せば、心優しく、そして人を疑わない旦那なら信じてくれるかもしれません。

性病予防のためにこのことに注意しよう

キスとは言え、実際には旦那を誤魔化しとおすことも難しいですし、何より性病にかかったら自分自身に大きなダメージがあります。
ですので、感染しないように最善の注意を尽くすことがまず1番です。
そのためには、以下の点に注意しましょう。

性病検査をしっかりしている店に入店する

風俗店には性病対策をしっかりしているお店と、完全に女の子まかせのお店があります。
しっかりしているお店では、女の子に性病検査が義務付けていて、これを受けないと働けません。
入店時に性病のリスクを減らす講習もあります。

ですので、そういう店を選んで入店しましょう。

お客さんにも性病予防を徹底している店に入店する

それはお客さんに対しても同様です。
しっかりしているお店は、お客さんへの性病予防の協力要請も徹底していて、プレイ前には殺菌効果のあるウガイ薬を使ったウガイ、薬用消毒洗浄剤を使ったボディ洗浄を義務付けています。

そういう店であればリスクはかなり減るでしょう。

粘膜を使わない風俗に転職する

また、全く感染のリスクがなくなるわけではありませんが、限りなく減らせる方法としては粘膜を使わない風俗の仕事を選ぶことです。
たとえば以下のようなものです。

・お客さんがオナニーするのを鑑賞するだけの「オナクラ」。
・「テコキ」。
これにはただテコキをするのではなく、コスプレしたり、ヌードになったりということもありますが、基本的にはハンド以外は触りません。
・ランジェリー姿になってお客さんに目隠し、軽い拘束、などをしたうえで、言葉責めをしながら、指でアナルの前立腺を刺激したりテコキ、足コキをする「M性感」。

これらであれば、指の傷さえ気を付ければほぼ感染リスクはさがります。
ただし、これらの風俗店は、ハードなサービスではない分、女の子の容姿に関しては厳しいのが特徴です。
まず見た目年齢は20代前半までで、清楚系でスレンダー体型がどのお店でも共通の条件です。
注意 マーク中には「人妻系マッサージ店」もありますが、地域によってはそういうお店がない場合も多いです。

またテコキは「男性経験のない素人の女の子」がウリなので、よほど見た目年齢が若くないと採用は難しいでしょう。

自己防衛も重要

もしもお店が選べない場合は、最後は自分の身は自分で守るしありません。
プレイ前後にウガイを念入りにする、プレイ前には口の中の粘膜が傷つきやすい歯ブラシを使った歯磨きはしない、まめに性病検査を受ける、少しでも自覚症状があったらすぐに病院に行く、コンドームをつけて接客できる風俗店を選ぶ、などです。

まとめ

いかがですか。
人妻風俗店でも性病リスクは、そのサービス内容やお店の姿勢に左右されるということがお分かりいただけたでしょうか。
基本的に性病にかかってしまったら、旦那を誤魔化すことはほぼ無理ですので、大前提として絶対に感染しないように自分で自分を守りましょう

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする