寮完備の熟女店で働くのですがどんな部屋が用意されてる?

熟女店で働く風俗嬢の中には複雑で深刻な事情を抱えている風俗嬢も少なくありません。
住むところに困っている女性や出稼ぎの女性にとって寮が完備されている風俗店というのはとても魅力的です。
では実際、熟女店が用意している寮とはどのような部屋なのでしょうか?

住み心地はよいのでしょうか?
費用はどれくらいかかるのでしょうか?
寮に入る条件にはどのようなものがあるのでしょうか?
寝られればいいと考えているではないのならば、確認すべきことはたくさんあります。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

風俗求人の寮の落とし穴

注意 マーク事情を抱えた女性にとって寮完備の熟女店という風俗求人はとても魅力的です。
しかし、求人情報では寮完備とあっても実際には応募すれば誰でもすぐに住める、というわけにはいかないこともあります。
求人情報に書いてあったから大丈夫と思わず、応募の際に必ず寮を利用したい旨を伝え、可能かどうかを問い合わせましょう。
以下は実際にはすぐに住めない、あるいは住まわせる気のないお店がよく使う言い訳です。

・今は満室で空きがない。
・建設中、あるいは改装工事中で今は利用できない。
・かつてはあったけれど、今は寮がない。求人情報が古いもの。
・寮ではなく、実際はデリヘルの待機所。

寮のパターンは3種類

熟女店が用意する寮は大きく分けて3パターンです。

綺麗なマンション

綺麗なマンションは1番良いパターンです。
綺麗な部屋を1人で使うことができます。

場合によってはペット可であったり、子どもと一緒に住むこともできます。
寮費は1日あたり3000円程度でさらに光熱費がかかる、ということが多いです。

ルームシェア

ルームシェアと言えば聞こえはいいですが、実際にはタコ部屋なことが多いです。
あまり綺麗ではない部屋を数人の風俗嬢が共用で使います。

プライバシーはあまり保たれていないことが多いです。
一緒に住む人は選べないので、ストレスが溜まったり、トラブルになったりすることもあります。
シャンプーや石鹸、化粧水などは風呂場や洗面所に置きっぱなしにしておくと寮の備品と間違えられて勝手に使われてしまうなどということもあるので、貴重品はもちろん、そうでない日用品の管理にも常に気配りが必要です。
寮費は1日2000円程度が多いです。

光熱費は無料である場合がほとんどです。

デリヘルの待機所

できれば避けたいパターンです。
デリヘルの待機所にそのまま寝泊まりをします。
常にお店のスタッフや他の風俗嬢が出入りする環境なのでプライベートはほぼありません。

あらかじめ風俗嬢に寮とは待機所だと伝えていないことも珍しくありません。
一方で、寮費は無料なことが多いです。

風俗店の寮の特徴

チェックリスト風俗店の寮には以下の特徴があります。

寮費と環境は比例する

熟女店が用意する寮の環境は寮費とほぼ比例すると考えて差し支えありません。

なるべく寮費を押さえたいと考えているのならばある程度の環境は覚悟しなければなりません。

初期費用がいらない

寮費が高い寮にも安い寮にも共通しているのが、初期費用がいらないということです。
1日3000円の寮は1カ月に換算すると9万円となり、1人暮らしをする家賃としては普通に借りるのと同じくらいですが、しかし、敷金礼金は必要ありません。
さらに、基本的な家具、家電、食器はもちろん、トイレットペーパーや洗剤、ゴミ袋まで用意されていることが多いです。

また、お店によっては消耗品を使いきってしまったら無料で補充してくれることも多いので、自分で買い足す前に聞いてみましょう。

寮費は日割りが多い

風俗嬢は入れ替わりの多い業界なので、寮費は日割り計算であることが多いです。
入った日から出る日までできっちりと計算されます。
月初めに出たら損、ということはありません。

寮の鍵はお店側も管理

寮はあくまでお店の持ち物なので、鍵はお店側も持っています。
たとえ、個室のマンションであったとしても、お店のスタッフが無断で出入りしている可能性がなくもありません。

辞めたら退室

寮はお店のものなので、お店を辞めたら即出ていかなければなりません。
それまでと同じ金額の家賃を払うからもう少し住みたいと申し出ても断られる場合がほとんでです。

寮に入る条件は?

無条件に寮に入れてもらえるほど、熟女店は優しくありません。
大抵の場合、レギュラー出勤が条件になります。
お店の指示通りに出勤できないのならば、寮を出ていくように促されてしまいます。

寮は一時しのぎだと考えて

普通の会社の社員寮の場合は年単位で住むことが多いですが、風俗店の寮に関しては一時しのぎだととらえておきましょう。

プライベートが確保されていないことも多いですし、出勤管理も厳しいです。
ある程度貯金がたまったら寮を出て、自分で住む場所を見つけましょう。
風俗嬢へ部屋を貸すことを嫌がる大家さんもいますが、繁華街ならば理解のある不動産屋さんも少なくありません。
ある程度の実績を積んでいればお店側が紹介してくれたり、身元を保証してくれたりすることもあります。

寮を利用する場合、荷物はよく吟味して

寮を利用する場合、出稼ぎに行く場合、荷物はよく吟味をしましょう。
ルームシェアや待機所を使うことになる場合はあまり多くの荷物を持っていくと迷惑になったり、管理が大変になったりします。
洗濯機が頻繁に使えなかったり、使うたびにお金がかかったりするようならば、下着類は多めに持っていった方がまとめて洗うことができ、節約ができます。
また、風俗の仕事の仕事は肉体的だけでなく、精神的にもとても消耗してしまう類のものです。

お気に入りのマグカップや文房具などの身の回りのものを持っていくと、心が落ち着きやすくなります。

寮以外の選択肢もあります

部屋すぐに住める場所がない、出稼ぎをしたいという熟女にとって、風俗店の用意する寮以外に選択肢がないわけではありません。

ウィークリーマンション、マンスリーマンション

ウィークリーマンションやマンスリーマンションはすぐに住み始めることのできる環境が整っています。
住み心地は値段に比例しますが、プライバシーを保つことができますし、お店に縛られることもありません。

しかし、料金は日払いではないこともあるので、退室の日によっては少し損をすることもあるかもしれません。
また、料金は前払いなので、ある程度最初から資金を用意しておく必用があります。

ビジネスホテル、カプセルホテル

短期間だったり、最初にまとまったお金を払うことが難しかったりするのならばビジネスホテル、カプセルホテルもおすすめです。
カプセルホテルは女性専用のところもあります。

ホテルは電子レンジやポット程度ならば利用することができますが、調理は難しいので、食費はそれなりにかかってしまいます。

熟女店の寮の住み心地は寮費に比例

事情を抱えた女性にとって、寮完備の熟女店はとても魅力的に感じるかもしれません。
風俗店が用意している寮の住み心地は大抵の場合、寮費に比例していると考えましょう。

1日あたり3000円程度ならばかなり快適な寮が用意されています。
しかし、一方で2000円以下、あるいは無料な場合はそれなりの環境であることを覚悟しなければなりません。
1人部屋でない場合は持ち物の管理には気を配りましょう。
寮に入るということはある程度お店のいいなりにならなければならないということです。

どのような寮であれ、長く住むのではなく、ある程度資金が溜まったら出ていく算段をたてるのがおすすめです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする