本音を言うとメンズエステに来る毛深い人はキモい…

メンズエステに来店するお客様には色々な人がいます。
セラピストが喜ぶような良いお客様もいれば、できればもう来て欲しくないと思うようなキモイ客まで様々です。
どんなお客様がいるのでしょうか?

メンズエステで働く女性たちの本音を紹介します。

本当に申し訳ないけれど、毛深い人はキモイ客

毛 男性自分ではどうにもならない身体的特徴に毛深さも含まれるかもしれません。
メンズエステのセラピストにとって毛深い人は困った存在です。
まずオイルの量が通常の二倍くらい必要なこともあります。

毛深い人は毛と皮膚の摩擦で痛みが出てしまうことが多く、滑りも悪いので大量のオイルが必要なのです。
日本の女性は濃い体毛に嫌悪感を抱く人が多いので、オイルまみれになって絡まり合った毛が気持ち悪いという女性は多くいます。
キモイ客だと思われたくなくて剃って来店する人もいますが、これは逆効果です。
なぜなら、カミソリの刃で鋭い断面になったジョリジョリの太い体毛がセラピストたちの肌を攻撃してくるからです。

これはオイルを増やしてもかなり滑りが悪く、痛いために本当に我慢して施術しています。
これはヒゲにも同様のことが言えます。
首回りを触るとヒゲに触れてしまうことも多く、痛いと思っているセラピストは多いのですが、仕事なので耐えていると言う感じです。
本音を言うと毛深い人は何をしてもキモイ客なのです。

セラピストの中には「除毛クリームの方がオススメですよ」と本音をチラ見せしている人もいます。

皮膚疾患のある人はすごく気を使う。本人の「大丈夫」は信用ならない

皮膚に傷があったり、アトピーなどの皮膚疾患がある人はとても気を使います。
少ないオイルでは滑らないですし、傷などにオイルが悪い影響を与えるのではないかとも気を使います。

ですので状態によってはオイルではなく指圧に変更したいのですが、お客様が「大丈夫だからオイルやって」と言ってくることもあるのです。
大丈夫ならとオイルを使うと急に痒がって施術中に血が滲むほど掻いたり、痒みを耐えようとモジモジします。
「全然大丈夫じゃないじゃない」と内心思いながら「大丈夫ですか?シャワー浴びます?」
と聞いても「大丈夫だから続けて」と言って来たりして、その時点でセラピストから見るとキモイ客です。
セラピストも本人が好きでアトピーになったのではないことは理解していますが、本音では「オイルは絶対にやめたほうがいい」と思っています。

メンズエステのセラピストと風俗嬢

マッサージお客様の中にはメンズエステのセラピストは風俗嬢の一員だと思っている人もいます。

しかし、セラピスト達はそうは思っていません。
何かの事情がありお金は必要だが風俗では働けないのでメンズエステで働いているのです。
もちろんセラピストもお客様のほとんどが下心があって来店していることは理解しています。
その駆け引きを楽しみながら会話やマッサージを楽しんで欲しいのに、マナーやルールを守らないメンズエステの遊び方を知らないお客様が多くいます。

本音を言えばそのようなお客様な来て欲しくないとまで思われているのです。

本番を求めてくる

もう、これはマナー違反とかの次元ではありません。
風俗でも本番が許されているのはソープだけですし、無理やりの行為であれば暴力となります。
しかしお客様の中には「あわよくば」と思っているのか、本番がしたいと誘ってくる人がいるのです。

セラピストの本音は「大人しく、はじめからソープに行けばいいのに」です。

口説いてくる、恋愛感情を持たれる

メンズエステは比較的長い時間二人きりで個室で過ごすことになります。
お客様とたくさんの会話もしますし、体に触れている時間も長いので、お客様はなんとなく好意を持ってしまうのです。
キャバクラのようにアフター制度があると思っているのか「これで終わり?

ご飯に行こうよ」と口説いてくる人もいます。
「俺のこと好きでしょ?付き合う?」と恋愛感情を抱いてくる人もいます。
「いつも優しく話を聞いてくれるし、体の触り方がなんかね」などと勘違いをしているお客様も多いのです。
セラピストの本音は「お客様だから話を聞いてるんだし、メンズエステなんだから体を触るに決まっているでしょ!」です。

シャワーを浴びても臭い

シャワーヘッドなんのためにシャワーを浴びているのか分からないほどシャワー直後から臭いお客様が時々います。

体臭なので本人は気づきにくいかもしれませんが、女性にとってみればキモイ客です。
特にお尻が臭うお客様が一番困っています。
本人も脇などは臭うと気にしているのかもしれませんがお尻まで気が行っていないことが多く、うつ伏せでの施術が苦痛と言う女性が多くいます。
また口臭は本当に困ります。

一言も喋って欲しくないほどです。
セラピストの本音は「隅々まで綺麗に洗ってよ!歯磨きも忘れずに!」です。

オプションをつけていないのに、オプションを求めてくる

メンズエステの中にはオプションとしてお触りやキスOKにしている店もあります。
しかしお客様の中にはオプションをつけていないのにそういった行為を勝手にしてくるお客様もいるのです。

店舗型で他のスタッフが近くにいる状態であれば「確認してきます」などと言って助けを求められますが、スタッフが近くにいない場合は助けを求められないこともあります。
また毅然とした態度で断ると逆ギレするお客様もいるので断り方にも注意が必要です。
セラピストの本音は「ケチケチしないでオプションつければいいのに」です。

顔の近くに体があるからと舐めてくる

施術中、お客様の顔とセラピストの体が近づくことが何度かあります。

その時に体を舐めてくるお客様がいるのです。
体を舐めることはほとんどの店がNGとしていることから完全にルール違反なのですが、被害者が続出しています。
お客様の立場からすれば、気持ちよくて気分も盛り上がってきてしまったし、近くに肌があって舐めたくなっちゃったという気持ちなのかもしれませんが、女性からするとそういった責められるプレイがないのがメンズエステの魅力です。
セラピストの本音は「責めプレイがしたかったら、ヘルスに行けば?」です。

メンズエステのセラピストが本音では「全員こんなお客様だったらいいのに」と思っているのは?

メンズエステに来店するお客様の中にはセラピストが歓迎したくなるお客様もいます。
どのような人かと言うと、清潔(臭くない)であまり体毛が濃くない人、自分も露出しないしセラピストをお触りしない人、つまりは「大人しく施術をさせてくれる人」です。

もし会話が上手だったらうれしいですが、自慢話ばかりされるときちんと聞いてポイントごとに褒めなければいけなくて面倒だと思っています。
週一で指名してくれるけど口説いてくるお客様よりも、月一指名だけどされるがままになってくれるお客様の方がうれしいのです。

まとめ

メンズエステに来店しているお客様のほとんど全てが下心を持っています。
分かっているのですが、それを匂わせたり強調するのは気持ち悪いのです。

清潔で口臭も体臭もなく、セラピストがするままに施術を受けてくれるとうれしいので、もしお客様の体が反応してしまったのであれば、サービスしてあげてもいいなと感じる女性は多いようです。
だからと言って「前回やってくれたから、今回もできるはず」と思われると、それもまたキモイ客です。
本音としては「抜いてもらえたらラッキー、基本的にはマッサージを受ける所だから大人しくしてほしい」と思っています。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする