ソフトサービスのはずが素股があるオナクラはもはやヘルス!?

働く人にとって、オナクラのよいところとはなんでしょうか。
それは、なによりもソフトサービスだということでしょう。
お店によってその加減は異なりますが、場合によっては脱がず、触らずといったお店すら存在しています。
ですから、それを目的として勤めている、あるいは勤めようとしている人も結構いるのではないでしょうか。

しかしながら、中にはオナクラを名乗りながらも、かなりハードなサービスを提供しているお店があります。
男性側からすれば「安く遊べるお店」かもしれませんが、勤める女性側からすると、「安給料でハードサービス」をするお店と考えることもできるでしょう。
そして、オナクラの中にはサービスの1つとして素股を行っているお店もあります。
そうしたお店は、果たしてオナクラと呼べるのでしょうか。

ここでは、オナクラのハードサービスについてまとめていきたいと思います。

オナクラの基本はソフトサービスなのに、どうして素股をするお店があるの?

質問 マークその理由を説明するには、まずはオナクラの立ち上がりから説明する必要があるでしょう。
そもそも、オナクラは本来「オナニークラブ」の略称で、安価な風俗として隆盛しました。

元々は、男性が女性の目の前でオナニーをすることを目的として作られた風俗です。
部屋でするオナニーはビデオや画像といったものを使いますが、「どうせお金を使うのなら生の女性で」と考える人が思いついたものだといわれています。
外に出れば女性はたくさんいますが、もしその女性たちを見ながら射精したらそれは犯罪です。
しかし、オナクラで同意の上にするのならば、罪に問われることはありません。

「普段は犯罪になる行為をしている」という背徳感が興奮を駆り立てるのか、女性にオナニーを見てもらいたいという好事家がかなりの数存在していたようです。
オナクラは一気に全国へ波及し、新規の店舗が乱立するようになりました。
ライバルが多くなったのなら、お客さんの来ている店舗はまだしも、お客さんの来ない店舗は何らかの対抗策を講じる必要があります。
ある店舗は単価を下げ、またある店舗はサービスをよりハードにしました。

これが、サービスとして素股を行っているオナクラがある理由です。
要するに、数の増えたオナクラ店舗の中で「違い」あるいは「価値」を出すために、サービスがよりハードになったわけですね。

素股があるオナクラはほとんどヘルス?オプションにあるならやったほうがいい?

上述したように、オナクラであってもサービスがハードなお店はいくつか存在しています。
その中でも、素股をサービスとして提供している場合、そのお店はもはやオナクラではなくほぼヘルスだと思ってもいいでしょう。
というのも、ヘルスのサービスはフェラチオや素股が基本的なプレイだからです。
それらを行うのであれば、もはやオナクラの枠からは逸脱しているといってもいいでしょう。

もしも基本プレイとして素股が入っているのなら、そのお店はもはやオナクラの看板を掲げたヘルス店です。
女性を安く使うため、あるいは応募してくる女性を増やすためにオナクラを名乗っているに過ぎません。
ですから、そういったお店で働くのであれば普通のヘルス店に行ったほうがいいでしょう。
サービス内容はほぼ同じでも、オナクラ店よりはよりたくさん稼ぐことができるからです。

では、オプションとして素股がある場合はどうでしょうか。
この場合は、オプションの金額にもよるでしょう。
オプションのバックが高く、素股に抵抗がないのであれば行っても構わないかもしれません。
ただ、素股を行うことはそれだけデメリットを享受する必要も出てきます。

以下に、オナクラで素股をする場合のデメリットについてまとめていきたいと思います。

オナクラで素股をする場合のデメリットはなに?

No, Markオナクラに限らず、素股をすることはそれだけでデメリットがあります。
メリットは勿論稼げる、指名率が増えることですが、そればかりを見てOKオプションに加える前に、出来る限りリスクを理解しておきましょう。

性病の可能性が出てくる

オナクラで働くことのメリットに、ほぼ性病とは無縁で給与を得られるという点があります。
しかしながら、それはペニスに触れないという前提の話。
もしフェラチオをしたり、素股をするのであれば、性病の確率はぐんと上がってくるでしょう。

性病にかかってしまうと、もちろんその間は素股をすることはできません。
当然、その間は客足が遠のいてしまう可能性も出てきますし、治療費もかかります。
結果として、普通にオナクラに勤務するよりも稼げなくなってしまう可能性もあるのです。
性病のリスクは、サービスがハードになればなるほどついて回る問題。

感染してから考えるのではなく、もし感染したらどうなるかを常に考えておきたいところです。

本番強要の可能性がある

素股プレイをすると、どうしても性行為に近い体位になります。
すると、本来オナクラでは発生しえないはずの本番強要が出てくる可能性があるのです。

素股中はどうしても男性は自制心が緩くなりますし、素股であれば「偶然」といういいわけも通用しやすくなってしまいます。
中には、オナクラであるにも関わらず偶然を装った挿入しようとする男性もいるくらいです。
普通のオナクラであれば、プレイ中に本番強要をされることはまずありませんし、そういった雰囲気になることも少ないでしょう。
しかし、素股をすることで、そういう状況になる可能性が高くなってしまいます。

もちろん、強要されたのであれば「ルールだから」で断ることができるかもしれませんが、それが何度もあると「断るのが疲れる」という別な問題が出てきます。
もちろん、客層によっては本番強要とは無縁なこともままありますが、本番に近い行為は著しく男性の理性を損なうということだけは理解しておきましょう。

テクニックが要求される

女性素股は、ローションをつけた股間にペニスを擦り付けて男性を射精させるプレイです。

文章にすると、とても簡単なように見えるかもしれません。
手コキのあるオナクラで働いたことがある人はよりそう考えるのではないでしょうか。
手で上下させるだけで射精させられるのですから、もっと性器に近いところを使う素股は簡単だと考えてしまうでしょう。
実際はそうではありません。

手コキは、男性を射精させる上で最も簡単な行為なのです。
しかし、素股は動き方や、空いている手の動きなど、テクニックが重視されます。
もしテクニックがなければ、もう一度素股のオプションを頼んでくれなくなってしまうかもしれません。
また、素股は下半身の筋肉を使うので、働く頻度によってはひどい筋肉痛を併発する可能性もあります。

筋肉痛がきつくて仕事を休んでいるという風俗嬢もいるくらいですし、これも1つのリスクと考えておいたほうがいいでしょう。
特に、昼の立ち仕事を兼任している人はこの筋肉痛がかなりきついものになる可能性もあります。

素股があるオナクラもある! もし行う場合は、ヘルスへの移籍も考えてみよう

素股は、「基本的には」オナクラでは行われない行為です。

しかしながら、オナクラはその多様性ゆえに、その一貫として素股がサービスとして行われている風俗店も存在します。
オプションである場合は自由ですが、もし基本サービスとして行われているようであれば、ヘルスへの移籍も含めて身の振り方を考えてもいいでしょう。
もちろん、オナクラで素股をするということはそれだけ珍しいことですから、集客力が高いお店かもしれません。
そうすれば最低限食いはぐれることはないでしょうし、仕事はハードな分、稼げる金額も高いと思います。

稼ぎとサービスを天秤にかけて、自分に合った方法で働きたいところですね。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする