セクキャバで初めてついたお客さん全員に名刺を渡してる?

風俗店、その中でもセクキャバで働いている女性の中には名刺を新規のお客さんも含めて全員に渡している人がいます。
一体それにはどのような理由があるのでしょうか。

ここではその必要性、そして効果的な渡し方についてご紹介します。

セクキャバでも名刺が必要なの?

まず最初に、セクキャバの仕事には名刺が必要なでしょうか。

稼ぐためにはリピーターを作ること

回転 矢印風俗の仕事は何だと思いますか、という質問をした時に、少し自分の仕事を客観的に見ている女性であれば「営業です」「接客業です」「人気商売です」と答えるかもしれません。
そしてどの答えも正解です。
というのは、風俗の仕事とは「お客さんがつかなければ稼げない」からです。
これが工場で機械を組み立てたり、事務所でパソコンの画面をにらむような仕事とは圧倒的に違う点であり、風俗の仕事すべて共通している点です。

セクキャバは基本的に時給制ですからその要素はまだ少ないですが、ソープやデリヘルのような歩合制の仕事の場合は、お客さんがつかなければ全く収入がない、という意味で、お客さんの数=稼げる収入、になります。
セクキャバでも、指名料などを考えれば、ソープほど極端ではないとしても、やはりお客さんのつく数と稼ぎの多さは比例します。
ではそのお客さんの数、ということをもう少し詳しく説明しましょう。
お客さんには新規客とリピーターがいます。

このうち、より稼ぎに貢献してくれるのはどちらでしょう。
もちろんどちらも大切ですが、実は稼ぎと直結するのはリピーターです。
というのも、新規客は非常に不安定だからです。
週末や給料日後、ボーナス直後などは非常にたくさん来店するので増えますが、景気が悪くなったり月の半ばなどはぱったり来ない、という日もあります。

その点リピーターは安定してます。
定期的に来店してくれ、そして必ず指名をしてくれます。
ですから、安定した稼ぎを作り、そしてその稼ぎの金額を多くするには、どれだけリピーターの数を増やすか、ということが重要で、新規客はその上に上乗せするくらいのつもりでいたほうがいいのです。
ある意味、リピーターは安定して利子を稼いでくれる貯金のようなものなのです。

名刺はリピーターづくりの武器

名刺ではその稼ぎの源泉となるリピーターはどのように作ればよいのでしょうか。
もちろん基本は一生懸命、接客とサービスをしてお客さんに満足してもらうことです。
そうすれば次もこの子に会いたいと思ってもらえ、リピーターになってくれます。

しかし会いたいと思っても「どの店のどの子だったか」ということを意外にお客さんはすぐに忘れてしまいます。
ですからその次に必要なのが「自分のことを覚えてもらう」ということです。
お客さんによっては風俗はセクキャバだけではなく、ソープやデリヘルなどいろいろな店に行くかもしれません。
セクキャバもその日の気分や外出先次第で違う店に行くかもしれません。

何より自分の店に来ても、指名をしなければほかの女性が接客をすることになり、その子のリピーターになってしまうかもしれません。
その人を自分のリピーターにするためには、そのたくさんの風俗店の、たくさんの女性と実は知らない間に競争をして、その中で「特別な存在」になる必要があるのです。
それが、簡単に言うと「自分のことを覚えてもらう」ことです。
そこで、名刺を渡しておけば、風俗に行こうと思った時に、その名刺が財布やスーツのポケットに入っているのを見つけて、「そういえばあの子のサービス良かったな」と思い出してもらえます。

そしてそれは、その名刺に書いてある女性を指名するために来店する、ということにつながります。
つまりリピーターになってくれるのです。
また仮に自分のことを思い出して来店してもらっても、名前がわからなければ指名できません。
その時に名刺を渡しておけば、「〇〇ちゃん、お願い」とそれを見て指名してもらえます。

ですからセクキャバであろうとソープであろうと、お客さんがつかないと稼ぎにならない「営業」の仕事である以上、名刺を渡して自分を覚えてもらう、思い出してもらう、ということが非常に大切なのです。

名刺を渡すことは自分のグレードアップになる

また風俗に来るお客さんにはサラリーマンや会社経営者など、名刺を使って仕事をしている人が多いです。
ですから、自分が仕事をする時と同じように風俗嬢が名刺を渡してくれると、「この子はきちんとしているな」と思ってくれます。

ソープであっても高級店以外では名刺を渡さないところも多いですから、セクキャバで名刺を渡せば、それはほかのセクキャバ、ほかの女性よりも自分を引き立てる、つまりグレード感のアップにつながるのです。
以上のような理由から、セクキャバで働く上でも名刺がとても大切だということはお分かりいただけたでしょうか。

名刺は新規客でも渡す?むしろ新規客に渡そう!

では次に、その名刺を誰に渡すのか、という点です。

名刺はリピーターになる前に渡す

回転 矢印女性の中には「親しくなったら、その人にあなたは特別よ、という意味で名刺を渡そう」と思っている人もいるかもしれません。
たしかにネットの掲示板や出会い系サイトなどでは、知り合って親しくなってからでなければ自分の名前などの個人情報は教えないでしょう。

しかし名刺の場合は全く逆です。
むしろ新規のお客さんにこそ名刺を渡すべきなのです。
その理由は上でもお伝えした通り、名刺の目的は「自分のことを覚えていない人に覚えてもらう」「あとで自分のことを思い出してもらう」ということだからです。
その意味ではリピーターは、こちらのことを覚えてくれていますから、来店したら何も見ないで「〇〇ちゃんで」と指名してくれます。

ですから、名刺は渡さないでもいいくらいです。
したがって、名刺はむしろまだリピーターになっていないお客さん、つまり新規のお客さんには全員に渡しましょう。

名刺の渡し方はマナーに沿って

また名刺の渡し方も大切です。

渡し方はきちんとビジネスのマナーにのっとった形にしましょう。
サラリーマンの基本的な名刺の渡し方は
①名刺入れにきちんと名刺を入れておく
②両手で名刺入れを持ち、その上に名刺を載せて出す。
③片手で名刺を相手に差し出す
④名前を名乗りよろしくお願いしますという
の4ステップです。
ですからどうせ渡すのであれば、そのマナーに沿って行ったほうが、より自分のグレード感がアップします。

不思議なことに日本のビジネスの社会では、名刺=人格、というような価値観がありますので、名刺はとても大切に扱うことがポイントなのです。
ですから、お店から用意された名刺を裸で持ち歩いたり、財布に入れて持ち歩くのはNGです。
100均に行けばカードケースか、名刺入れはいくらでも売っていますから、その中から女の子っぽい、印象の良いものを買い、名刺はその中に入れて、接客の時には必ず持って行きましょう。

メッセージを書き込んでほかの女の子と差をつけよう

またもう1つ重要なポイントは、より印象に残る名刺にすることです。
たとえば名刺に字を書き込めるスペースがあったら、そこにお客さんへのメッセージを手書きで付け加えましょう。
表面にスペースがなければ裏面でも構いません。
来店へのお礼の言葉や、自己PR、あるいは出勤日、営業用のLINEやフリーメールアドレスなどを書くことで、ほかの女性から自分を別格の存在にすることができます。

具体的にはこのような文章です。
感謝と次も会いたいという気持ちは「今日はご来店ありがとうございます!一生懸命サービスしますのでよろしくお願いします!」など。
語尾にハートマークを加えたり、ちょっとしたイラストを描いたりすると、より親近感のある女の子らしい名刺になります。
また自分のスケジュールも「出勤は〇曜日です!勤務時間は〇時から〇時が多いです!」と書いておくと、次の来店をその日に合わせてくれるなど、リピートの可能性が高まります。

上のような基本情報を書いたら、さらに他の女性と差がつく文章を付け加えれば最高です。
1番よいのは、その日の感想をその場で書き加えることです。
たとえば、「〇〇さんへ今日はありがとうございました♪お仕事が忙しくて大変だと思うけどあまり無理しないでね!いっぱい攻めてもらえて気持ちよかったよ❤また会いたいな!」
などです。

このような名刺をもらったら、リピーターどころか、絶対にその子の「ファン」になってしまうでしょう。

オリジナル名刺で個性を出そう

またお店によっては名刺を支給してくれる場合もありますが、お店のロゴが印刷されてる、いかにも「ビジネス!」という感じのシンプルな名刺は、お客さんに「特別感」を与えられません。
ですから、より自分らしさを出して印象を強くするために、自分だけのオリジナル名刺を用意してみましょう。

実際に指名をたくさんとっている女性は自分が選んだデザインのオリジナル名刺を用意している場合が多いです。
今はネットでデザインを選んで100枚くらいから1000円程度の費用で作れます。
デザインも女の子っぽいものから、セクシーな感じのものまでたくさんそろっていますから、ぜひ作ってみましょう。

名刺を渡すことにしたら、念のためお店に確認を

チェックリストただしお店によってはお客さんと女性が直接連絡を取ったり、あるいは名刺を渡すことさえ禁止している場合もあります。
その理由には2つあります。
1つは、お店を通さずお客さんと直接会ってそこで稼いでしまう、いわゆる「裏引き」の防止のためです。
そしてもう1つは個人情報を知ったお客さんが、何かの拍子にストーカー化してしまうリスクを避けるためです。

逆に言えば、それをきちんと考えている名刺であれば、むしろリピーターづくりはお店の売上につながりますので大歓迎のはずです。
ですから、たとえば、自分の電話番号や携帯メールアドレスなどの個人情報は書かずに、営業用のLINEのIDやフリーメールを作ってそれを書き入れる、など工夫しましょう。
お客さんにとって風俗であっても女性と直接連絡が取れることは「疑似恋愛感」があって楽しいですし、「この子は自分のことを気に入ってくれたので連絡先を教えてくれた!」と優越感を持ってもらえます。
それは間違いなく、リピーター化につながります。

まとめ

いかがですか。
一生懸命の接客やサービス、プレイはどの女性でもしていることです。
ですから同じこと「だけ」をしていたのでは、ほかの女性と自分を差別化できません。

差別化できないということは、リピートしてくれない、つまり稼げない、ということです。
当然、一生懸命の接客はしなければなりませんが、その上で自分を差別化するための武器、リピーターづくりの武器が名刺なのです。
上で書いたことを参考に、ぜひ初めてついたすべてのお客さんに名刺をしっかり渡して自分を特別な存在にしましょう。
それがリピーター作りになって、安定した稼ぎにつながります。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする