箱ヘルと昼職の掛け持ちはマイナンバーで勤務先にバレる?

導入時には色々な議論があったマイナンバー制度ですが、今ではすっかり生活に溶け込んでしまっています。
人それぞれ固有のナンバーを割り振るこの制度は、色々な憶測を呼びました。
特に衝撃が大きかったの風俗業界。
秘密裏に仕事をしている人も少なくないこの業界は、「秘密なのにバレてしまうのでは?」
と焦った方も多いのではないでしょうか。
マイナンバー制度によってなんらかの不正が発覚し、お店が潰れてしまったら大変です。
特に箱ヘルは万が一店舗が潰れてしまうと新規箱ヘルを開業することはかなり難しいので、そういう意味でも気が気が気でなかった人も多いと思います。

では、実際のところ、風俗で働いていることがマイナンバーによって周知されてしまったり、副業がバレて昼の仕事をリストラされてしまったりすることはあるのでしょうか。
以下に、箱ヘルとマイナンバーの関係についてまとめていきたいと思います。

マイナンバーによって副業の掛け持ちはバレてしまう?

質問結論からいってしまうと、マイナンバーによって副業がバレることは一切ありません。

もちろん、きちんと対策方法をしていればに限ります。
ただ、その対策はそれほど難しいことでもありません。
そもそもなぜ副業の掛け持ちがバレると噂されているのかといえば、それは住民税の仕組みによるものが根底にあります。
大抵の場合、住民税は会社が給料を渡す前に天引きしているのです。

そして、住民税は所得に比例して増加していくので、たくさん稼げばその分給料から天引きされるのは大きくなります。
例えば、昼の仕事が月収15万円だとして、夜の仕事が月収20万円だとしましょう。
普通ですと、昼の仕事は月収15万円相応の住民税を天引きすればよいわけです。
しかし、箱ヘルがしっかりと給料の支払いを税務署に伝えていた場合、昼の仕事の会社は35万円分の月収に対応した住民税を支払わなければならないのです。

こうなると、住民税と支払っている給料に矛盾が出てくるため、ここからバレてしまうのではないかというのが通説になります。
確かに、そう聞くと会社にあっさりと副業がバレてしまうことも考えられるでしょう。
しかし、そんなことはありません。
確定申告の紙には「住民税を自分で納付」というチェック欄が存在しているので、ここのチェックをつけることで会社には副業分の通達が行きません。

確定申告自体面倒かもしれませんが、このようにしっかりと対応しておけば副業が会社にバレることはないのです。
加えて、そもそも副業が会社にバレるのは風俗店が収入の報告をきちんと税務署に伝えていた場合に限ります。
風俗店の中には支払いの通達に対して全く無頓着なお店も存在するので、そういったお店であればあえて確定申告をしなくともバレずに済むでしょう。
ほかにも、店長と結託することによって給料を手渡しにしてもらえれば所得があったこと自体が知られないので、そもそもバレることはありません。

加えて、そもそも風俗店には源泉徴収をする義務がないので、税金の流れから副業がバレること自体がごく稀なだといえるでしょう。
このように、マイナンバーから副業がバレるのはいくつかの要因が重なった場合に限ったことであり、心配なようであれば自分で確定申告をすれば特に心配になる必要はないのです。

マイナンバーによって脱税がバレてしまう?

税金マイナンバーによって脱税がバレるという話もよくききます。

本人にその意図がなくとも、いつの間にか脱税してしまっていることもあるでしょう。
しかしながら、そもそもマイナンバーから脱税がバレるということもほぼ考えられません。
マイナンバーはそもそも税金の流れ、お金の流れを1本化することで管理を簡単にするための制度なので、脱税していることが急にバレるということはないのです。
ただ、「申告漏れ」としてつかまる風俗嬢は何人か存在しているので、年末には必ず確定申告をするようにしましょう。

確定申告をしないと、最悪の場合追加で税金を支払わなければなりません。
しかし、風俗店によっては確定申告を推奨していないお店も存在しているので、詳しくは店長に聞いてみるといいと思います。
店舗によっては、店ぐるみの脱税がバレてそのまま芋づる式に摘発ということにもなりかねないからです。
また、箱ヘルによってはソープ式の方法を使うことによってマイナンバー制度から女性を守っていることもあります。

つまり、お店はあくまでも「場所」を提供するだけであり、その場所で「個人事業主」の女性とお客さんが一対一でサービスを行うという方便の方式です。
これによって、お店と女性との間には労使関係がなくなるので、お店側が女性のデータを税務署に送る必要がなくなります。
結果として、マイナンバーから給料ひいては払うべき税金がバレることはありません。
しかし、この方式は、現状合法であるだけで、今後どうなるかはわかりません。

加えて、この方式を取っているからといって税金を払わなくて済むということでもありません。
お店から特別何か通達があるわけでもなければ、確定申告に行ったほうが無難です。

マイナンバーと風俗はどの程度関わってくるの?困るものはある?

質問 マークこれも結論から行ってしまいますが、マイナンバーと風俗が関わっている点はそれほど大きいものではありません。
風俗で働くときにマイナンバーの提出を求められることがあるくらいで、その実は施工前と現在で実際のところほとんど変わっていないのです。
加えて、マイナンバーははじまりはしたものの現状ほとんど未整備な状態であり、マイナンバーから税務署の人がわかることは限られています。
現状マイナンバーによってわかることは、以下の通りです。

・氏名
・年齢
・住所
・性別
・収入
以下の5点のみです。
これらの情報はマイナンバーカードからアクセスすることが可能で、役所に行けば見ることも出来ます。
ただ、自分以外の何者かがマイナンバーのみを用いてこれらを確認することは出来ません。

なので、当然お店がマイナンバーを悪用して住所を突き止めたり、家族関係を見たりすることは不可能です。
これらの情報を見ることができるのはあくまでも国を管轄する立場にいる公務員に限られており、そしてその公務員が職務上知りえた情報を誰かにもらすということはありえません。
よって、マイナンバーと風俗は巷で噂されているよりも関わっていないのです。
そもそも、預金の動きを補足したり、風俗店の儲けを把握することはマイナンバー施工前から可能でした。

それが少し簡単になっただけの話で、基本的に施工された前もあとも、箱ヘルで働く風俗嬢にとってはあまり関係のない話なのです。

マイナンバーから何かがバレるということは基本的にない! まとめ

繰り返しになりますが、マイナンバーから副業や収入がバレるということは、個人カードを盗まれたのでない限りありえません。
ただし、税金の流れからバレるということはありえるので、もし心配ならば確定申告で「自分で住民税を納付」の欄にチェックをつけてしてしまいましょう。

マイナンバーから何かがバレるというときは、マイナンバー如何に関わらずバレます。
そもそも住所年齢がわかっていれば逆引きをしてマイナンバーを探すこともできるので、マイナンバーだけを心配するのは意味がありません。
なので、もしお店にマイナンバーの提出を求められたのならば素直に応じるのがいいでしょう。
万が一脱税をしているのであれば、確定申告をして得たぶんの税金を払うのがいいと思います。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする