人妻(熟女)風俗店で働いてツライと感じることは?客層は悪い?

風俗ビジネスで働いている人はよくわかると思いますが、この仕事は接客業であると同時に肉体労働です。
接客業には接客業のツラサがあり、肉体労働には肉体労働のツラサがありますが、風俗ビジネスの場合はそれがダブルですから、本当に大変ですよね。

特に人妻風俗店や熟女風俗店の場合は、人妻好き、熟女好きの人の中には気の弱い、人柄のいい男性も言いますが、中には「人妻だから経験豊富だろ」「熟女ということで若くない分ハンデがあるんだからこれくらい奉仕して当然」と思っている人もいて、無理な要求をしてくることも少なくありません。
それを客層が悪いと言ってしまえば確かに悪いでしょう。
ここでは、そのような人妻風俗店、熟女風俗店で働いてツライと感じることについてご紹介していきます。

サービス・プレイでツライこと

まず最初に、ヘルスであれソープであれ、そもそも風俗ビジネスで行うサービスやプレイでツライことです。

本番の強要

人妻(熟女)風俗店で働いてツライと感じることは?客層は悪い?これはヘルスの話ですが、基本的には本番はない風俗であるにも関わらず、本番を強要しているお客さんが結構な割合でいるということです。
特に、指名客やリピート客の場合はその女の子が本番NGだということを知ったうえで指名してくるので、そのようなことは少ないですが、フリー客や新規客の場合、その大半が本番OKだと思ってくることが多いです。

プレイの最中に「入れていいか」と聞いてくる人もいれば、知らんふりして流れで入れてこようとする人もいます。
そういう場合、当然「生」ですから、さらに悪質で危険でもあります。

あまりしつこいようであれば、スタッフに電話をしてスタッフから断ってもらうようにしている店が多いですが、しかしそうなったとたんに態度が変わって怒り出すお客さんも少なくありません。
指名のお客さんではそういう人は少ないと書きましたが、その少ない方の人はもっと露骨です。

「指名してあげたから」「やらせてくれればまた指名するから」というような上から目線で本番を強要してきます。
お客さんからすれば「結構なお金を払っている」という意識なので「元を取る」つもりなのでしょうが、強引に入れられることは何とか避けられても、毎回そのようなやり取りがあるのは精神的に疲れてきて、本当にツライものです。

拷問的プレイ

またある種の「拷問的プレイ」もツライものの1つです。

これがSM系のお店であれば、「拷問プレイ」ですから、最初からわかっていますし、そういうコンセプトのお店なので我慢もできますが、「拷問的プレイ」の場合はそうはいきません。
心の準備もできていませんし、女の子からすれば、お金をもらっているとはいえ、そこまでしなければならないのか、という気持ちになります。
その拷問的プレイとはたとえばこのようなものです。
1つはフェラチオの時に多いプレイです。
喉の奥でいきなり発射されてむせてしまったり、「ごっくん」オプションのお客さんが続くと飲むのがツラクなってきます。
中には連続10人に飲まされた、という女の子もいるくらいです。

2つめはアナル舐めでしょう。
アナルがきれいで臭くない人の方がむしろ少ないくらいなので、仕事だとは言えそれを舐めるのは拷問以外の何物でもありません。
中には舐めている最中におならをするお客さんまでいるくらいです。

3つめは、一種の「変態系」です。
聖水プレイや赤ちゃんプレイなどはオプションであるので、プラスの歩合も入るため我慢できますが、そうではなく通常プレイの中で変態的な要素が入る場合です。
たとえば、何度も大声で「気持ちいい」と言わされたり、美人過ぎるとイケないと言って、鼻の穴を広げられたり頬をずっとつねって変顔させられたり、ということも実際にあります。

4つめは、まさにザ・肉体労働という感じですが、女の子主導のプレイをずっとやらされることでしょう。
たとえば120分のプレイタイム中、延々と騎乗位で腰を振らせる鬼のようなお客さんもいて、それは苦痛以外のなにものでもありません。

接客そのもの

会話また接客そのものがツライという女の子もいます。

風俗で働く女の子の中にはコミュ障気味の子もいて、だからこそ一般の仕事ではなく風俗で働いていたりするわけですが、しかしお店からは「笑顔で接しろ」とか「お客さんとコミュニケーションを取れ」などと指導されます。
また、わざとではなく性格的に淡々と接していると、あとでネットなどに「不愛想な接客」などと拡散されて、お店から怒られたり指名が減ったりすることもあります。
そうならないようにするには、どんなお客さん相手にも笑顔で接し、大げさに喜んで、一生懸命会話がつながるようにして、という努力が必要になりますが、これがツライのです。

人間関係でツライこと

また、風俗で働く女の子たちは個人主義で「他人のことはわれ関せず」という子が一般の職場などに比べると多いのですが、それでもスタッフがいて、同僚の女の子がいて、という意味では狭くて閉ざされた社会です。
ですので、そこにいることで人間関係の面でツライことも多いのです。

スタッフとの人間関係

1つは男性スタッフとの人間関係です。
まず男子スタッフと店の女の子が、御法度ですが「できちゃっている」場合です。
そうなるとその子ばかり贔屓したり、いさかい事があるとその子の肩を持ったリ、そのことで店の雰囲気が悪くなったりする、というのが「われ関せず」ではあっても、ツライのです。
また、あまりのスタッフの仕事の仕方が悪いので文句を言ったりすると、それを逆恨みして、その女の子が出勤しているのに帳簿から名前を消したり、受付のプロフィール写真を外したり、というようなある意味レベルの低い、陰湿ないじめをしてくることもよくあります。
これらは、一般の会社のOLにもあることでしょうが、OLの場合はほかに訴えるところがあります。

しかし、風俗店の場合は相手が店長だったりするとその上の上司や人事部に訴えたり、ということができません。
つまり黙って我慢するか、お店を変わるかしかなく、精神的に追い詰められてしまうのです。

同僚の女の子との人間関係

もう1つは、やはり同僚の女の子との人間関係です。

特に個室待機ではなく集団待機のお店の場合は、その待機部屋が「大奥」化することが多いです。
古株の風俗嬢の発言力が異常に強くて、にもかかわらず自分には指名が少ないので人気の女の子に嫌がらせをしたり、もっと露骨に私物を壊したり隠したりというようないじめをしたりします。
仮に男性スタッフにそのことを訴えても、それこそわれ関せずで、対処してくれません。
また、表面的には普通に、あるいは仲良くしている同僚の子が、ネット上の風俗嬢の掲示板のようなところに、陰でこちらの悪口を書いたりします。

それも待機所で話した内容を、悪く膨らませたり、ありもしないことをねつ造して、中傷したり貶めたりするのです。
中にはこれがショックで、精神を病んで辞めていく女の子もいるくらいです。

生きていくうえでツライこと

また、さらに本質的なこととしては、風俗の仕事をして生きていかなければならない、ということそのもののツラサです。

家族、彼氏に絶対に言えない

まず1番は、人妻風俗店の場合は、女の子の大半は実際に人妻で、旦那や家族がいたり、あるいは彼氏がいたりするわけですが、基本的には絶対に風俗で働いていることは言えません。
バレたら離婚ないし破局です。
ですので、疑われないように細心の注意をしなければなりませんし、話のつじつまが合うようにいつもぴりぴりしていなければなりませんし、何より仕事上で落ち込んだりしてもその愚痴をこぼすこともできません。

1番親しいはずの人に、絶対に言えない秘密があるということはなによりツライことです。

稼げない

また、そんなツライ風俗の仕事をしている理由は何よりお金のためですが、にも関わらず稼げない、というのも非常にツライです。
特に人妻風俗、熟女風俗と言っても、大半のお客さんが求めているのは「年相応に老けている女の子」ではなく「人妻であるのに、あるいは熟女であるのに見た目が若々しい子」ですから、年齢が行くにしたがってどんどん指名がなくなります。

そうなると当然稼げませんので、それでも稼ぐ必要があるのなら、さらに危ない、もっとハードな風俗に移っていくしかありません。
そういう風に自分の身体を切り刻みながら稼いでいくこと言うことは大変なツラサです。

精神的に壊れる

仮に人気の女の子であっても、ほとんどの場合お客さんからは性処理の道具だと思われていて、そのように扱われます。

無理なリクエストもあれば強引なプレイもあります。
あるいは狭い社会での人間関係もあります。
そういう、「自分が人間として扱われない」ストレスの中にずっといると、どんなに図太い人でもだんだんと精神的に壊れていきます。
風俗の仕事をしていると、最後は身体を壊すか、精神を壊すかして辞めていくしかないのです。

性病にかかる

会話また、さらにリアルにツライというか怖いのは性病です。
クラミジア程度であればまだよい方で、うつされる可能性は低いとは言え、最悪の場合はHIVがあります。
お店によっては、性病予防に力を入れているところもありますが、そうでなければ自分で自分を守るしかありません。

しかしそれにも限界があります。
そういう意味で風俗で働くということは、いつかは何らかの性病にかかってしまうということです。
それは自分にとってもきついことですが、旦那や彼氏にうつしてしまった場合は最悪です。
相手にも申し訳ないですし、それでも別れたくなかったら、何とか誤魔化すしかありません。

そういうことすべてがツライのです。

まとめ

いかがでしたか。
風俗ビジネスは本体ツライものですが、その中でも人妻風俗、熟女風俗はさらにツライ要素がたくさんあります。

多くの女の子はその中で頑張っていますが、中には自分で自分を傷つけてしまう子もいます。
できればそうならないように、自分をしっかり守っていくようにしましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする