売れるソープ嬢が在籍するお店は景気がいい理由

売れている風俗嬢が多く在籍しているお店は景気がいいです。
ではどのようなソープ嬢が売れるのでしょうか?
どのようなサービスを提供してお客さんを満足させているのでしょうか?

風俗の王様とも呼ばれるソープで売れるために必要なことは本番をすることだけではありません。

売れる風俗嬢が景気の良いお店を作る

Ok, Goodソープに限らず、風俗店は商品となる風俗嬢がいて、初めて成り立ちます。
お客さんに人気のある、いわゆる売れる風俗嬢が多く在籍していれば、客入りが良くなり、景気も良くなります。
そうするとますます売れる風俗嬢が集まりやすくなり、さらに景気が良くなるというサイクルに入ることができます。

売れる風俗嬢はお客さんからもお店からも大切にされます。
どうせソープで働くのならば売れる風俗嬢を目指しましょう。

本番をするのは大前提

ソープで働くというのは女性にとってとても大変なことです。
高い報酬と引き換えとはいえ、好きでもない相手と本番をするというのは抵抗感や嫌悪感があって当たり前のことです。

病気のリスクもありますし、ソープで働いていることを知った上でそれまでと同じ人間関係を維持するのも難しいでしょう。
しかし、ソープで働く以上、本番をするのは大前提です。
売れるためには本番をするだけでなく、プラスアルファのサービスを提供しなければなりません。

売れる風俗嬢になるためのノウハウ

売れる風俗嬢になるために出来ることを紹介します。

全てに向き不向きがあるので、出来るところから、やりやすいことから心がけていきましょう。

景気の良いお店に入店をする

客入りがよく、景気の良いお店で働きましょう。
景気の良いお店はお客さんを呼び込むノウハウを持っています。
景気の良いお店で売れるためにどう振る舞うべきかということをしっかりと学びましょう。

景気の良いお店は採用条件が厳しかったり、採用されても講習が厳しかったり、競争率が激しかったりするのでしっかりと食らいついていきましょう。
売れる風俗嬢になることができれば、何らかの理由があって移籍するときにも固定客は付いてきてくれますし、移籍先のお店でも歓迎をしてくれるでしょう。
景気の良いお店の判断基準はいくつかありますが、分かりやすいのは以下の5点です。
1つは規模の大きいお店、グループ店などです。
風俗嬢からもお客さんからも信頼されている証です。
2つ目はホームページを頻繁に更新していることです。
ネットに力を入れていない風俗店は売れません。
3つ目は広告にお金をかけているお店です。
4つ目は電話対応が丁寧で好印象であることです。
応募や問い合わせの電話をかけた時に如何にも面倒そうであったり、頼りなさそうだったりするお店は社員教育が行き届いていない証拠です。
5つ目は求人欄やホームページに求人情報が細かく表示されていることです。
どんな女性を募集しているのか、どんな待遇で働けるのかなどを丁寧に記してあることでやる気がある女性を積極的に募集している姿勢が読み取れます。

自己分析をする

虫眼鏡自分がどんな女性なのかについて知ることは売れる風俗嬢になるうえでとても大切です。
自分のチャームポイントは何処か、どんな服や髪型、メイクが似合うのか、どんなタイプの男性からウケが良いのかなどを見極めましょう。
自分というものは常に変わっていくので、自己分析は1回すればいいというものではありません。
鏡の前で魅力的に見える笑顔の練習をするのもおすすめです。

また、頻繁に言われることでいつも返答に困ってしまうような話題があるのならば、あらかじめ答えを用意しておきましょう。
短所を隠す、克服することももちろん大切ですが、長所をさらに伸ばすことも売れる風俗嬢になるために欠かせないことです。

人間観察をする

自分を知ることと同じくらい大切なのが相手を知ることです。
接客しながら人間観察も同時に楽しみましょう。

男なんてみんな〇〇でしょ、と言ってしまうのは楽ですが、お客さんも十人十色です。
偉そうにしているお客さんだけれど少しM気質が見え隠れするから責めてみよう、緊張しているようだから雑談で雰囲気を柔らかくしようなど、臨機応変な態度をとることで、お客さんからの人気を得やすくなります。
お客さんが何をしたがっているのか、次のどう動くのか、どんなことを言うのかを想像しながら接客をしましょう。

マナーを身につける

売れるソープ嬢はお客さんとの親密な関係を作ります。

極論は時間限定の恋人です。
しかし、お客さんとの親密な関係の作り方とは最初から馴れ馴れしく振る舞うことではありません。
大前提として、マナーを身につけていることが求められます。
挨拶や立ち振る舞いが女性として上品で色気のあるものでなければありません。

靴を脱いだら屈んでそろえる、脚を閉じて座る、断りもなくタバコを吸わない、敬語や丁寧語を使いこなせるなどができて初めて、お客さんとの距離が縮まった時のタメグチやじゃれつきが生きてきます。
最初からタメグチや寛いだ態度はただの厚かましい風俗嬢です。

笑顔を忘れない

どんなに容姿が良くても、スタイルが良くても、テクニックを持っていても、仏頂面や疲れた顔で接客されてはまったく嬉しくありません。
次、もう一度大金を払って会いたいとは思わないでしょう。

接客中は笑顔を忘れないようにしましょう。

お客さんを覚える

お客さんにとって風俗嬢に覚えてもらえているということはとても嬉しいものです。
接客が終わった後に、お客さんの嗜好や話したことなどをノートにつけることを習慣にするのをおすすめします。
とはいえ、リピートしてくれたお客さんに対して覚えているアピールをし過ぎないように注意しましょう。

前回と同じ話題ができて喜ぶお客さんもいますが、ちょっとした雑談のつもりで行っただけで本人が忘れているようなこともあります。
あまりにも「前回〇〇って言っていましたよね」「〇〇が好きって言ってましたよね」と迫っても逆に引かれてしまいます。
「そういえば〇〇はどうなりました?」
と軽く話題を振ってみて様子を伺いましょう。

プラスアルファのお得感を提供

プラスソープで本番ができるのは当たり前です。
基本的なサービスだけでなく、プラスアルファのお得感を提供することで、売れる風俗嬢に近づくことができます。
プラスアルファについては何でもかまいません。

お客さんが付かれているようならば肩や腰をマッサージすると喜ばれるでしょう。
ペットを飼っているお客さんならば写真を見せてもらい褒めるのもおすすめです。
後日にお店のブログで感謝の言葉を綴るのもリピートに繋がりやすいです。
見えるものでも、見えないものでも、この風俗嬢にして良かったと思って貰える何かを提供することを心がけましょう。

売れるソープ嬢と景気の良いお店の深い関係

売れるソープ嬢は景気の良いお店を作り、景気の良いお店が売れるソープ嬢を育てます。
売れるソープ嬢を目指したいのならばまずは景気の良いお店で働くようにしましょう。
景気の良いお店は競争率が激しい一面もありますが、しっかりとノウハウを学ぶチャンスでもあります。

ソープは本番のある大変な仕事ですが、本番は大前提でしかありません。
本番をしたうえでさらに、この風俗嬢にして良かったお客さんに思って貰えるものを提供できて初めて売れる風俗嬢になることができるのです。
自分を知ること、そしてお客さんを知ろうとすることがとても大切です。
日々の仕事のなかで出来るところから始めるようにしてみましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする