60代でも雇ってくれる風俗店はありますか?手取りは期待できない?

60代女性でも雇ってくれる風俗店はあります。
風俗業界は基本的に歩合制のため、60代なら手取りいくらという風には保証できません。
しかし、それは年齢だけを理由にして手取りが減るということを意味するわけでもありません。

風俗業界ではお客さんから指名されることが最もお給料に影響を与えます。
何歳であれ、指名を得られる風俗嬢であること、つまりお客さんに需要があることが最も重要になります。
昨今の風俗業界では60代熟女にも需要が発生します。
60代で風俗嬢として働くとはどういうことなのか、そして60代風俗嬢のお給料・手取り事情についてこの記事ではまとめていきます。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

60代風俗嬢の実態

おばあちゃんさすがに60代となると人妻をコンセプトにするのは難しくなります。
60代風俗嬢のコンセプトとは何なのでしょうか。
それは、熟女風俗をベースにした「おかあさん風俗」です。
60代風俗嬢はヘルス、中でもデリバリーヘルスで勤めることが多いです。
しかし、先ほどおかあさん風俗とかいたように、ある意味では50代までのデリヘル風俗嬢とは纏っている雰囲気が違います。

中には60代風俗嬢を指名する若い男性は、60代デリヘル嬢の指名理由として「お婆ちゃん子」だったからと挙げたそうです。
つまり、60代風俗嬢にお婆ちゃんやお母さんを重ねる人がいるということです。
甘えさせてくれる雰囲気が魅力なのでしょう。
他にも同年代の60代や70代の男性がデリヘルのお客さんになるケースが増えています。
風俗業界も高齢化が進んでいます。
利用者もまた高齢化したからこそ、一定以上の年齢の風俗嬢にも需要が発生しています。

若い世代とは気まずくなってしまう年齢の男性や、若い女の子が苦手な男性が熟女風俗店の利用客には多いです。
「客引きの女性について行ったら、お相手してくれたのが60代だった」などというのは、昭和の時代にはよく見られた光景でもあります。

ある意味でその昭和の雰囲気をよく残しているのは五反田になるでしょう。
もともと五反田は風俗のイメージが強いですが、熟女風俗も盛況です。
他方では池袋や鶯谷は風俗の激戦区ですが、そこでもなお60代風俗嬢が働く需要が求人で確認できます。

このように昭和から続く風俗の土地や現代の激戦区でも60代以上の風俗嬢に需要があります。
何よりも年齢以上に見た目によって採用が決まるのが風俗業界の特徴でもあります。
太っていると言うよりも柔らかいイメージを与えるスタイルをしていて、きちんとメイクをしていることが必要です。
目指すのは「美熟女」になります。
おかあさんの雰囲気を味わいながら、さらにヘルスサービスの相手が美熟女であれば言うことがないというのが、お客さんの本音でしょう。
あくまでも、コンセプトとしてのおかあさん風俗は接客態度に反映されるものです。
性サービスを提供する時には美熟女であることが望ましいのでしょう。

60代風俗嬢の給料・手取り事情

お金60代になったから手取りが減るということはありません。
60代で風俗嬢を続けるにはお客さんの人気か、風俗店の人手が少ない時間に働くかなどが必要です。
むしろお店に貢献してくれる優秀な風俗嬢とも言えるので、風俗店からの待遇は良いかもしれません。
新たに60代で風俗嬢になった時ケースを考えます。
この場合は熟女をコンセプトにした風俗店に勤務するのが一般的になるでしょう。
熟女専門店というのは、若い女の子をメインとした風俗店よりもリーズナブルな価格になります。
お給料事情も若い女の子たちと比べるとやや安くなります。
熟女専門店はデリヘルが多いので、ここではそれを基準に時給を見ていきます。
若い女の子達が「15000円~」を最低時給とするのに対し、熟女系の風俗店では12000円~15000円位までが相場です。

先ほども書きましたが、年齢によって時給が決まるわけではありません。
お客さんの指名の有無によって時給が決まります。
指名がなければお給料は発生しません。
また、手取りを多くしたければ、指名の他にオプションなどのバック料金を受ける必要があります。
これらは接客態度によって決まるものであり、年齢によって左右されるものではありません。

もっと手取りが必要だな」と思っても、若い女の子と張り合うのはお勧めしません。
むしろ熟女専門店で人気嬢となり、指名を増やすことで効率的に稼ぐことを目的にした方が良いでしょう。

デリヘルは風俗業界の中でも最大の経済規模を誇ります。
そしてコンセプトもコスプレから美熟女まで多数存在しています。
60代風俗嬢であれコンセプトに合うお店もあるでしょう。
若い女の子たちの時給には負ける可能性があるものの、デリヘルは高給の手取りが可能な日払いのお仕事です。

60代になって日払いでこれだけ稼げるのは、ある意味で風俗だけの特権です。

60代風俗嬢の求人

60代とはいえ身なりに気を使い、綺麗な格好をしているのであれば、年齢によらず風俗店への採用の可能性があります。
先述していますが、見た目や雰囲気は「美熟女」が望ましいです。
風俗店の中にも美熟女を特にコンセプトとしたお店もあります。
では、60代は何をアピールするかといえば、出勤可能時間でしょう。
特に60代ともなれば家庭の方も一段落し、自分の時間を持てるのではないでしょうか。
出勤時間について他の風俗嬢が入らないような時間に入れると、待遇や指名の面で有利になります。
面接で問題になるのは体力面の話です。
見た目はともかく体力は年齢に依存します。
自身の調子と相談してお店に出る時間を決めましょう。

稼働時間が短くても、例えば早朝の出勤が可能なら有利になります。

60代風俗嬢になるために

美熟女が理想だと書きましたが、気取りすぎも問題になります。
お客さんが接客態度として求めているのはおかあさん風俗のコンセプトでした。
普通のおかあさんの恥ずかしいところが見たいと言うのも、また同時に存在している需要です。
このある意味では、母恋しいお客さん向けの接客態度ですが、一定数以上の需要があるのも事実です。
美熟女の見た目で、お母さんのように接しリピーターを獲得しましょう。
この手の欲求を持つお客さんはリピーターになりやすく、他の風俗嬢に浮気しにくいという特徴があります。
デリヘルを利用したあとに気に入ってもらえれば、長く指名してくれる可能性があります。

まるでおかあさんのような雰囲気で接客する以外にも、例えば同年代が利用者だった場合には、お互いに年相応な振る舞いをするのがよいでしょう。
彼らは密会の雰囲気も味わいに来ています。
60代となれば圧倒的に年上なことが多いです。
ベースは甘やかすような接し方をし、同年代には対等に接することが必要です。

60代風俗嬢も稼げる

お金60代風俗嬢も需要があります。
純粋に若い女の子よりは時給が落ちるかもしれませんが、十分に高給と言える日払いの手取りが得られる可能性があります。
実際に、例えば五反田や池袋、鶯谷などの風俗激戦区と言える地域でも60代風俗嬢向けの求人があり働くことが可能です。

60代風俗嬢が勤める風俗店はだいたいが熟女専門をコンセプトにしています。
特に60代では「おかあさん風俗」がコンセプトになるでしょう。
「おかあさん」といえど求められる見た目の理想は美熟女になります。
主にデリバリーヘルスで働くことになりますが、この時はお客さんの指名が大切です。
風俗業界でどれくらい稼げるかは、お客さんからの指名に依存します。
勤務したからといってお金が発生するわけではありませんが、指名されれば一気に稼げるようになります。

熟女風俗の時給がやや低いとしても、女性が持つ属性とコンセンプトにあったお店で働けば、指名率が上がり一気に巻き返せるでしょう。
60代女性ならおかあさんや、年上、(美)熟女です。
60代でも日払いの高給手取りが可能であることは、ある意味で風俗嬢の特権とも言えます。
需要がある以上は、稼ぐチャンスはあると言えます。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする