学園系のイメクラだと年齢制限がある切実な理由

イメクラはコンセプトがはっきりしており、合わなければ採用されません。
学園系のイメクラは高校生が最適ですが、18歳未満の高校生は未成年なので、バイトでも身分証詐称がバレると風俗店は営業停止です。
そのため、年齢制限で若い風俗嬢を確保しています。

イメクラはリアルさが必要

学校 先生イメクラは「イメージ」が大切です。
コスチュームを着るだけではなく、自分自身が「役になりきる」演技力が必要になります。
演劇などをしていた経験があるとイメクラでは重宝されますし、指名数は飛躍的に上がることが多いです。
イメクラの店内はコンセプトに合わせた内装になっています。

従業員も学園系であれば「学校の先生」風です。
イメージ作りを徹底しています。
そのため「服を着ていればいいだろう」となめてかかると指名客はつきません。
イメクラに来店する男性客の目は「肥えて」います。

多少のごまかしはすぐ見抜きますので、二度と相手にしてくれないでしょう。

年齢はごまかしきれない

このようにイメクラはイメージづくりが徹底している風俗店です。
風俗嬢にもそれが求められ、学園系のイメクラの中には男性従業員のことを「先生」と呼ばせることを徹底している事もある程です。
さすがに「現役」高校生を風俗嬢にはできないので、女子大生が重宝されます。

当然、年齢制限が必要です
ただ、役作りが下手だと採用できず採用数に不足が生じがちです。
そのため、若そうに見えるなら年齢制限を無視した採用もしています。
この場合、実年齢を表示すると「イメージが損なわれる」からと店年齢を表示することがほとんどです。

お客さんを失望させない風俗店としての「配慮」でしょう。

若いほうが「リアル」

年齢制限を設けているのは、若い女性の方が女子高生というイメージをリアルに表現できるためです。
これは当然のことでしょうが、稼ぎたい女子高生が身分証詐称をしてバイトで働きたいと応募することがあります。
バレると一発で営業停止なので、店長さんなどは戸籍つきの住民票も同時に提出させてチェックしています。

ただ、風俗店によってはリアルさを追求したいばかりに、チェックがルーズになることもあります。
見つからなければいいのですが、バレたらタダでは済まず、店長さんなどが逮捕されます。

できれば高校生がいいけど…

学園系のイメクラは「学園」という名称通り、女子学生をイメージした店舗づくりとサービスを提供しています。
ただ、女子学生のアイコンは制服であり、必然的に女子高校生のイメージになります。

役作りという観点からすれば高校生が最適ですが、演劇祭ではないのでそんなことはできません。
実際に風俗嬢として雇うことができるのは18歳以上ですが、現役高校生はNGです。
高校中退か大学1回生の女性がベストと言えるでしょう。
高校生を雇うことができないため、苦肉の策と言えるのではないでしょうか。

学園系イメクラのジレンマです。

風俗店の対応

では、学園系イメクラではこのジレンマをどう解決すればいいのでしょうか。
まず、風俗店としては18歳未満の未成年を風俗嬢として雇うことはできません。
そのため、限りなく高校生に近い18歳以上でかつ高校生ではない女性を求めます。

結果として、年齢制限を設け、若い女性にターゲットを絞って風俗求人をするのです。
ただ、年齢的に問題なくても外見が「おばさん」のイメージがあるとNGであることは言うまでありませんし、逆の事も言えます。

年齢制限

18イメクラの年齢制限は25歳までとか20代とか求人広告で制限されていることがあります。
場合によっては制限が表示されていないこともありますが、年長者は通常採用されません。

イメクラのコンセプトが「学園」である以上、年齢制限が風俗求人に出ていないとしても、30代の女性は応募しない方が賢明でしょう。
もちろん18歳未満の女子高校生が応募してはいけません。
風俗求人をみて応募する際、身分証だけではなく住民票の提示も求められます。
風俗店を営業する以上風営法を無視できませんが、そこで住民票や身分証明書のコピーの保管を義務付けられているのです。

結局、身分証詐称などをしてもバレます。

老け顔はNG

ただ、年齢的に応募可能であっても老け顔の女性は採用されません。
イメージに合わないからです。
箱ヘル店などではお客さんがコスチュームを選べることがあります。

そこでよく考えずにセーラー服を選んでしまうと、相手の女性によっては気の毒なほどに合わないことがあります。
若い娘だからセーラー服が絶対に似合うと言う保証はありません。
面接の段階で「この娘は似合わない」と判断されたら落とされます。

童顔なら多少年長でもOK

これに対し、30代女性でも童顔で小柄の女性ならセーラー服などの制服がドンピシャで似合うことがあります。

アルバムなどでは実年齢ではなく店年齢で表示されますが、目の肥えた男性客を十分満足させることができる「人材」は30代でもいることは間違いありません。
要するに「女子高生の制服が似合う」女性であればOKということです。
ただ、年長者は似合わないことも多いため、あらかじめ年齢制限を設けて、ある程度、事前に選別していると考えればいいのではないでしょうか。

セーラー服に無理はないか?

学園系のイメクラに応募してみようかと思ったら、一度自分を冷静に見つめ直したほうがいいでしょう。

風俗店の面接は接客業として任せることができるかどうかが面接の基準です。
しかし、イメクラの場合はそこに「イメージに合うか」という難題が入ります。
接客業ができるかどうかは、入店後の指導で何とかなるものです。
しかし、自分の外見だけは何ともできません。

高校生でも無理がある娘はいる

「現役」の高校生を見ているとセーラー服に無理があると思いたくなる娘は少なくありません。
心配になる程に太ってしまっている子や本当に高校生かと思いたくなるほど老け顔の娘もいます。
このように年齢だけでは学園系イメクラの適性を判断することはできません。
全て外見です。

また、イメクラのサービスは性的なサービスなので裸になったときの自分のボディラインにも気を配る必要があります。
顔が童顔であっても、おなかがぷっくらしていたり、お尻が垂れていたりしたら、男性客は興ざめします。

美魔女ならOK?

女性 肌最近の化粧品は非常に優れており、年齢を感じさせない肌に再生させることも可能になっています。
40代や50代なのに自分の娘と歩いているとしまいかと疑われかねないこともあるようです。

こんな「美魔女」はイメクラに応募して採用されるでしょうか。
先ほど述べた通り、イメクラはヘルスサービスがあるため顔だけでは判断できません。
そのため、ボディラインも「美魔女」であることが必要です。
ただ、自分の顔をきちんと手入れしている女性は、ボディにも気を配っているでしょうから、問題ないことが多いでしょう。

冷静に考えてみよう

学園系イメクラは男性客の要望が高いため、風俗店も風俗嬢の採用は慎重になります。
どちらかと言えば小柄の女性の方がイメージに合いやすいと言えそうですが、背が高くてもやせ形で黒髪ストレートであればイメージが作りやすいでしょう。
また、体型はやせ形の方が好ましく小顔の女性が有利です。
このような女性は制服を着てしっくりします。

要するに無理がないのです。
そんな女性が学園系イメクラでは求められています。

まとめ

学園系のイメクラでは制服が必須です。

セーラー服とは限りませんが、面接では女子高校生の制服を無理なく着ることができるかが問われます。
セーラー服を着て接客するだけではお客さんは絶対満足しません。
イメクラの風俗店はそのことを知っていますから、面接は厳しいと考えた方がいいでしょう。
女子大生がベストと言っていいのではないでしょうか。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする