生理中にセクキャバで働ける?ナプキンつけて問題ない?

こんにちは!
今回はセクキャバでは生理中も働けるのか調べてみました。

普通のキャバクラと違いお触りがあるため、生理中でも働けるのか不安な女性も多いようです。
出勤できなければその分お金を稼ぐことはできません。
風俗で働く女性の多くは、できるだけ効率的にたくさんのお金を稼ぎたいと思っているため、生理中も出勤して稼げるかどうかは大きな問題です。
果たして、生理になってしまったらセクキャバに出勤できるのでしょうか。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ソープやヘルスは生理休暇がある

カレンダーソープやヘルスなどのいわゆる性風俗のお仕事では下着姿や裸になることが多いです。
そのため、生理中にナプキンやタンポンを使用するのが難しいため「生理休暇」をもらえるケースが少なくありません。
ソープでは本番があったり、ヘルスでは素股があったりと、膣との接触があるので、女性の体のことを考えても生理中は無理せずにお休みすることをおすすめします。

生理で休む権利

生理休暇はだいたい1週間ほどもらえるのが一般的ですが、お店によっては3日しかもらえなかったり、ひどいケースだと生理休暇がまったくないこともあるそうです。
生理で仕事をするのが困難な女性に、お店が労働を強制することは、労働基準法で禁止されています。
お店によっては、生理休暇の日数を女の子が好きに決められる場合もあります。

生理の重さは人それぞれです。
生理の最中だけでなく生理の1〜2週間前から、月経前症候群(PMS)の症状に悩まされる女性も少なくありません。
月経前症候群の症状は、10人いれば10通りあるといわれるほど多岐に渡ります。
頭痛に悩まされる人もいれば、体のむくみ、お腹の張り、イライラ感、空腹感などでいつもの自分ではない状態になってしまうこともあります。

風俗のお仕事は、精神的にも肉体的にもハードなお仕事なので、お金を稼ぎたいからと無理して生理の前後に出勤するのはあまりおすすめできません。

自由出勤のお店を利用する

風俗店では最近自由出勤のお店が増えています。
風俗のお仕事では、出勤のスケジュールの提出期限が前日などとギリギリでも大丈夫なことが多いです。

自分の体と相談して、今回は生理が重いなとか、今回は生理痛と頭痛がひどいなという時は、少し長めに生理休暇を取ることもできます。
いくら自由出勤といっても、その日の気分で出勤するか否かを決めていいものではありませんが、事前にお店に相談しておけば普通問題になりません。
お店として1番困るのは当日欠勤や遅刻です。
逆に当日になって、出勤する予定はなかったけど出勤したいというパターンは大抵許容されます。

このように自由出勤のお店は柔軟に出勤日を決められるので、その制度をうまく利用してください。

生理中は無理しないで

生理になると、生理痛、頭痛、腰痛などの身体症状のほかにもイライラしたり、何かにつけて泣きたくなったりとメンタル面でも不調が出ることがあります。
そんな状態で接客するのは、正直なところかなり辛いはずです。

また生理中は膣が非常にデリケートな状態になっているため、細菌性膣炎や非特異性膣炎などの病気にかかるリスクが高くなります。
膣炎になるとおりものが増えたり、かゆみや痛みが出たり、悪臭が出ることもあります。
治療にはおおよそ1週間ほどかかるようなので、生理が終わってもすぐにはお仕事できません。
また膣炎にかかっている状態では性感染症への感染リスクも高くなるため、治るまでは指入れや本番はもちろん、素股もあまりおすすめできません。

海綿を使う

海綿服を脱ぐソープやヘルスでは、ナプキンやタンポンの代わりに海綿を使います。
海綿は生理になった風俗嬢がよく使うアイテムです。
海綿とは海の生物からできている天然素材のスポンジのことです。

アミノ酸とコラーゲンかできるため、体にとても優しく、膣に入れても問題ありません。
海綿をピンポン球くらいの大きさにカットして、水で濡らしてから固く絞り膣の奥に入れます。
膣の中で元の大きさに戻り、経血を吸い取ってくれるというわけです。
入れたまま取れなくならないの?

と、不安に思う人もいるかもしれませんが、シャワーなどでお湯を勢い良く膣内に入れると、普通は水を吸って重たくなった海綿が自然に下に降りてきます。
海綿を大きくカットし過ぎると取れない原因になるので気をつけてください。
もしも取れなくなった時は、無理に指で取り出そうとせずに婦人科に行くことをおすすめします。
デリケートな部分なので、専門家に任せて処置してもらうのが1番です。

また、恥ずかしくないようなら店長に相談してみるのも一つの方法です。

セクキャバは生理でも出勤できる

さて、肝心のセクキャバについてですが、普通は生理でも出勤できます。
セクキャバでは露出の高い服を着ることはありますが、基本的に脱ぐことはありません。

お客さんとディープキスをしたり、お客さんに胸を触られたり舐められたりというソフトサービスが基本なので、生理中でも問題なく稼げます。
ただし中にはハードセクキャバというお店があって、膣への指入れを許容していることもあります。
そのため、ハードセクキャバで生理中に働くのは難しそうです。
先ほども指摘したように、生理中は何かと体調の変化が起こりやすい期間です。

セクキャバに来るお客さんの中には女の子の胸を強く揉む人が少なからずいます。
生理中は特に胸が張ったり、肌が敏感になっていたりするため、胸や乳首にかなりの痛みを感じるという女性はかなり多いのが事実です。
また生理中の女性は、男性から体を触られたくない状態になっているので、普段よりも風俗のお仕事を辛く感じる人も多いです。
セクキャバをはじめ風俗のお仕事は、出勤しなければお給料をもらえません。

生理中でも通常通りに出勤できるセクキャバ嬢もいますが、女の子の多くは無理して出勤していると思います。
残念なことに、普通のセクキャバには生理休暇はありません。
ハードセクキャバの場合は例外的に生理休暇を取れるお店があります。
しばらく働いているうちに、生理中のお仕事について何が自分にベストなのかがおのずと見えてくると思います。

入店する前の面接で生理中のお仕事について、お店側とよく話し合っておくと良いです。
体調や精神面も考慮しつつ、お店と相談して生理中の対応を考えてくださいね。

ナプキン禁止のお店も

禁止 マークセクキャバの中には生理中でもナプキンの使用を禁止しているお店があります。

つまりナプキンは不可でタンポンのみが使用を許可されているということです。
下半身のお触りNGのお店でも下着のうえから触られることはあります。
そんな時にナプキンをしていると、男性客としてはゴワっとして触感にがっかりしてしまうんだそうです。
実際に「セクキャバに行ったら、ナプキンで下半身をガードしてて興ざめだった」というお客さんの口コミも少なくありません。

そんなお客さんへの配慮のためか、「ナプキン禁止」のお店もあるようです。
また、お店によってはTバック必着の場合があります。
Tバックではナプキンをつけることができないので、必然的にタンポンを使用することになります。
しかし、実際問題Tバックにタンポンで生理中にお仕事するのはかなり辛いです。

経血が漏れたりしないか心配になりますよね。
生理の時でも休ませてもらえず、Tバックにタンポン必須というお店なら、お店を移ることを考えても良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

セクキャバでは、ソープやヘルスなど裸になるお仕事に比べて生理中も出勤しやすいジャンルであることがわかりました。
生理中でもたくさん稼ぎたい風俗嬢は、その期間だけキャバクラやセクキャバ、下半身は脱がないエステなどを掛け持ちしていることも多いようです。
生理が重い、月経前症候群が辛いという女性は、月経の軽減やコントロールのために低用量ピルを服用するのもひとつの方法です。
婦人科で相談してみてくださいね。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする