セクキャバといちゃキャバならどっちが働きやすい?

同じソフトサービスのお店なら、セクキャバといちゃキャバ、どちらを選んだ方が良いでしょうか。
どちらもお酒を飲んで楽しく会話が出来るお店ですが、この2つ、どう言う違いがあるのでしょうか?
また、どちらが働きやすくて稼げるでしょうか?

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

セクキャバといちゃキャバの違い・サービスについて

測るセクキャバは「セクシーキャバクラ」の略語で、「お酒を飲みながら会話が楽しめ、更にはキスや胸へのお触りができる場所」。
キャバクラではお触り禁止ですが、セクキャバはキスと胸へ触れる行為迄は許されています。
下半身へのお触りは基本的に禁止、ヌキは無し(行為が発覚すると逮捕される)です。

ハードセクキャバと呼ばれるセクキャバだと、下半身へのお触りが出来るのですが、あまり多くはありません。
対するいちゃキャバは、キャバクラとセクキャバの中間的存在で、「お酒を飲んで楽しく会話ができ、服の上から胸へのお触りが出来る場所」。
女性が服を脱ぐ事は無いですが、お店によっては胸を露出してくれる所もあります。
セクキャバと異なり、キス、胸への直接的なお触りは禁止、下のお触りとヌキは無しです。

セクキャバ程触られたくないなら、迷わずいちゃキャバを選ぶと良いでしょう。
いちゃキャバはその名が示す通り、必要以上に嬢がいちゃいちゃしてくれる所です。
女性にもよりますが、ボディタッチが多かったり、耳や首筋を舐めてきたり。
サービス精神旺盛な女性ならこれくらい普通にしてきます。

キスは禁止とされていますが、中にはサービスを越えてフレンチキス程度ならしてくれる事もあるので、男性には非常に受けが良いです。
どちらも、コスプレ系や制服系のコンセプトを持ったお店があります。
体操着にブルマーのロリータ系いちゃキャバが秋葉原にありますが、かなりの評判です。
セクキャバ・いちゃキャバ問わず、コスプレ系は特に男性受けする様です。

まとめると、キスが出来るか出来ないか、胸を触れるか否かが大まかな違いと言って問題無いでしょう。
どちらもソフトサービスに分類されるお店なので、未経験者が始めるにはオススメの働き方です。

どちらが稼げる?

お金 どちらも時給制で、相場は3000円~5000円と幅があります。

それにプラスしてバックや指名料等が上乗せされるので、極端に稼げないと言う事はありません。
時給の保証もあるので仕事がなくても確実にいくらかは稼げる仕組みになっています。
セクキャバは割と稼げる嬢が多いですが、いちゃキャバではそこまで高額なお金を落としていく客は多くないので、セクキャバ程は稼げないです。
出稼で入店する女性は居るの?

2つのお店とも、もちろん出稼の女性は居ます。
風俗求人を見ると、どちらの求人も出稼嬢の受け入れはしていますが、いちゃキャバの方が求人が少ない印象です。
どちらにも共通するのは、がっつり稼ぐタイプのお店では無いため、出稼で遠方から働きに来る女性は少ないと言う事です。

体験入店はありますか?

体験入店(体入)はお店を知るチャンス。
仕事内容や雰囲気等を掴めるので、入店前にしっかり受けておきましょう。
体入時給は5000円~が一般的。

働きやすさ

どちらが働きやすいか、と言う問いに関しては、トークとお触りのどちらに重きを置くかで代わります。
話題選びに事欠かず、お客さんとの会話を途切れさせない自信があるならセクキャバの方いちゃキャバよりも楽に働けますが、お触りやキスが苦痛なら恐らくセクキャバ自体がイヤになるでしょう。
反対に、常に会話をしているのが苦手と言うならいちゃキャバの方が楽です。
極端な話、触らせておけば良いので言葉も何も要りません。

キスもなし、お触りにしても直に触れさせはしないので不快に感じる事はあまり無いでしょう。
直接的な接触が無い点で言えば、とても気楽に働けると言えます。
セクキャバ嬢の多くは、キスやお触りがとてもイヤ、と言います。
キモ客や口臭が酷い客を相手にディープキスしたり、乳首を乱暴に扱われたりして病んでしまう事もあるので、ストレスフルな仕事と言えます。

いちゃキャバは客に密着したり腕をからませたりと言った事はあっても、粘膜の接触はないので衛生的な観点からも安心安全と言えるでしょう。

年齢はいくつまでOK?

風俗を始めたい女性の中には、自身の年齢を理由に二の足を踏んでいる人がいます。
ですが、いくつであっても応募資格はありますので、年齢のみで不採用になる事はありません。

30歳以上の女性でも普通に働いています。
ですが、若干いちゃキャバの方が年齢を区切っている印象があります。
あるお店は18歳以上で募集していますが、別のお店は18歳~25歳くらいまでとしています。
これはおそらく、ガールズバーとして営業していた店が摘発を逃れるために業態転換した為だと思われます。

ご存知ガールズバーでは高校生も働いている様なお店。
そっくりそのまま業態のみ変えただけなので、いちゃキャバのコンパニオンは必然的に、高校生以上(高校生はダメ)から25歳くらいまでの年齢層になっていると考えられます。
より若い女性を欲しているのがいちゃキャバ、幅広い年齢層を募っているのがセクキャバと言う認識で良いでしょう。

働く上で生じるストレス

悩み 女性ヌキは禁止されているのでそう言った危険性を心配する必要はありませんが、客によっては迷惑な者がいます。
まずセクキャバ。
許されている以上のお触りをしてきます。
下のお触り禁止なのに、執拗に下半身に触れようとしたり、稀に本番を求めてきたりします。

また、丁寧に扱うべき乳首や乳房を強く噛んだり、激しく揉んだり。
あまりに乱暴だと嬢は怪我してしまうばかりか、病気に感染するリスクを負っています。
乳首を始終舐められている事で肌荒れを起こしてしまう事もあるとか。
ハードセクキャバでは指入れされた結果、粘膜が傷つけられてしまう事もあります。

主に怪我や病気に対してストレスやトラブルを抱えていると言えます。
いちゃキャバでは、上記の様な直接的な接触はないし、病気もあまり考えられません。
トークもそこまで必要とされないので、話せない事から来るストレスもあまり無いようです。
全体的に病む要素は無いので、ストレスなく働ける事が最大のメリットではないでしょうか。

それでも稀にキスを迫られる事はある様ですが。

いちゃキャバではとにかくいちゃいちゃする事が求められる

「いちゃいちゃするキャバクラ」の略語であるいちゃキャバでは、お客さんは思う存分いちゃいちゃして楽しめます。
服を脱がない&ヌキがないだけで、密着度や接触度はかなり高め。

サービスの激しさで言えばセクキャバの方が上ですが、「恋人的」なものを求めるのなら、むしろいちゃキャバの方が上です。
少々過激なハグやタッチが平気なら、いちゃキャバ嬢に向いています。

まとめ

セクキャバは病んでしまう事が多い。

対していちゃキャバは非常にソフトなのでストレスはあまり感じない。
ざっくり言うとこうなるでしょう。
働きやすさで言えば、いちゃキャバに軍配が上がります。
稼ぎの点ではセクキャバよりも劣りますが、メンタルにも影響する仕事内容で言えば、キスもお触りも無いので働きやすいと言えます。

まだ出来て歴史が浅いいちゃキャバ。
キャバクラやセクキャバよりもより「ソフトで」「健全な」サービスなので、長期的にはこちらの方がストレスなく働く事が出来ると言えるでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする