オナクラを辞める理由で多い理由は何?

オナクラとは言え、風俗を何年もずっと続けようと思う人はそう多くないですよね。
特にオナクラはソフトサービスであるが故に、人気が出やすいのは20歳前後の若い女の子ばかりです。

そのため長くても学生時代のバイトで終わらせたいとか、ある程度まとまった貯金が出来たらすぐに辞めたいと考えている人もいるでしょう。
他の風俗店に比べたら楽だからとズルズル続けていると辞めるタイミングを失い、そのままヘルスやソープへと進む可能性も十分にあるので、風俗に深く身を落とす気がないのならオナクラまででサクッと辞めるのがベストと言えます。
ベストですが辞める理由と言うのは十人十色、辞めたくて辞める人もいれば辞めざるを得ない人もいます。
オナクラを辞める人は一体どんな理由で辞めていくのでしょうか。

一番多いのは実はコレ…「稼げない!」

財布オナクラとは切っても切れないと言っても過言ではない台詞があります。
「思ったより全然稼げない!」

今の時代、風俗であっても並のOL給料くらいしか稼げなくなっていると言われていますが、オナクラも例外ではありません。
むしろオナクラは過半数の女の子は稼げていません。
芸能人並に可愛いor美人で、ヌードになることも大丈夫でオプションも色々OK出している…なんて人ならヘルス並に稼げますしソフトプレイが中心なので仕事も苦痛に感じていませんが、オナクラ嬢の半分以上は1日2万も稼げない人ばかりです。
オナクラとは言え、男性のアソコ見たり触ったりしているのに2万も稼げないなんて阿呆らしいと考えてしまいますよね。

ですので、お店やお客とのトラブルよりも実はこの稼げないと言うのが辞める理由として一番多かったりするのです。
ちまちまとお小遣いを貯める程度なら昼間のバイトよりは稼ぎやすいですが、しかしそれならオナクラとは言え無理に風俗である必要は見出せなくなってきます。
大金が必要ならば覚悟を決めてヘルスやソープなどより濃厚なプレイをする風俗店に移るか、オナクラ以上のことはできないと思うなら昼職を探すか。
いずれにせよ「稼げないからオナクラである意味がない」とオナクラを去る人が多いのです。

辞めるときは馬鹿正直に言う必要はありません

さて、思ったより稼げないからオナクラを辞めたいとなったとき、それをお店に正直に言って良いのでしょうか。
あまり良いとは言えませんね。

系列のヘルスやソープに移りたいと思っているなら「稼げないからそっちに行きたいです」と言えばむしろお店側は喜ぶかもしれません。
お店としては売上が出やすい方に行ってくれた方が有り難いですからね。
しかしそうではなく辞めたいとなった場合は、稼げないからと言ってしまうと辞める際にゴタゴタとトラブルに巻き込まれてしまいます。
「そっちがお客を取ろうとしてないんでしょ」等ネチネチ責める嫌がらせを受けたり、ヘルスやソープへしつこく勧誘されたりと辞めるまでに無駄な精神力を使う羽目になります。

辞めると決めたらサラッと辞めたいですよね。
しかし何も言わず蒸発するとそれはそれで面倒なことになりますので、適度な嘘をついて円満に辞めた方が自分の為にもなります。
以下に、お店に告げる退店理由としてよくあるものをちょっと上げていってみます。

目標金額まで貯金が貯まった

貯金風俗全体の退店理由としても上位に来る台詞です。
嘘ではなく実際の理由としてお店に告げている人も多いです。
目標金額が明確でコツコツと無駄遣いを一切せずに仕事にも真面目に取り組んでいた人は、オナクラの少ない給料でもしっかりと貯金を行えています。
無事目標金額が貯まればそれ以上風俗にいる必要はありません。

「貯金したい額が貯まったのでこれ以上風俗で働く気はない」ときっぱりすっぱり伝えれば、お店側もそれ以上は引き留めません。
風俗で働くと言えばお金の為。
これはお店側も重々承知している認識ですので金の切れ目が縁の切れ目ではありませんが、稼ぐ必要がないと言う女の子を無理に引き留めることはしません。
できれば最初の面接の際に「〇万貯まったら辞めます。

それまでは頑張って稼ぎます」と宣言しておくと更にすんなり話が通しやすくなります。
宣言のときには実際の目標金額よりも低めに、オナクラの給料でも実現できそうな額にしておきましょう。
貯まっていなくてもっと効率よく稼ぎたいから他店に移ると言う人でも、ひとまずこれを伝えると、何かの拍子で他店勤務がバレたときにも「更に必要になったので」という逃げ道として使えることもあります。

彼氏や家族にバレたor近々結婚する

プライベートを理由にするのも退店理由としては有効です。
バレそう、ではありません。
バレたとハッキリ事後であることを伝えましょう。

今すぐ辞めないとマズい、もうこっちでトラブルになっているという緊迫感を伝えればお店も何も言ってきませんし、辞めたあとの連絡もほぼ取ってきません。
そもそも風俗で働いていることを隠しておきたいと考えている風俗嬢は多いですし、お店側もそうした女の子の事情は理解してくれます。
よっぽどの悪質店でない限りプライベートを壊してまで風俗で働けとは考えていませんので、プライベートを優先した理由は聞き入れてもらえます。
もう風俗で仕事をする気がない、今後連絡を取られると不都合がある人はこの理由が一番使えるかもしれません。

結婚も同様、わざわざ幸せになると言う女の子をぶち壊そうとする悪魔のようなスタッフはそういませんので、風俗に今後関わりたくないと思う人なら使える理由になります。
ただこれは学生だとちょっと信じてもらえないかもしれませんので、どちらかと言うと身バレを理由にした方がスムーズかもしれません。
迫真の演技で有無を言わせない雰囲気を作りましょう。

性病にかかった

ウイルス残念ながらオナクラではほとんど使えない理由です。
何故なら、オナクラでは性病になる可能性がほぼゼロだからです。
性病にかかったから辞めたいと言われたらお店側だって、隠れて本番などの禁止行為をしていたのか、内緒でヘルスやソープと掛け持ちをしていたのかと疑ってきます。

系列のヘルスやソープで働いていてお店もそのことを知っている、もしくは掛け持ちOKのオナクラ店ならトラブルにはなりませんが、そうでない場合はまず良い顔をされません。
内緒でヘルスやソープと掛け持ちしてたなら、そちらのお店にお客を流しているのではと疑われますし、内緒で本番をしているならお店のルールを破ったとして最悪罰金を取られる可能性もあります。
辞めるのにお金を払うのも馬鹿馬鹿しい話ですから、この理由は安易に使わない方が良さそうだと言えます。
というか、そもそも粘膜同士の触れ合いがないとされているオナクラですから、性病にかかったからって「接客に影響ない」と判断されてしまえばそれまでですしね。

いずれにせよ、オナクラを辞めるための理由としては説得力に欠けてしまいます。

辞める時にはきっちりとお店に報告しましょう

辞める理由云々を書いてきましたが、それ以前にこれだけは働く者として守りましょう。

「辞めるときにはお店にきちんと報告する」
社会人として当たり前の礼儀になりますので、引き際はきちんとするべきです。
無言でとんずらをこくとHP上にいつまでも写真が残りますし、SNS等で嫌がらせとしてお客からもお店からも晒され続ける可能性もあります。
となると、ブラックリスト風俗嬢として他のお店でも採用されにくくなる危険があります。

風俗店って意外と横の繋がりが深いので、そういう情報は瞬く間に広がってしまいます。
少なくとも2週間前、出来れば1ヵ月前までに辞めることをお店に告げましょう。
きちんとした理由とはっきりと辞める意志が見られれば、悪質店でない限りお店も誠実に対応してくれます。
稼げないから辞めたい。

だからこそ、円満に退店できるよう表向きの理由をしっかり用意しましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする