熟女風俗店の罰金制度を詳しく教えて

熟女風俗店で働くときに気になるのが罰金です。
熟女風俗店にはどのような罰金制度があるのか知っておくことはとても大切なことです。
罰金については普通に働いているぶんにはそれほど恐れる必要はありませんが、ルール違反をしてしまったときには要注意です。

お店がなぜ罰金制度を求めているのかよく理解し、自分の身と信頼を守るようにしましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

熟女風俗店にノルマは無し

Ok, Good熟女風俗に限らず、風俗店はそれほど厳しいノルマは課せられていることはありません。
売上や指名が多い風俗嬢が優遇されたり、バックが良くなったりすることはありますが、ノルマがこなせなかったからといって、風俗嬢に罰金が科せられることはありません。
入店祝い金を受け取ったり、保証制度を利用したりする条件にはなることがありますが、ノルマに満たなかった場合にペナルティがあるわけではありません。

事実上のノルマがある場合も

熟女風俗店ではノルマがこなせなかったからと言って、罰金を始めとするペナルティがあることはありませんが、一定数以上の指名をとることでバックがスライドしたり、ボーナスが出たりするお店は多いです。
しかし、逆に言えばその条件をクリアしなければ少ないバックになり、これが事実上のノルマ、罰金、ペナルティと言えなくもないです。
また、ノルマという言葉が使われていなくても「目標」などと呼ばれ、クリアできないとお店のスタッフに発破をかけられることもります。

熟女風俗店で罰金を請求されるときとは?

風俗求人においてことさら罰金無しであることをアピールしているようなお店でなくても、指名が少ないからといって罰金が発生することはまずありません。

しかし、以下のようなことがあると罰金を請求されることがあります。
詳細はお店によって違うので、面接のときに確認をしましょう。
罰金が一切ないというお店もあるかもしれませんが、以下のようなことがお店にとって迷惑であったり、損害を与えたりしているということには変わりないので、罰金はなくても干されたり、クビになったりすることはあり得ます。

当欠、遅刻、早退などが多い

熟女の風俗嬢の中にはさまざまな事情を抱えている人も多いかもいれませんが、頻繁な当欠、遅刻、早退などは嫌われます。

1回やたまにのことで即罰金となることはほぼありませんが、頻繁だと罰金を請求するお店もあります。
傾向としては、同じ熟女風俗店でもデリヘルなどの無店舗型よりもファッションヘルスやソープなどの店舗型の方が厳しい傾向があります。
部屋数に限りがあるので、風俗嬢がシフト通りに出勤しない場合の損害が大きいからです。
風俗求人で自由出勤をアピールしているお店は多いですが、自由出勤とはあくまで、自分が出勤したい日を決めることができるという意味で、1度シフトが決まったら、その通りに出勤をすることが求められます。

また、当欠や遅刻、早退を繰り返すことで、お店から信頼されないだけでなく、お客さんからの信頼も得にくくなり、指名が取りにくくなってしまうでしょう。
当欠や遅刻、早退をしてしまうくらいならば無理のないシフトを提出し、時間に余裕があったときにゲリラ出勤をするほうがまだマシです。
子どもがいたり、昼職と掛け持ちの場合は少しでも多く働くことよりも、無理なく続けられるように調整することを優先させましょう。

裏引きをしている

お金 手お店を通さず、お客さんと会う裏引きや店外デートなども罰金の対象になりやすいです。

裏引きや店外デートは一見、稼ぎやすそうに見えるかもしれませんが、大半のお客さんは風俗嬢とタダでエッチをすることを目的としています。
また、なんらかのトラブルがあったときにも1人で対処をしなければなりません。
裏引きや店外デートをしているという噂が立つとお店がスパイを送って試したりすることもあります。
稀に、店外デートを推奨したり、お客さんと風俗嬢が個人的に連絡を取って営業をしたりすることを推奨しているお店もあります。

その場合はお店に従いましょう。

本番バレ

ソープ以外の風俗店で本番をすることは禁止されています。
噂が立つとお店は警察に管理売春の疑いをかけられてしまいます。
しかし、熟女風俗店で本番を迫ってくるお客さんは少なくありません。

お金がプラスアルファでもらえたり、指名客を繋ぎとめたりするために応じてしまう熟女もいるかもしれませんが、やめましょう。
罰金自体はお客さんのみに課せられる場合もありますが、お店を摘発のリスクにさらしたとして風俗嬢側にもそれなりのペナルティを課せられることもあります。
しかし、無理やりな場合は迫られて困っている場合は逆に、お客さんに慰謝料を請求することができます。
1人で悩まずに、お店に相談をしてみましょう。

店内恋愛

お店の男性スタッフと恋仲になることを禁止しているお店も多いです。
店内恋愛をして人間関係がこじれたり、風俗嬢が仕事を突然辞めたりしてはお店の損害になってしまうからです。
店外恋愛による罰金は男性側だけに課せられる場合と女性側にも課せられる場合があります。
多くの男性スタッフは真面目に働いていますが、中にはあわよくば風俗嬢のヒモを狙っている人もいます。

アプローチをされたとしても、なぜ熟女の身で風俗嬢として働いているのかを忘れずに勤務をしましょう。

罰金を請求されたら支払わなければダメ?

なんらかの理由で罰金を請求されてしまったらどうしたらいいのかについて説明をします。
最初に結論を書くと、実は、支払いの義務はありません。
罰金とは一企業が課すことができるようなものではありません。

強きに罰金を請求されたり、罰金を理由に給与を支払ってもらえなかったりする時には弁護士に相談をしましょう。
風俗に強い弁護士もいます。
おすすめはグラディアトル法律事務所です。
身バレせず、スピーディーに処理をしてくれます。

弁護士に相談しないまでも、ホームページの罰金についてのページを見せることで、罰金の無効を主張することができます。

罰金は払わなくてもいいけれど

勤めている熟女風俗店で罰金制度があり、罰金を請求されたとしても支払う質問はありません。
しかし、だからと言って罰金制度を軽くみることはしてはいけません。
罰金を請求されるような事柄は、お店にとってそれだけ風俗嬢にやって欲しくないこと、損害が出てしまうこと、場合によっては摘発のリスクが生じることです。

罰金以外のペナルティがあることも

注意 マーク罰金の支払いはなくても、シフトに入れてもらえなかったり、フリー客を付けてもらえなかったり、クビにされたりといったペナルティが課せられることもあります。

損害賠償を請求されることも

罰金という名目でお金を請求されなくても、損害賠償を求められることはあるかもしれません。
悪質な裏引きの場合は、お店を通したときにお店が得る利益を請求されることがあります。

熟女風俗店の罰金制度は怖がらなくて大丈夫

熟女風俗店で働くにあたって、罰金制度についてはそれほど恐れる必要はありません。
厳しいノルマもほぼありません。
しかし、当欠、遅刻、早退を繰り返したり、裏引きをしたり、本番バレをしたり、店外デートをしたりした場合には罰金を請求されることがあります。
罰金を請求されなかったとしてもなんらかのペナルティが課せられることは少なくありません。

罰金は請求されたからといって、法的には支払いの義務はないので、もしもお店に強気に出られたら弁護士に相談するように伝えましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする